レッドスカル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レッドスカル(Red Skull)は、『キャプテン・アメリカ』などに登場するマーベル・コミックのキャラクター。

概要[編集]

ナチスを体現したキャラクターであるため、クロスオーバー作品を除いて他の作品への客演は少ない。

しかし、後述するように、マーベル・コミックを代表するヒーローの1人であるキャプテン・アメリカの宿敵であるため客演した際には、絶大な存在感を出している。

『キャプテン・アメリカ』でのレッドスカル[編集]

ナチスに関係する者やそれに見せかける者が正体となることが多く、他作品のヴィランが『キャプテン・アメリカ』へ客演した際に名前のみ語られることもある。

誌面での初出は、二代目レッドスカルの方が早い(下記のように、レッドスカルが自身の正体が暴かれた時点で自決したため、設定の変更(二代目レッドスカルがオリジナルの初代ではなかったという設定変更)が行われた)。

初代レッドスカル[編集]

本名、ヨハン・シュミット。

第二次世界大戦中のナチスの怪人。アドルフ・ヒトラーによりその才能あふれる能力と憎悪に満ちた感情を評価され、赤い髑髏の仮面を授かる。

毒ガスを武器にしており、その毒ガスを浴びた者は、赤いミイラと化して死んでしまう。

一度は死亡したかと思われたが、その死は偽装であり、キャプテン・アメリカの復活とともに復活をとげる。

復活前は、ナチスの諜報活動や破壊工作などに加担していたが、復活後は、第三帝国の復活を目的としている。

肉体の衰退により、脳をスティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカの正体)のクローンへと移植する。

その容姿を利用しスティーブ・ロジャースの偽者やキャプテン・アメリカの偽者として行動なども行うが、ある事件で自身の毒ガスにより素顔まで赤い髑髏と化してしまう。

その後は再び暗躍を続けることとなり、シャロン・カーターを洗脳し、そのシャロン・カーターによってついにスティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカの正体)の殺害を成功させる。

二代目レッドスカル[編集]

本名、ジョージ・ジョン・マクソン。

初代レッドスカルの影武者アメリカ航空機メーカー社長。

キャプテン・アメリカとバッキーの活躍でその正体が暴かれる。

三代目レッドスカル[編集]

本名、アルベルト・マリク。

アルジェリア出身のスパイ。「初代レッドスカルがソ連のエージェントとして復活したもの」と見せかけていた。

『アースX』でのレッドスカル[編集]

本名、アンソニー・エドワード[要出典]

アースX』(『キャプテン・アメリカ』の世界などのパラレルワールドを描いた作品)でのレッドスカル。

世界征服を企む少年。サイボーグであり、その超人的な力に加え、他人を意のままに操る能力も兼ね備えている。

ネイモアアイアンメイデンなどと戦い、勝利している。

自分で闘う以外にも、セレスシャルズギャラクタスと利用して戦わせている。

MCU』でのレッドスカル[編集]

本名は“ヨハン・シュミット”。登場作品の『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』ではヒューゴ・ウィーヴィングが、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ/エンドゲーム』ではロス・マーカンドが演じる。『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』では写真のみの登場。

キャラクター像[編集]

ナチスの極秘科学部門“ヒドラ”創設者にして将校。オカルトやチュートン神話をアドルフ・ヒトラー以上に信奉し、それらの力を狂信する野心家のアーリア人SSのリーダーに見込まれてナチスに加わり[1]、階級を上げるとSS指導部の支援でヒドラを創設し[2]、拉致してヒドラに加えたエイブラハム・アースキンに超人血清を投与させ、その副作用により頭頂部から首の皮膚が禿げて赤くなり、赤い髑髏のようになった。同時に残虐性もより増大したため、投与後の彼は悪虐の限りを尽くした。また、レコードでクラシック音楽を流しながら、画家に自画像を描かせる自惚れの強さや、敗北を続けた部下たちに激しい怒りを露わにして当たり散らし、その場で手にかけるなど短気な一面も持つ。

現代においては、“インフィニティ・ストーン”のうちの1つであり、ストーンの中でも特に謎が多い“ソウル・ストーン”のストーンキーパー(案内役)として、ストーンが眠っている惑星“ヴォーミア”に滞在している。

武装・ビークル[編集]

ルガーP08(カスタムモデル)
愛用のビームパルスガン。喰らった者を一発で消滅させるパルスビームを放つ。
V16ヒドラ・シュミット クーペ
7メートル半[3]もの長さの車体が特徴のシュミットの愛車であるオープンカー。左ハンドルで3人乗りの6輪車で、オフロードでも自在に走行する。運転席には加速スイッチも取り付けられている。
シュミットのほか、部下のアーニム・ゾラが兵器工場からの脱出時に、SSRのチェスター・フィリップスとペギー・カーターがスティーブの援護のために搭乗・運転する。

能力[編集]

超人血清を投与されたことで、カイトシールドをへこませる打撃力などの超人的パワーを持つ。ヴォーミアでストーンキーパーになると、黒煙を発しながらの瞬間移動や、ヴォーミアに到達した者の全てを知る特殊能力を有するようになる。

経歴[編集]

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー
物語の序盤からは自身の本来の頭部を再現したマスクを被って登場。ノルウェートンスベルグの塔からインフィニティ・ストーンのうちの1つである“スペース・ストーン”を内包する“テッセラクト”を強奪し、アースキンがSSRに協力していると知ると、ゾラにはテッセラクトを研究させ新兵器の開発を、ハインツ・クルーガーにはアースキンの抹殺と超人血清強奪をそれぞれ指示した。超人血清強奪には失敗するが、ゾラが新兵器を完成させると、自らの下にやって来たナチスの査察官達を射殺し、ヒドラによる世界制服へと乗り出す。
オーストリアの兵器工場では、捕虜たちを救出するために侵入したスティーブと初めて対決し、マスクを剥がして現在の素顔を見せるが、捕虜達によって部下たちが倒されたのを見て逃亡する。
その後ヨーロッパ各地の部下が、スティーブたちハウリング・コマンドーズに連敗し、加えてゾラまで拿捕されてしまうが、それでも“ワルキューレ”を完成させ、アメリカの各主要都市への一斉爆撃作戦を開始する。そこへ単身で本部基地に現れて拘束されたスティーブと再び対峙し、痛めつけてとどめを刺そうとするも、その隙を突かれてSSRの総攻撃を許してしまった。
ワルキューレで離陸するも、スティーブの追撃を受けて撃ち墜とそうとするが失敗し、一進一退の格闘戦に突入。だがその最中に、スティーブの盾の衝撃を受けたテッセラクトを掴み取るが、テッセラクトの暴走で発生したエネルギーに呑みこまれ、地球外に転送される[注釈 1]
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
ヴォーミアに転送されてソウル・ストーンのストーンキーパーとなっていたことが明らかになり、ストーンを欲するサノスと同伴していたガモーラを迎え、インフィニティ・ストーンの力を求めていた自身の過去や、ストーンの性質と入手方法について語る。また、前述の特殊能力によって初対面である来訪者のサノスやガモーラについて当人以上に詳しく知っている様子を見せる。
アベンジャーズ/エンドゲーム
地球暦2014年のヴォーミアで、ソウル・ストーンを求めて来訪したナターシャ・ロマノフ/ブラック・ ウィドウとクリント・バートン/ホークアイを迎え、サノスの時と同様、両者にストーンの性質と入手方法を伝える。

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ これを目の当たりにしたスティーブは、「シュミットは死んだ」とペギーたちに通信で報告した。

出典[編集]

  1. ^ ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 20
  2. ^ ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 22
  3. ^ 『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』ブルーレイの特典映像より。

参考文献[編集]

  • 『マーベル・スタジオ・ビジュアル・ディクショナリー』デアゴスティーニ・ジャパン、2019年。ISBN 978-4-8135-2270-6