田山力哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

田山 力哉(たやま りきや、1930年6月1日 - 1997年3月23日)は、日本映画評論家である。

経歴[編集]

兵庫県神戸市出身。早稲田大学第一政治経済学部経済学科卒業。日新火災海上保険を経て、1961年日本放送協会に入局し、国際局に勤務した。並行して、映画雑誌の『キネマ旬報』『映画評論』には1950年代初めから読者投稿を繰り返し常連採用者となっていた。やがて、読者から常連執筆者となり、1969年にNHKを退局。以後、フリーランスの立場で映画評論やフランス語翻訳などの執筆活動を行い、毒舌の辛口映画評論家として知られた。特にフランス映画に強く、1972年以降フランスのカンヌ国際映画祭には繰り返し出席してレポート記事を執筆した。評論活動では、『キネマ旬報』誌を中心に活動し、連載コラム「シネマ・ア・ラ・モード」は2度に渡って同誌の読者賞を受賞した。

一方、評論活動以外には、映画・テレビドラマでのカメオ出演を積極的に行い、映画関係者を描く小説を執筆した。

1984年肝硬変食道動脈瘤で倒れたが奇跡的に回復する。1997年3月23日、肝不全にて死去。享年66。

田山の没後、日本映画批評家大賞内の国際活動賞に(田山力哉賞)の副名称がつけられている。

親族[編集]

兄に協栄生命保険元会長の田山嘉郎、従兄に脚本家の猪俣勝人。猪俣勝人とは映画関係の共著を執筆している。歌手の尾崎亜美の叔父とされることがあったが、正確には尾崎の母方の祖父の弟の妻の甥という遠縁である[1]

北野武との関係[編集]

前述のように評論スタイルは徹底的に辛口で、特に大島渚北野武監督とは、『週刊文春』誌上やテレビを通じて、激しい舌戦を展開した[2]

1990年に北野武が当時の最新作『3-4X10月』を監督した際には、北野がタレント・ビートたけしとして司会だったテレビ番組『どーする!?TVタックル』の1990年11月12日放送の回にゲスト出演した。その回のテーマは「映画監督の逆襲」で、田山は1人で低い位置の被告席に座らされて、高いひな壇に座る大島渚ら5人の映画監督に集中攻撃を受けて孤軍奮闘した[3][4]

しかし当時、連載していたコラムでは、かねてから北野武を天才と評しており[5]、また北野監督の『ソナチネ』はじめ過去の作品を否定しながらも、北野監督の実力はこんなものではないだろうと書いており、才能は認めていた[6]。 そして1996年製作『キッズ・リターン』では絶賛し、その年の邦画ベストテンで上位に挙げていた。北野監督本人に会い『キッズ・リターン』が良かったと褒めると北野は「本当に?」と驚いた様子で何度も聞き返したエピソードもあったという[7]

『キネマ旬報』誌の授賞式で対面したときは、談笑してパフォーマンスと洒落であることを確認。キネマ旬報読者賞を受賞した北野は、受賞挨拶で田山とは良好な仲であると何度も説明し、田山と北野は握手を交わした[8]

著作作品[編集]

  • 『海外の映画作家たち:創作の秘密』(ダヴィッド社,1971年)
  • 『映画写真集 菅原文太』(芳賀書店,1972年)
  • 『シネアルバム・11 岩下志麻』(芳賀書店,1972年)
  • 『シネアルバム・14アラン・ドロン』(芳賀書店,1973年)
  • 『シネアルバム・21ナタリー・ドロン』(芳賀書店,1974年)
  • 『フランス映画史 : 「巴里の屋根の下」から「アメリカの夜」まで フィルム・アートシアター』(芳賀書店,1974年)
  • 『菅原文太 : 野良犬の怨念』(芳賀書店,1974年)
  • 『実用洋画名セリフ入門』(学習研究社,1974年)
  • 『泣けてくる101のシーン実用洋画名セリフ』(学習研究社,1974年)
  • 『ニューシネマの映画作家たち : 創作の秘密』(ダヴィッド社,1974年)
  • 『日本の映画作家たち : 創作の秘密』(ダヴィッド社,1975年)
  • 岡田晋と共著『世界の映画作家・29フランス映画』(キネマ旬報社,1975年)
  • 『日本の映画作家たち : 創作の秘密. 2』(ダヴィッド社,1976年)
  • 猪俣勝人と共著『世界映画俳優全史. 女優篇』(社会思想社,1977年)
  • 猪俣勝人と共著『世界映画俳優全史. 男優編』(社会思想社,1977年)
  • 猪俣勝人と共著『日本映画俳優全史. 女優編』(社会思想社,1977年)
  • 猪俣勝人と共著『日本映画俳優全史. 男優編』(社会思想社,1977年)
  • 『わが青春の映画史』(三省堂,1977年)
  • 『日本のシナリオ作家たち : 創作の秘密』(ダヴィッド社,1978年)
  • 『映画に学ぶフランス語』(三修社,1978年)
  • 猪俣勝人と共著『日本映画作家全史. 上』(社会思想社,1978年)
  • 猪俣勝人と共著『日本映画作家全史. 下』(社会思想社,1978年)
  • 猪俣勝人と共著『世界映画作家全史. 上』(社会思想社,1979年)
  • 猪俣勝人と共著『世界映画作家全史. 下』(社会思想社,1979年)
  • 『わが体験的日本娯楽映画史. 戦後編』(社会思想社,1979年)
  • 『新しい映画づくりの旗手たち』(ダヴィッド社,1980年)
  • 『映画はどこへゆく : 日仏シネマ衰退史』(三修社,1980年)
  • 『わが体験的日本娯楽映画史. 戦前編』(社会思想社,1980年)
  • 『アメリカン・ニューシネマ名作全史』(社会思想社,1981年)
  • 『フランスの映画作家たち : 人生をみつめる映像』(白水社,1982年)
  • 『ヨーロッパ・ニューシネマ名作全史』(社会思想社,1982年) 
  • 『市川雷蔵かげろうの死』(講談社,1982年)ISBN 4061193759
  • 『シネアルバム・95菅原文太 : 野良犬の怨念』(芳賀書店,1982年)ISBN 4826100957
  • 『六大学野球は最高 : 広岡・長島・江川・そして…』(社会思想社,1983年)
  • 『世界映画名作全史. ニューシネマ篇』(社会思想社,1984年)
  • 『いっぺえやっか : 伴淳・その芸と女と涙』(国際情報社,1984年)ISBN 4771701180
  • 『カンヌ映画祭35年史』(三省堂,1984年)ISBN 4385348650
  • 『世界映画俳優全史. 現代編』(社会思想社,1986年)ISBN 4390111736
  • 『日本映画俳優全史. 現代編』(社会思想社,1986年)ISBN 4390111744
  • 『千恵蔵一代』(社会思想社,1987年)ISBN 4390602950
  • 『映画小事典]』(ダヴィッド社,1987年)ISBN 4804801863
  • 『市川雷蔵かげろうの死』(社会思想社,1988年)ISBN 4390112597
  • 『伴淳三郎道化の涙』(社会思想社,1988年)ISBN 4390112600
  • 『映画祭へのひとり旅』(白水社,1988年)ISBN 4560032408
  • 『日本映画名作全史. 現代編2』(社会思想社,1988年)ISBN 4390112759
  • 『ヨーロッパ・ニューシネマ名作全史. 2』(社会思想社,1989年)ISBN 4390112988
  • 『現代ヨーロッパ映画の監督たち』(社会思想社,1990年)ISBN 4390113585
  • 『田山力哉のカンヌ映画祭』(三省堂,1991年)ISBN 4385348669
  • 『田山力哉の映画恋愛論 : 名セリフ名シーン101』(社会思想社,1991年)ISBN 4390114115
  • 『現代日本映画の監督たち』(社会思想社,1991年)ISBN 4390113593
  • 『田山力哉の映画人生論 : 名セリフシーン80』(社会思想社,1992年)ISBN 4390114123
  • 『千恵蔵一代』(社会思想社,1992年)ISBN 4390114328
  • 『夏草の道 : 小説浦山桐郎』(講談社,1993年)ISBN 4062066300
  • 『これだけは言う : 辛口シネマ批評』(講談社,1993年)ISBN 406206619X
  • 『アメリカン・ニューシネマ名作全史. 3』(社会思想社,1993年)ISBN 4390115510
  • 『世界映画俳優全史. 現代編 2』(社会思想社,1994年)ISBN 4390115197
  • 山根祥敬と共著『決定版名作外国映画コレクション1001』(講談社,1994年)ISBN 4062560739
  • 『ヨーロッパ・ニューシネマ名作全史. 3』(社会思想社,1994年)ISBN 4390115596
  • 『小説浦山桐郎 : 夏草の道』(講談社,1996年)ISBN 4062633809
  • 『巴里シネマ散歩』(社会思想社,1996年)ISBN 4390604104
  • 『脇役の美学』(講談社,1996年)ISBN 4062083086
  • 『さよなら映画、また近いうちに』(キネマ旬報社,1997年)ISBN 4873762065

カメオ出演作品[編集]

受賞歴[編集]

  • キネマ旬報読者賞(1992年、1996年)
  • 日本映画ペンクラブ功労賞(1995年)

出典[編集]

  1. ^ ガセネタでした。 尾崎亜美オフィシャルサイト 2010年12月8日
  2. ^ 田山力哉『辛口シネマ批評 これだけは言う』講談社、1995年、pp.139,195-196
  3. ^ 「座談会 同時代監督への共感と、破滅志向と、酒と…」『さよなら映画、また近いうちに』キネマ旬報社、1997年、p.321。
  4. ^ 『辛口シネマ批評 これだけは言う』pp.20-21
  5. ^ 『辛口シネマ批評 これだけは言う』p.62
  6. ^ 田山力哉「北野武と死の想念」『キネマ旬報』1994年11月下旬号(『さよなら映画、また近いうちに』所収)
  7. ^ 田山力哉「ブラボー!たけしさん」『キネマ旬報』1996年7月上旬号(『さよなら映画、また近いうちに』所収)
  8. ^ 『辛口シネマ批評 これだけは言う』pp.139-140。

関連項目[編集]