ファルコン (マーベル・コミック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Falcon
出版の情報
出版者 マーベルコミックス
初登場 Captain America #117
(1969年9月)
クリエイター スタン・リー
ジーン・コーラン英語版
作中の情報
本名 Samuel Thomas "Sam" Wilson
所属チーム アベンジャーズ
S.H.I.E.L.D.
"ディフェンダーズ・フォー・ア・デイ"英語版
ヒーローズ・フォー・ハイアー英語版
マイティ・アベンジャーズ
パートナー キャプテン・アメリカ
バッキー
著名な別名 "スナップ"・ウィルソン
ブラックウィング
ブラックバード
能力 ペットのハヤブサとの精神リンク
近くの鳥の目を通して周囲を見る能力
ハーネスを用いた飛行能力
熟練の武道家・体操選手としての技術

ファルコンFalcon)またはサミュエル・ウィルソンSamuel Wilson)は、マーベルコミックスより出版されるコミック作品に登場する架空のキャラクター、スーパーヒーローである。ライター兼エディターのスタン・リーとアーティストのジーン・コーラン英語版により創造され、『キャプテン・アメリカ』第117号(1969年9月)で初登場した。メインストリームのコミックに登場するアフリカ系アメリカ人のスーパーヒーローとしては古参である。

2011年5月、IGNの歴代コミックヒーロートップ100で96位を獲得した[1]

出版上の歴史[編集]

ファルコンはメインストリームのコミックに登場したアフリカ系アメリカ人スーパーヒーローとしては初期のキャラクターであり[2]、初登場は『キャプテン・アメリカ』第117号(1969年)であった[3]。作者はライター兼エディターのスタン・リーとアーティストのジーン・コーラン英語版である[3]

初登場時はニューヨークハーレムの元住人で、レッドウィングという名の訓練されたハヤブサを連れていた無名の人物であった(本名のサム・ウィルソンは翌号の5ページ目で明かされる)。この時彼はレッドスカルによって支配されていた熱帯の島の住人たちを助けており、キャプテン・アメリカと出会って衣裳を着て共に戦うようになった[4]

1970年代はファルコンとキャプテン・アメリカはニューヨークでチームを組んでおり、『キャプテン・アメリカ』誌のカバータイトルも第134-192号及び194-22号(1971年2月 - 1978年)までは『Captain America and the Falcon』であった[5]。同誌第186号ではスティーヴ・エングルハート英語版により、実は犯罪者であったがレッドスカルがコズミック・キューブを使ってその記憶を改竄していたという設定が明かされた。

ファルコンは『ディフェンダーズ英語版』第62-64号(1978年 - 10月)、『アベンジャーズ』第183-194号(1979年5月-1980年4月)で同チームらのメンバーを務めた。1983年にはジム・オースリー英語版脚本による全4号の主演ミニシリーズが発売された。

『キャプテン・アメリカ』第2期(1996年11月 - 1997年11月)でレギュラー登場した後、『アベンジャーズ』第3期第1号(1998年2月)で再び同チームに加入し、第57号(2002年10月)まで主要メンバーを務めた。次にファルコンは短命に終わったしシリーズ『Captain America and the Falcon』(2004年 - 2005年)に登場した。「アベンジャーズ・ディスアセンブルド」でスカーレット・ウィッチによって一時的に犯罪者の人格に戻された後、ファルコンは『キャプテン・アメリカ』第5期(2005年1月 - 2009年7月)にサポートキャラクターとして登場した。『キャプテン・アメリカ』誌はナンバリングが全期通算され、第600号(2009年8月)にもファルコンは重要な役柄で登場した。

2011年のマーベルNOW!英語版によるリランチ後、ファルコンは再びアベンジャーズのメンバーとなった[6]

キャラクターのバイオグラフィ[編集]

生い立ち[編集]

サミュエル・トーマス・ウィルソンはニューヨーク市ハーレムでポール・ウィルソンとダーリン・ウィルソンとのあいだに生まれた。子供時代を幸せに過ごし、鳥を愛するようになった彼は鳩の訓練を始め、ハーレムで最大の鳩小屋を持っていた[7]。しかしながら10代の頃に人種差別に遭い、彼の心は疲弊した[8]。16歳の頃、近所で起こった乱闘を沈めようとした父が死亡し、さらにその2年後に母が強盗に射殺されると彼の心は荒んだ。悲しみに暮れ、世の中を恨んだ彼はロサンゼルスに移って"スナップ"・ウィルソンと名乗り、犯罪に手を染め始めた[9][10]

スナップがリオデジャネイロの暴動に向かう途中に乗っていた飛行機が墜落する[11]。その島は第二次世界大戦時にはナチスに所属していたスーパーヴィランのレッドスカルによって支配されていた。ウィルソンはそこでレッドウィングRedwing)というハヤブサと知り合い、友人となる。

ファルコンへ[編集]

キャプテン・アメリカ側にスパイとして潜入させるため、レッドスカルは現実を改変させるコズミック・キューブ英語版を使ってウィルソンに鳥を操る力を与え、またレッドウィングと精神を繋げた[12][13]。次にスカルはキューブを使ってスナップ・ウィルソンとして活動した記憶を消し、彼の過去を改ざんした。改変された歴史では、彼は原住民の自由のために戦う目的で島にやってきた実直で陽気なソーシャルワーカーであった。彼はそこでキャプテン・アメリカと友人となり、ファルコンの衣裳を作り上げ、レッドスカルと戦った[7]。ファルコンはキャプテン・アメリカのレギュラーパートナーとなって悪人たちと戦い[14]、ロジャースが死亡したと思われていた時期にはキャプテン・アメリカと名乗って活躍した。[15]。またブラックパンサーが開発したハーネスを身に付け、飛行能力を得た[16]

その後レッドスカルは再びコズミック・キューブを使用し、スナップ・ウィルソンとして活動していた真実の過去が蘇らせてキャプテン・アメリカを暗殺しようとするが失敗する[17]。過去を知ったファルコンであったがヒーローとしての活動を続けることに決め、S.H.I.E.L.D.のエージェントとなった[18]。さらにアメリカ合衆国政府のスーパーヒーロー仲介人であるヘンリー・ピーター・ガイリッチ英語版は、アベンジャーズに課せられた人種的な割合を増やすために数少ないアフリカ系アメリカ人のスーパーヒーローであるファルコンを同チームに参加させた[19]。ファルコンは「トークン」であることに憤慨し、最初の事件の後にチームを脱退した。スーパーヴィランのタスクマスター英語版との対決の際には新しい衣裳を身につけた[20]

2000年代[編集]

サム・ウィルソンは2005年の「ハウス・オブ・M」、2006-2007年の「シビル・ウォー」のストーリー展開で再びファルコンとして登場した[21]。後者ではスーパーヒューマン登録法に反対の立場を取ったキャプテン・アメリカをサポートした。キャプテンが負傷した際には、ファルコンは反政府グループである「シークレット・アベンジャーズ」のリーダーシップを取った[22]。キャプテン・アメリカがレッドスカルの陰謀で暗殺されるとファルコンは政府によって登録され、ハーレムの責任者となるが、地下組織となったニューアベンジャーズとの接触は続けた[23]。彼はまたウィンター・ソルジャーと共にキャプテン・アメリカ暗殺事件の真相を調査し、レッドスカルを追跡した[24]

2010年代[編集]

2010年の『Shadowland』に登場し、その後彼は再編成されたヒーローズ・フォー・ハイアー英語版のオペレーティブとなった[25]。2012年の『Avengers vs. X-Men』ではシー・ハルクやアベンジャーズに協力した[26]

マーベルNOW!英語版以降はアベンジャーズに再加入した[27]

評価[編集]

2011年5月にIGNが発表した歴代コミックヒーロートップ100では96位であった[1]

他のバージョン[編集]

  • フランクリン・リチャーズ英語版によって創造された「ヒーローズ・リボーン英語版」の世界にもファルコンは登場する。彼の父親のエイブラハム・"エイブ"・ウィルソンは第二次世界大戦の際にキャプテン・アメリカと共闘していたが、マスターマン英語版の軍により殺された[29]。戦いの際にエイブの息子のサムも撃たれて重傷を負うが、キャプテン・アメリカからの輸血により一命を取り留め、スーパーソルジャー血清により彼も同様に超人的な力を得た。彼は軍では「ファルコン」というニックネームで呼ばれ、父の仇であるマスターマンを倒した。その後はキャプテン・アメリカやニック・フューリーと組み、レッドスカル世界征服の野望を阻止した[30]
  • 別の時間軸を描いた『Avengers: The Children's Crusade』では、サムは娘のサマンサによってファルコンを継がれる。サマンサは夫のイーライ(新キャプテン・アメリカ)と2人の息子のスティーブ(新バッキー)と共にアベンジャーズのメンバーを務めた[31]
  • Daredevil: End of Days』では、ウィルソンは未来のアメリカ合衆国の大統領として描かれる[32]

MCU[編集]

アンソニー・マッキーが、スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカの現代における親友兼相棒のサミュエル・“サム”・トーマス・ウィルソン/ファルコンを演じる[33][34]

キャラクター像[編集]

『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』では退役軍人として、以降の作品では、アベンジャーズの一員として登場する。

かつては空軍の落下傘部隊に将校として所属していたがの[35]、親友である同僚の“ライリー”がアフガニスタンでの[35]降下作戦中に目の前で撃墜され落命し、彼の死に対して何もできなかった無力感から目的を失い軍を退役した過去がある。

軽口が度々でるものの、高い目的意識を持ち[35]、正義感が強く、友情にも厚い熱血漢である。

能力[編集]

従軍時代に培った確かな格闘戦能力と射撃能力・退役後も欠かさなかったトレーニングで鍛えた肉体に加えて、最大の特技である卓抜したアクロバット飛行能力を有し、後述の“EXO-7ファルコン”を装備・駆使して空中を舞い、非常に軽快な高速飛行、急旋回、急降下、緊急回避、空中からの銃撃、急襲からのキックを用いる戦法を主とする。また、クインジェットなどのビークルも問題なく操縦する。

ツール[編集]

EXO-7ファルコン
サムが装備する、彼の空軍時代からのコードネームの由来でもある、ウィングパック型フライトスーツ。マーク1とマーク2の2種が登場するが、2種とも猛禽類の翼のような形状をした両翼は、本体部に折り畳まれて収納され、使用時には外へと広がる[35]。背部に搭載された3つの小型の推進機[35][36]噴射と装着者の技量次第で、高度な飛行性を発揮する。サムはこのウィングパックを装備する際には、着地時の激しい衝撃に耐えられるようにニーパッドを両足に装着する[35]
マーク1[35]
空軍が試作したプロトタイプのEXO-7ファルコン。装着者のハンドルバー操作で展開する複合材製の両翼[35]と、緊急用パラシュートが搭載されている[35]。オプションとして、両腰に小火器用ホルスターも取り付けられている[35]
ライリーも装備していたことから、サムの従軍時代には複数試作されていたことが伺えるが、現在では厳重な警備のフォード・ミード基地に最後の1基のみが保管されており、スティーブが奪取してサムに託された。ジャスパー・シットウェルへの尋問と、インサイト計画を阻止するための戦闘でサムはこれを駆使して活躍するが、ウィンター・ソルジャーに破壊される。
マーク2[37]
トニー・スターク/アイアンマンによって新開発されたEXO-7ファルコン。カラーリングはグレーだけでなくレッドも加わり、特徴的なマイラー翼は収納・展開機能のみならず、ナイロン補強により[37]耐久性・柔軟性・可動域も向上し、打撃などの直接攻撃から、防御のための盾など戦況に応じた様々な形態への変形が可能となった。左ガントレットにはレッドウィングのタッチパッド・コントロールと手首装着マシンガン[37]が、右ガントレットには通信機と小型ロケット発射装置[37]がそれぞれ搭載されており、両ガントレットの武器は拳を握るだけで発砲可能[37]で、ステアーSPPの展開機能も備わっている。さらにバックパック本体には小型誘導ミサイルの発射口や後述のレッドウィングが備わり、ミサイルはレッドウィングを介して標的制御できるなど[37]、戦闘に特化した機能が多数追加された。
テスト飛行中には、アベンジャーズ・コンパウンドに降り立ったスコット・ラング/アントマンに内部の回路を壊されて機能不全となったこともあった。
また、対テロ共同対策本部に押収された際に、シャロン・カーター/エージェント13がサムへ差し出した借用書には、「鳥の衣装」と皮肉を込めて表記されていた。
ブラック・オーダーやアウトライダーズとの戦いの際には、若干ではあるがレッドの配色が増えている。
スマート・ゴーグル[37]
EXO-7ファルコンと共に装備する戦闘用ゴーグル。高速飛行から両目を保護するためのものであり、EXO-7ファルコンと同様に2種が登場する。
空軍制
EXO-7ファルコン マーク1と共に装備する最初の戦闘用ゴーグル。基本のズーム機能が備わっている[35]
トニー・スターク製
EXO-7ファルコン マーク2と共に装備する新型の戦闘用ゴーグル。トニーの改良により、レンズにはリンクしているレッドウィングのカメラが捉えた映像を観ることができるビジュアルインターフェイスと[35]、偵察・捜索のための熱サイン察知及びパターン認識アルゴリズムなどの特殊機能が搭載された拡張現実用ディスプレイがはめ込まれた[35]
ステアーSPP
サムがサブウェポンとして愛用する、2丁のマシンピストル。
レッドウィング
EXO-7ファルコン マーク2のバックパックに搭載される戦闘支援用高性能ドローン。スターク・インダストリーズ製の最新型ドローンであり[37]、公式名は“スターク・ドローン MK82 922 V 80Z V2 プロトタイプ・ユニットV6”である[37]。使用時には展開したバックパックから格納式の両翼を広げて分離して射出され、小型ビデオカメラ、X線スキャン、ツインガン、格納式牽引ケーブル、スタンミサイル、タッチパッドによる遠隔操作まで多数の機能を備え、頑強な外装を活かした体当たりまで難なく行うなど、偵察や戦闘支援で活躍する。サムは仲間たちに、このドローンの名を呼んでもらうことを願うほど気に入っている。
ラゴスでの戦いとアベンジャーズの内乱時には1機のみだったが、ワカンダでの戦いでは、3機に増えて投入される。

このほかにもサムは、ヒドラの襲撃部隊との戦いで、敵兵から奪ったM4A1も使用した。

各作品での活躍[編集]

キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー
本作では、ワシントンD.C.で自身と同じく戦場でトラウマを抱えたり、PTSDを患ったりしている退役軍人のためのカウンセラーとして働いている。
物語の序盤で日課のランニング中にスティーブと知り合い意気投合し、現在の職場にも顔を出した彼と交友を深めていった。中盤では出番がなかったが、S.H.I.E.L.Dに追われる身となったスティーブとナターシャを自宅に匿うと同時に、彼らの現状を知り、自ら共闘を申し出た。
スティーブが奪取したEXO-7ファルコン マーク1を駆使し、ナターシャに高層ビルから蹴落とされたシットウェルを捕まえたり、市街地やトリスケリオンでの戦いでもウィンター・ソルジャーやブロック・ラムロウには敵わなかったが、クインジェットの攻撃を交わしながら敵機を撃墜すると共にヘリキャリアのB機にブレードを挿して、スティーブを残ったC機に乗せこむなど卓越したアクロバット飛行で敢闘。更に墜落中のヘリキャリアの突入で窮地に陥るも、ヘリコプターを操縦してきたフューリーとナターシャに救われ九死に一生を得る。
事後に入院したスティーブを見舞い、行方を晦ますフューリーやナターシャを見送り、スティーブと共にバッキーを追うことを決意する。
アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン
本作ではバッキーの行方を追う合間に[注釈 1]。アベンジャーズ・タワーでのパーティーに参加し、スティーブと共にビリヤードを楽しむ。そのシーン以降には殆ど登場しなかったが、本作のラストでは晴れてアベンジャーズの一員となる。
アントマン
本作では、アベンジャーズの中から唯一登場となる[注釈 2]
EXO-7ファルコン マーク2のテスト飛行中に、アベンジャーズ・コンパウンド内に侵入したスコットと対峙し、侵入者として捕らえようとするが、スコットが抵抗したため迎撃することになる。ある程度善戦するが、スコットには翻弄された挙句に、コンパウンドに保存されていた信号デコイの奪取と逃走を許した。
本作のラストでは、スコット/アントマンの素性と行方を追っていることがルイスの説明で明かされる。
シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ
本作では戦闘のみならず、ペギー・カーターの葬儀でもスティーブに同行し、助力を尽くして活躍する。以前小競り合いしたスコットとの軽妙な再会や、スティーブの不在時にバッキーと張り合うなど、コミカルな振る舞いも見せる。
ラゴスでの戦いでは、ナターシャとの連携で奪われた生物兵器を取り戻すも、ソコヴィア協定には初めから反対の立場を取ったため、協定の賛否を巡ってジェームズ・“ローディ”・ローズ/ウォーマシンと激論を交わす場面もあり、そんな中で爆破テロの実行犯の嫌疑がかかったバッキーをスティーブとともに追った。
ライプツィヒ・ハレ空港での大乱戦では、トニーやローディと空中戦を繰り広げたが、ヴィジョンのエネルギービームをかわしたことでローディを負傷させる間接的なきっかけを生んでしまい、後々も彼の容態を気にかけていた。
その後クリント・バートン/ホークアイたちと共にラフト刑務所へと収監されてしまうが、刑務所を訪ねてきたトニーにスティーブたちを助けるように頼みながら彼らの行き先を伝え、物語のラストでスティーブに救出される。
アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー
アベンジャーズの内乱後はスティーブ、ナターシャと共に反テロ活動の最前線で人知れず戦う道を歩んでいた。
エディンバラでブラック・オーダーに襲撃されたワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチとヴィジョンの危機を救い、アベンジャーズ・コンパウンドへ帰還すると、ローディたちと再会。ヴィジョンが持つ“マインド・ストーン”が狙われていると聞き、皆とワカンダへ赴く。
ワカンダでの決戦では、ローディと連携してサノスの軍勢を迎え撃ち、一進一退の攻防を繰り広げるが、その後に現れたサノスには全く歯が立たず、彼が引き起こした“デシメーション”により、塵と化して消滅してしまう。

他のメディア[編集]

テレビ[編集]

舞台[編集]

コンピュータゲーム[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 吹き替え、字幕両方において「消えたボス(フューリー)を追っている」とあるがこれは誤訳である。
  2. ^ スコットが“ファルコン”の名と顔を認知していたことから、彼のアベンジャーズ加入は世間にも知れ渡っていたことが伺える。

出典[編集]

  1. ^ a b "#96 - The Falcon". IGN's Top 100 Comic Book Heroes of All Time. IGN. Retrieved June 12, 2012.
  2. ^ Brothers, David. "A Marvel Black History Lesson Pt. 1", Marvel.com, February 18, 2011. WebCitation archive. Quoting Marvel Senior Vice President of Publishing Tom Brevoort: “The Falcon was the very first African-American super hero, as opposed to The Black Panther, who preceded him, but wasn't American."
  3. ^ a b Captain America #117 at the Grand Comics Database
  4. ^ Captain America #117–118 (September–October 1969). Writer: スタン・リー. Penciler: ジーン・コーラン英語版. Publisher: Magazine Management Company. Brand: Marvel Comics.
  5. ^ Captain America cover scans, page 1 to page 4, at the Grand Comics Database
  6. ^ Ching, Albert (2012年9月4日). “UPDATED: 1st Look at Marvel NOW! AVENGERS Lineup”. Newsarama. 2014年3月24日閲覧。
  7. ^ a b Lee, Stan Captain America #117-119 (Sept.-Nov. 1969)
  8. ^ Englehart, Steve. Captain America 186
  9. ^ Johns, Geoff. Avengers volume 3, #64
  10. ^ Priest, Christopher J. Captain America and the Falcon, #7
  11. ^ Priest, Christopher J. Captain America and the Falcon, #11
  12. ^ Englehart, Steve. Captain America #186 (June 1975).
  13. ^ Johns, Geoff. The Avengers #475 / vol. 3, #60 (Jan. 2003).
  14. ^ Captain America #133
  15. ^ Captain America: Sentinel of Liberty #8-9 (April–May 1999)
  16. ^ Englehart, Steve, and Mike Friedrich. Captain America #170 (Feb. 1974)
  17. ^ Englehart, Steve, and John Warner. Captain America #186 (June 1975)
  18. ^ Glut, Donald F. Captain America #218 (Feb. 1978)
  19. ^ Avengers vol. 1 #184 (June 1979)
  20. ^ Captain America Annual #11
  21. ^ House of M #1, Captain America vol. 5, #12, Civil War #1
  22. ^ Civil War #4
  23. ^ Jeph Loeb (w), John Cassaday (p,i). "The Death of Captain America, Chapter 5: Acceptance" Fallen Son: The Death of Captain America #5 (2007年8月)
  24. ^ Captain America vol.5, #31-33 (Dec. 2007-Feb. 2008), Marvel Comics.
  25. ^ Heroes for Hire vol. 4 #1
  26. ^ X-Men Legacy #266
  27. ^ Avengers (vol. 5) #1
  28. ^ Ultimate Nightmare #1-5
  29. ^ Captain America Vol. 2 #1
  30. ^ Captain America v2 #1-12
  31. ^ Avengers: The Children's Crusade- Young Avengers #1
  32. ^ Daredevil: End of Days #2
  33. ^ Graser, Marc (2012年7月16日). “Mackie mulls Falcon in 'Captain America'”. Variety. 2012年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年7月16日閲覧。
  34. ^ Wigler, Josh (2012年9月17日). “'Captain America' Actor Anthony Mackie Hasn't Seen His Falcon Costume Yet”. MTV Splash Page. 2012年9月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月17日閲覧。
  35. ^ a b c d e f g h i j k l m ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 28
  36. ^ 超全集 2019, p. 140
  37. ^ a b c d e f g h i ビジュアル・ディクショナリー 2019, p. 29
  38. ^ Comics Continuum”. Comics Continuum (2009年7月28日). 2011年1月10日閲覧。
  39. ^ "DVD Review: The Avengers: Earth’s Mightiest Heroes! Vol 1 & 2 (Disney)" Archived 2011年4月29日, at the Wayback Machine.. Pendragon's Post. April 24, 2011
  40. ^ Sands, Rich (June 12, 2012). "Exclusive: Marvel Assembles New Animated Series for the Hulk and Avengers". TV Guide.
  41. ^ NYCC: Marvel to Premiere Avengers Assemble & Agents of S.M.A.S.H. Next Summer”. Superhero Hype (2012年10月13日). 2013年3月30日閲覧。
  42. ^ "Marvel Universe LIVE! Character Designs". Newsarama. November 25, 2013
  43. ^ [1]
  44. ^ Zalben, Alex (March 8, 2014). "Exclusive: Marvel's 'Avengers Alliance' Gets 'Winter Soldier' And 'Guardians of The Galaxy' Upgrade". MTV.

参考文献[編集]

  • 『マーベル・スタジオ・ビジュアル・ディクショナリー』デアゴスティーニ・ジャパン、2019年。ISBN 978-4-8135-2270-6
  • 『アベンジャーズ マーベルヒーロー超全集 (てれびくんデラックス愛蔵版)』小学館、2019年。ISBN 978-4-09-227211-8

外部リンク[編集]