ラーゼラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラーゼラー
宇宙戦艦ヤマトシリーズのキャラクター
登場(最初) さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
声優 曽我部和行[1]
プロフィール
性別
種類 ガトランチス人
国籍 白色彗星帝国
肩書き 帝国支配庁宣伝軍事総議長
テンプレートを表示

ラーゼラーは、アニメ宇宙戦艦ヤマトシリーズ」の登場人物。声優曽我部和行[2]

白色彗星帝国の軍事総議長。主に帝国征服下にある星々の占領政策を担当している。濃緑の髪に顎鬚を生やした容貌の男性で、『さらば』では青い制服マント、『ヤマト2』ではコートブーツを着用している。

劇中での登場[編集]

さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち
常に作戦室にて控え、他の高官とともにズォーダーの前に並ぶ1人として登場する。しかし、後述するように目立った描写はほとんどない。
白色彗星帝国の要人で唯一ヤマトを危険視しており、ズォーダーにテレザート星からテレサを解放して地球へ向かうヤマトを地球攻略の前に撃破することを具申するが、サーベラーには「ヤマトに脅えたのか」とたしなめられる。それ以降に出番やセリフはなく、最期についても不明である。
宇宙戦艦ヤマト2
第1話から、サーベラーやゲーニッツと並ぶ帝国大幹部の1人として登場する。指揮下にザバイバル突撃格闘兵団ヘルサーバーを有している[3]。最高幹部3名の中では唯一実直な性格をしており[4][5]、サーベラーやゲーニッツの政争には特に加わっていない。また、サーベラーやゲーニッツと異なり、デスラーへの心情は特に描写されておらず、彼を失脚させる陰謀に加担した明確な描写もない[6]
第21話での地球防衛艦隊壊滅後、第22話で艦隊を率いて地球のメガロポリス上空に飛来し、地球連邦政府に対して無条件降伏を勧告する。第25話でヤマトの決死隊が都市帝国に侵入してきた際にはズォーダーへ報告しようとするが、サーベラーに「必要ない」と止められてしまう。その結果、動力部を破壊された都市帝国は事実上崩壊し、ラーゼラーは連帯責任を負わせられる形でサーベラーやゲーニッツと同様、超巨大戦艦への乗艦を許されずに死亡する。

PSゲームシリーズ[編集]

PS版『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』に登場する。役職名が「彗星帝国軍支配庁宣伝軍事総議長」[7]と設定された。

劇中にはストーリー11「牡牛座の2つの海峡」で初登場。性格が変更され、上官であるサーベラーやゲーニッツとも権力闘争を辞さない冷徹な官僚として登場する。遊動艦隊総司令のゲーニッツですら、支配庁の高官であるラーゼラーの決定は覆せていない。「勝利に必要なのは情報」という信念を持ち、サーベラーすら監視している。

『さらば』と『ヤマト2』のいずれのルートでも、末期には逃走するサーベラーやゲーニッツから振り返られることもなく見捨てられ、自嘲ぎみに笑いながら崩壊する都市帝国の瓦礫の下敷きになり、死亡する。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『宇宙戦艦ヤマト画報 ロマン宇宙戦記二十五年の歩み』竹書房、2001年、pp. 204-205, 211。ISBN 978-4-8124-0700-4
  2. ^ PS版『さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち』では「曽我部和恭」名義。
  3. ^ 「宇宙戦艦ヤマト2 DVD MEMORIAL BOX」(バンダイビジュアル、2001年、BCBA-0531)ライナーノーツ『宇宙戦艦ヤマト2 DVDメモリアルボックス 保完ファイル』p. 09。
  4. ^ 「宇宙戦艦ヤマト2 DVD MEMORIAL BOX」(バンダイビジュアル、2001年、BCBA-0531)ライナーノーツ『宇宙戦艦ヤマト2 DVDメモリアルボックス 保完ファイル』p. 08。
  5. ^ 「人物事典 File02 Sheet08A 白色彗星帝国軍 ラーゼラー」『週刊宇宙戦艦ヤマト OFFICIAL FACTFILE』第50号、デアゴスティーニ・ジャパン、2010年 - 2011年、p. 12。
  6. ^ 「宇宙戦艦ヤマト発信!」ではデスラーを陥れる高官の1人と解説されており、逆に『週刊宇宙戦艦ヤマト OFFICIAL FACTFILE』(デアゴスティーニ・ジャパン、2010-2011年)第50号p. 12では、デスラーを快く思ってこそいなかったが、サーベラーとゲーニッツが共謀した内情は知らなかったと解説されている。
  7. ^ 登場時のテロップでは「支配省」と誤記されている。

外部リンク[編集]