チャンプ (1979年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャンプ
The Champ
監督 フランコ・ゼフィレッリ
脚本 ウォルター・ニューマン
製作 ダイソン・ロヴェル
出演者 ジョン・ヴォイト
フェイ・ダナウェイ
リッキー・シュローダー
音楽 デイヴ・グルーシン
撮影 フレッド・コーネカンプ
編集 マイケル・J・シェリダン
配給 CIC
公開 アメリカ合衆国の旗 1979年4月4日
日本の旗 1979年7月7日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $30,450,000
配給収入 日本の旗 14億5000万円[1]
テンプレートを表示

チャンプ』(The Champ)は、1979年アメリカ映画

親と子の絆を描いたボクシング映画。1931年に公開された、同名映画のリメイク作品である。監督はフランコ・ゼフィレッリ。子役のリッキー・シュローダーは、この年のゴールデングローブ賞新人男優賞を受賞した。また、音楽のデイヴ・グルーシンアカデミー作曲賞にノミネートされた。

ストーリー[編集]

ボクシングの世界チャンピオンだったビリー(ジョン・ヴォイト)は妻に逃げられ8歳の息子とふたり暮らし、酒とギャンブルに溺れる毎日を送っている。それでも息子のTJ(リッキー・シュローダー)だけは今でもビリーを「チャンプ」(チャンピオン)と呼んで慕っている。

そんなある日、ビリーは別れた妻のアニー(フェイ・ダナウェイ)と再会する。ファッションデザイナーとして成功している彼女を見て、ますます自分が惨めになったビリーは、ギャンブルに負けて多額の借金を作ってしまう。その上ケンカをして警官を殴り留置場に入れられる。

ビリーはTJに、母親のアニーと暮らすよう言うのだが、TJはアニーが実の母と知るとショックからビリーの元へ帰って来てしまう。ビリーはTJのため、もう一度ボクシングでチャンピオンになる事を決意するのだった。37歳という年齢とも戦いながら、厳しいトレーニングを続け、ついにタイトルマッチのゴングが鳴る。

はじめのうちはビリーが優勢だったものの、徐々に追いつめられ、何度もダウンを奪われる。怪我も負い、レフリーからもう1ラウンドだけ様子を見ると言われ、周りも試合の継続を断念するよう言うものの、ビリーは頑として試合をやめようとしない。TJと、そしてTJが手紙で招待したアニーが見守る中、激しい撃ち合いの末、遂にビリーは相手をKOする。見事なカムバックを果たし、観客に応えるビリーだったが、すぐに立つこともままならなくなり、控室に担ぎ込まれる。そしてTJを枕元に呼び、静かに息を引き取る。そこにアニーが現れ、TJを抱きしめる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[2](ソフト未収録)

スタッフ[編集]

備考[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)380頁
  2. ^ 初放送 - 1981年10月11日 テレビ朝日日曜洋画劇場』。
  3. ^ 科学者が実証「最も確実に人を泣かせる映画」第1位は?”. 映画.com (2011年7月28日). 2012年7月10日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]