ゴーランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴーランド
宇宙戦艦ヤマトシリーズのキャラクター
登場(最初) さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
声優 阪脩(さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち、PSゲームシリーズ
飯塚昭三宇宙戦艦ヤマト2
プロフィール
性別
種類 ガトランチス人
国籍 白色彗星帝国
肩書き テレザート星防衛艦隊司令(さらば)
機動ミサイル艦隊司令(ヤマト2)
第一戦闘艦隊司令(PSゲーム)

ゴーランドは、アニメ映画『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』(以下、『さらば』)とテレビアニメ『宇宙戦艦ヤマト2』(以下、『ヤマト2』)の登場人物。声優阪脩(『さらば』、PSゲーム版)、飯塚昭三(『ヤマト2』)。

概要[編集]

白色彗星帝国ガトランティスの提督にして、ミサイル艦で構成される艦隊の指揮官。『さらば』ではテレザート星域防衛艦隊、『ヤマト2』では機動ミサイル艦隊、PSゲーム版では第一戦闘艦隊の司令官である。

禿頭に顎鬚を蓄えたという容貌は、設定制作の当初にズォーダー大帝としてデザインされていたものが最終段階で没となり、ゴーランドとして流用されたものである[1]。『さらば』と『ヤマト2』では眉毛と髭の色が異なっているほか、表情についても『さらば』に比べて『ヤマト2』はやや落ち着いたものになっている。服装はデザインこそ変わっているものの、『さらば』『ヤマト2』ともにコート姿である。PSゲーム版では容貌も服装も『さらば』に準拠している。

『さらば』では、艦隊の指揮官という設定の割に出番は少ない。後述の『ヤマト2』で描かれることになる性格もあまりうかがえず、単なるやられ役に等しい立場となっている。しかし、『ヤマト2』では『さらば』より設定が作り込まれ、豪放磊落で好戦的な性格ながらも慎重な一面を見せる作戦家となっており、たびたび登場しては艦隊のミサイル攻撃や地形を考慮した多彩な罠を仕掛けてヤマトを翻弄するなど、出番が増えている。

劇中での活躍[編集]

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
テレザート星を盾に取る形で艦隊を展開してヤマトを迎撃するが、宇宙気流による機関故障を装い艦隊をテレザート星前面から引き離す土方の作戦にはまって波動砲を受け、艦隊と共に消滅した。
宇宙戦艦ヤマト2
テレザート星近傍でヤマトの掃討作戦を任されたデスラーと、作戦方針を巡ってたびたび対立する。デスラーがテレザート星を餌としてヤマトの誘出撃滅を考えたのに対し、ゴーランドはヤマトとテレサの交信を妨害することで、ヤマトのテレザート星への接近を阻止しようと目論む。そして、テレサからのメッセージを偽装してヤマトをサルガッソへ誘い込むことに成功するが、次元断層からのミサイル攻撃が仇となったうえ、テレサからの本物のメッセージによりヤマトの脱出を許してしまう。
麾下のデスタール率いる第二機動ミサイル艦隊にはヤマトの航路閉鎖作戦を指示するが、彼らはヤマトによって全滅させられる。デスラーのお目付け役に疲れて恐竜惑星へ向かい、大演習とは名ばかりのストレス発散のハンティングを行なったうえ、破滅ミサイルで恐竜惑星を破壊してその全生命体を死滅させるという、残忍・野卑な面を見せる。
その後、エネルギーを吸収する流星帯の対岸に艦隊を布陣させてヤマトを用意周到に待ち受け、エネルギーを奪われたヤマトを破滅ミサイルで沈めようと目論むが、真田志郎の機転でエネルギーを回復したヤマトの波動砲を受け、破滅ミサイルや艦隊と共に消滅した。
PSゲーム版
第一戦闘艦隊所属の特殊ミサイル艇師団を率いて気流星団近傍で演習していたところ、先遣艦隊がヤマトを捕捉する。その後は、宇宙気流と大流星帯が一連のエピソードとなっていることを除けば、ほぼ『ヤマト2』と同様の展開である。

脚注[編集]

  1. ^ 『宇宙戦艦ヤマト画報 ロマン宇宙戦記二十五年の歩み』(竹書房、2001年)P066。

外部リンク[編集]

  • ゴーランド - 宇宙戦艦ヤマト発信!(インターネットアーカイブ2007年12月20日分キャッシュ)