チャイルド・プレイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャイルド・プレイ
Child's Play
監督 トム・ホランド
脚本 ドン・マンシーニ
ジョン・ラフィア
トム・ホランド
原案 ドン・マンシーニ
製作 デヴィッド・カーシュナー
製作総指揮 バリー・M・オズボーン
音楽 ジョー・レンゼッティ
撮影 ビル・バトラー
編集 ロイ・E・ピーターソン
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 UIP
公開 アメリカ合衆国の旗 1988年11月11日
日本の旗 1989年5月20日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $44,196,684[1]
テンプレートを表示

チャイルド・プレイ』(原題: Child's Play)は、アメリカで制作されたホラー映画。米国ではR指定、日本ではR15+指定

2013年までに5つの続編が製作されている。

概要[編集]

自分の魂を人形に移した殺人鬼が生身の体を手に入れるために人々を襲う内容。 なお、制作当初はホラー映画ではなく、サイコロジカル・スリラー映画として制作される予定だったため、この設定は存在しなかったが、スタジオからもっと白黒、善悪がはっきりした作品にしてくれという要望により、現在の設定になった。 シリーズ化され現在、6作品が発表されているが、国内では各作品の権利が分散しており(1作目はワーナー20世紀FOX、2〜3、6作目はNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン、4、5作目はパイオニアLDCが権利を所持しており、また4、5作目は版権の変動の末廃盤になったため全作を新品で購入するのは困難である。なお本国では現在、全作を完全収録したBlu-rayが販売されている。

ストーリー[編集]

『チャイルド・プレイ』[編集]

  • 劇場公開時コピー:『誰にも忘れられない誕生日がある。』

逃亡中にマイク刑事に撃たれ、致命傷を負った殺人鬼チャールズ・リー・レイ(チャッキー)は、死の直前に逃げ込んだオモチャ屋で会得していたブードゥー教の秘術によって売り物の親友(グッドガイ)人形に自分の魂を移す。

しかし、このままだと自分が永遠に人形のままであることを知ったチャッキーは、生身の体を奪うべくチャッキーとは知らずにこの人形を買った少年アンディの体を乗っ取ろうとする。アンディはチャッキー人形が生きていることを知り、周囲の人間に危険を知らせるものの幼いアンディに誰も耳を貸そうとせず、被害が拡大していくばかりかアンディが犯人だとされ、最後には精神病院の独房へ閉じ込められてしまう。

一方チャッキー人形の正体を知った母親カレンとマイク刑事はアンディを救うべくチャッキーに最後の戦いに挑む。

『チャイルド・プレイ2』[編集]

  • 劇場公開時コピー:『アンディ、会いたかったぜ』

アンディ親子によって黒こげにされ、最期にマイク刑事に心臓を打ち抜かれ息絶えたチャッキーだったが、騒動が公になったことから売り上げに深刻な影響が出ていたグッドガイ人形の製造元が、当のチャッキー人形を復元して「根拠のないデマ」とPRしようとした。しかし、人形にはまだチャッキーの魂が残っていた。彼は再びアンディを捜し出し、今度こそ体を手に入れようと画策していた。

一方精神病院から児童保護センターの施設に移されたアンディは養子として里親の両親に引き取られるが、義理の父親とは上手くいかなかった。だが同じ境遇を持つ義理の姉カイルとは直ぐに打ち解けた。

偶然土の中からグッドガイ人形(トミー)を見つけだしたカイルは、アンディの話が、真実だった事を知りアンディを守るために立ち上がる。制作費が上がったことにより、チャッキー人形の表情も豊かになった。

『チャイルド・プレイ3』[編集]

  • 劇場公開時コピー:『逃げても、逃げても、チャッキーから逃れられない…』

時は流れ、廃墟となっていたグッドガイ人形の工場で、破裂して砕け散っていたチャッキーの残骸を溶かし製造機械に掛けたところ、またも蘇ってしまう。

そして、成長し軍に入隊したアンディの居場所を探し出し、駐屯地に潜り込んだチャッキーだったが、青年になっていたアンディよりも少年兵タイラーに目を付け目標を変更。

一方、チャッキー復活を知ったアンディはタイラーを守るべく立ち上る。

『チャイルド・プレイ/チャッキーの花嫁』[編集]

  • 劇場公開時コピー:『チャッキー、電撃入籍!』

前作から10年後、バラバラになったチャッキーを、人間時代の恋人ティファニーが復元させるが、チャッキーは彼女を殺害し花嫁人形へ魂を乗り移らせる。

ある知り合いカップルの駆け落ちを利用し、その車でチャッキー自身の死体が埋葬された墓地へ向かうことを計画。カップルの行く手を邪魔するものが次々と惨殺されていくが、カップルはお互いを疑うまま墓場へと向かう。

『チャイルド・プレイ/チャッキーの種』[編集]

  • 劇場公開時コピー:『帰って来たぜ!ベイビー!』

乱暴な腹話術師の元でこき使われていた、本当に生きている人形シットフェイスは、ある日テレビで殺人人形夫婦をモデルにしたハリウッド映画のニュースを見る。その人形の腕には自分の腕にある刻印"made in Japan"と同じものが刻まれていた。この人形のモデルはまさに生き別れた両親に違いないと確信した彼はアメリカに逃亡。そして遂に冷たくなったチャッキーとティファニーを発見、ブードゥ教の秘術で彼らを蘇生させる。

かくして親子3名は感動の再会を果たした…が、子供の教育方針~チャッキーは子供を立派な殺人鬼に、ティファニーは穏やかな人形として~を巡って夫婦間でバトルが始まる。

これまでの『チャイルド・プレイシリーズ』に関わってきたスタッフやキャストがチャッキー達に殺害される役で出演しているところが見どころ。ワイヤーで首を切断されるスタッフ役は、これまでチャッキーの特殊造形を作ってきたトニー・ガードナーである。シリーズのチャッキーの吹き替えは納谷六朗が演じているが、この映画のDVDでは山崎邦正もチャッキーの吹き替えを演じている[2]

『チャイルド・プレイ/誕生の秘密』[編集]

生まれながらに車椅子での生活を強いられている女性ニカ。ある日、彼女の元に不気味な人形が差出人不明で送られてくる。それ以来、彼女の周りの人物が次々に無残な死を遂げていく。原因がその人形であると確信したニカに、魔の手が迫る。

チャッキー誕生の秘密が明かされるスピンオフ作品で、劇中でチャッキーが過去を振り返る場面では、第1目の冒頭部分に繋がるシーンがある。また、第1作でアンディを演じたアレックス・ビンセントが成長したアンディを演じた[3]

映画作品[編集]

  • チャイルド・プレイ - Child's Play (1988年) ※本項
  • チャイルド・プレイ2 - Child's Play2 (1990年)
  • チャイルド・プレイ3 - Child's Play3 (1991年)(以上、配給:UIP)
  • チャイルド・プレイ/チャッキーの花嫁 - Bride Of Chucky(PG12指定、配給:ギャガ) (1998年)
  • チャイルド・プレイ/チャッキーの種 - Seed Of Chucky(R-15指定、配給:リベロ) (2004年)
  • チャイルド・プレイ/誕生の秘密 - Curse of Chucky(ビデオスルー) (2013年)

チャッキー[編集]

元は「湖畔の紋殺魔」と呼ばれたチャールズ・リー・レイという殺人鬼だったが、ブートゥー教の秘術によって人形になった。

人形の体でありながら力量は常人並だが、体格の差で成人に勝てない描写が多い。赤色のナイフを用いる。

前述の通り殺人鬼の設定は当初存在しておらず、「孤独なアンディにとって家族同然の大切な存在だったチャッキーに魂が宿り人間になるが、彼は次第にアンディのベビーシッターや学校の先生に嫉妬し、敵対視するようになる」というストーリーだった。[4]

彼の名前は実際の殺人者に由来すると言われている[5]。4作目においてニュージャーシー州ハッケンサック出身だと判明している。

グッドガイ人形[編集]

劇中で登場する人形。米国PLAY PALS TOYS社が製造する。乾電池(単1)2本で動く。

手や足、首や口で動かし、高い声で「Hi,Im〇〇(個体名) I'm your friend 'till the end Hidy ho-.」などと喋ることが出来る。

見た目はみんな同じだが1体ずつに固有の名前があり、各シリーズのではチャッキーの他に、トミー、オスカー、ラリー、ポーリーなどが登場した。5作目において日本製であることが判明している。

各作品の登場人物[編集]

主要人物[編集]

アンディ・バークレー
本作の主人公。「1」から「3」と「誕生の秘密」のラストに登場。
母子家庭で暮らしており、「1」で6歳の誕生日に以前から欲しがっていた念願のグッドガイ人形を母親からプレゼントされて大喜びだったが、チャッキーと名乗るグッドガイ人形との出会いによって、チャッキーから狙われることになる。
「2」では8歳になるが、精神病棟に隔離された母と離れ離れになってから、児童保護センターの施設に入れられていた。 物語序盤では養子として里親のシンプソン夫妻に引き取られるが、養父との関係がうまくいかず、学校では教師に目をつけられたりと散々な日々を過ごしていたが、唯一の心の拠り所は同じ養子として引き取られていた少女・カイルだけだった。
「3」では16歳に成長し、陸軍兵学校に入学。当初は授業についていけず、学校で浮いてしまうが、陸軍兵学校の女生徒のクリステン・デ・シルヴァに気にかけられ、彼女と親密になる。事件後、事件の重要参考人として警察の元へ行くことになる。
ティファニー
チャッキーの恋人。「チャッキーの花嫁」で初登場。
グラマラスな金髪美女だが、チャッキーと同じく殺人には躊躇いもない残忍な性格。物語序盤でチャッキーの残骸を持っていた警官を殺害し、その残骸を持ち帰ってチャッキーを復元・復活させた。
当初は人形の姿となったチャッキーを可愛がるも、チャッキーの怒りに触れ、入浴していたところを襲われ、電源が入ったTVを湯船に投げ込まれて感電死してしまう。そしてチャッキーによって自分が用意していた花嫁の人形に憑依し、復活を遂げる。

『チャイルド・プレイ』より[編集]

カレン・バークレー
アンディの母親。デパートの宝石店で働きながら、女手一つで一人息子のアンディを懸命に育てている。
当初は自分の稼ぎでグッドガイ人形を買えなかったが、息子の喜ぶ顔が見たい一心から、友人の紹介でグッドガイ人形を売り出していたホームレスの元で定価の半額以下という破格の値段で購入する。
しかしそれがチャッキーの魂の宿った人形とは知らず、グッドガイ人形を手に入れてからアンディの身の周りで不可解な事件が立て続けに起こり始め、当初は 「チャッキーの仕業」 と騒くアンディの話に耳を傾けようとしなかったが、中盤で正体を現したチャッキーに襲われて、アンディの話を本気で信じるようになった。
マイク・ノリス
チャッキーを追う刑事。当初はカレン同様、アンディの話を信用していなかったが、中盤でチャッキーに襲われてから、アンディの話を本気で信じるようになり、カレンとアンディを守ろうとする。
詳細は不明だが、「誕生の秘密」のラストにおけるアンディとカレンの電話の会話によると、カレンと交際しているらしい。

『チャイルド・プレイ2』より[編集]

カイル
アンディが来る以前からからシンプソン夫妻の養子として引き取られていた少女。
基本的には芯が強いしっかり者であるが、幼い頃は何度も里親をたらい回しにされてきた過去を持ち、 同じ境遇を持つアンディとはすぐに打ち解け、アンディも数少ない理解者である彼女を姉のように慕っていた。
当初はシンプソン夫妻と同様にアンディの話を信用していなかったが、中盤でシンプソン夫妻をチャッキーに殺され、自分もチャッキーに襲われたのを機にアンディと協力してチャッキーに立ち向かう。

『チャイルド・プレイ3』より[編集]

ロナルド・タイラー
アンディの同期生である黒人の少年兵。
グッドガイ人形のファンで、序盤でアンディに届けようとした荷物の中身が自分が前から欲しかったグッドガイ人形(に取り憑いたチャッキー)と気付き、それをアンディに届けずにくすねてしまう。しかし、突如荷物から飛び出してきたチャッキーに驚きもせず、最新式と思い込んで彼と友達になり、アンディの警告にも耳を貸さなかったが、その経緯からチャッキーの標的にされてしまう。

『チャイルド・プレイ/チャッキーの花嫁』より[編集]

ジェシー
ティファニーの知り合いの好青年。
恋人のジェイドを愛しているが、彼女の叔父の妨害でなかなか進展しない日々を過ごしており、物語序盤で人形となったティファニーに利用される形で駆け落ちを決意し、ジェイドと愛の逃避行に走り、事件に巻き込まれる。
シェイド
ジェシーの恋人。厳格な警察署長の叔父・ウォーレンに悩まされており、叔父の妨害でジェシーとの関係が上手く進展していないことに悩んでいる。
ジェシーの親友・デヴィッドの励ましと助言でジェシーと駆け落ちをするが、事件に巻き込まれる。

『チャイルド・プレイ/チャッキーの種』より[編集]

グレン / グレンダ
「チャッキーの花嫁」のラストで誕生したチャッキーとティファニーの子供。
グレンは臆病者な性格の男の子だが、グレンダは両親と同じように殺人には躊躇いもない過激な性格の女の子。所謂二重人格
ジェニファー・テイリー

『チャイルド・プレイ/誕生の秘密』より[編集]

ニカ

キャスト[編集]

『チャイルド・プレイ』[編集]

役名 俳優 日本語吹替
カレン・バークレー キャサリン・ヒックス 土井美加
マイク・ノリス刑事 クリス・サランドン 屋良有作
アンディ・バークレー アレックス・ヴィンセント 佐々木優子
チャッキー/チャールズ・リー・レイ ブラッド・ドゥーリフ 鈴置洋孝
グッドガイ人形の声 イーダン・グロス 堀絢子
マギー・ペターソン ダイナ・マノフ 滝沢久美子
ジャック・サントス刑事 トミー・スワードロー 西村知道
ジョン・シモンセン レイモンド・オリヴァー 笹岡繁蔵
アードモア先生 ジャック・コルヴィン 城山堅
ペドラー ファン・ラミレス 青森伸
クリスウェル主任 アラン・ワイルダー 喜多川拓郎
エディ ニール・ジュントーリ
翻訳 秋元良介
演出 大西桂太
調整 田中英行
録音 アバコクリエイティブスタジオ
プロデューサー 小川政弘
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
ジャパン・オリジナル・テクニック
  • 日本語吹替 - HDリマスター版DVD&VHSに収録

『チャイルド・プレイ2』[編集]

役名 俳優 日本語吹替
チャッキー(声) ブラッド・ドゥーリフ 納谷六朗
アンディ・バークレー アレックス・ヴィンセント 菅谷政子
ジョアン・シンプソン ジェニー・アガター 宗形智子
フィル・シンプソン ゲリット・グレアム 堀勝之祐
カイル クリスティーン・エリス 安達忍
サリバン ピーター・ハスケル 大木民夫
マットソン グレッグ・ジャーマン 谷口節
ケトルウェル ベス・グラント
グレイス・プール グレイス・ザブリスキー
技師 ドン・パグズリー 西村知道

『チャイルド・プレイ3』[編集]

役名 俳優 日本語吹替
チャッキー(声) ブラッド・ドゥーリフ 納谷六朗
アンディ・バークレー ジャスティン・ホーリン 石田彰
クリステン・デ・シルヴァ ペリー・リーヴス 勝生真沙子
ロナルド・タイラー ジェレミー・シルヴァーズ 亀井芳子
シェルトン中佐 トラヴィス・ファイン 鈴置洋孝
ボトニック軍曹 アンドリュー・ロビンソン
サリバン ピーター・ハスケル  大木民夫

『チャイルド・プレイ/チャッキーの花嫁』[編集]

役名 俳優 日本語吹替
チャッキー(声) ブラッド・ドゥーリフ 納谷六朗
ティファニー ジェニファー・ティリー 土井美加
ジェシー ニック・スタビル 神奈延年
ジェイド キャサリン・ハイグル 加藤優子
デヴィッド ゴードン・マイケル・ウールヴェッ 椿基之
  • 日本語版制作スタッフ
プロデューサー:高野潤(ギャガ・コミュニケーションズ)
演出:中野洋志
翻訳:松田海
制作担当:簑浦良平(ACクリエイト)
日本語版制作:ACクリエイト株式会社

『チャイルド・プレイ/チャッキーの種』[編集]

役名 俳優 日本語版1 日本語版2
チャッキー(声) ブラッド・ドゥーリフ 納谷六朗 山崎邦正
ティファニー(声) ジェニファー・ティリー 安達忍
グレン / グレンダ(声) ビリー・ボイド 保志総一朗
ジェニファー・ティリー 安達忍
レッドマン 江原正士
ジョーン ハナ・スピアリット 根谷美智子
ピート・ピーターズ ジョン・ウォーターズ たてかべ和也

『チャイルド・プレイ/誕生の秘密』[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ニカ フィオナ・ドゥーリフ 中村千絵
チャッキー(声) ブラッド・ドゥーリフ 納谷六朗
サラ シャンタル・ケスネ
バーブ ダニエル・ビスッティ 藤貴子
ジル メイトランド・マコーネル 東條加那子
イアン ブレナン・エリオット 落合弘治
アリス サマー・ハウエル 久野美咲
フランク神父 A・マルティネス こねり翔
ティファニー ジェニファー・ティリー
アンディ・バークレー アレックス・ヴィンセント 烏丸祐一

イベント[編集]

チャッキーのホラー・ファクトリー
ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて、2014年のハロウィーン・ホラー・ナイト開催日のみ実施されたホラーハウス。ゲストはトイショップを訪れた後、裏手にある殺人鬼チャッキーとその手下達により、人間を解体して組み立てるといった残忍な行為が行われているおもちゃ工場へと侵入していく。
翌年のハロウィーン・ホラー・ナイトでも「チャッキーのホラー・ファクトリー2」として開催。内容は2014年の続編で、ゲストはチャッキー達による残忍な殺人事件の後、廃墟となったトイショップと工場を訪れる。

参考文献[編集]

  1. ^ Child's Play” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年5月30日閲覧。
  2. ^ 余談だが、山崎邦正の持ちネタの1つに「チャッキーの物真似」がある。
  3. ^ 母親のカレンも電話で話していることから生きていることが判明し、また話の内容からマイク刑事も生きていて現在もアンディ親子と交友がある事も判明している。
  4. ^ http://m.cinematoday.jp/page/N0057266 製作者のドン・マンシーニの発言より。
  5. ^ チャールズ・マンソンリー・ハーヴェイ・オズワルドジェームズ・アール・レイなど。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]