武器人間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
武器人間
Frankenstein's Army /
Army of Frankenstein
監督 リチャード・ラーフォースト
脚本 クリス・W・ミッチェル
ミゲル・テハダ=フローレス
製作 ダニエル・クーフート
ニック・ヨンゲリウス
グレッグ・ニューマン
トッド・ブラウン
リチャード・ラーフォースト
ネイト・ボロティン
ニック・スパイサー
アラム・テルツァキアン
製作総指揮 バディ・アリ
ハムザ・アリ
マリク・B・アリ
出演者 カレル・ローデン
撮影 バート・ベークマン
配給 日本の旗 トランスフォーマー
公開 アメリカ合衆国の旗 2013年7月26日
日本の旗 2013年11月2日
上映時間 84分
製作国 オランダの旗 オランダ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
チェコの旗 チェコ
言語 英語
テンプレートを表示

武器人間』(ぶきにんげん 原題:Frankenstein's Army / Army of Frankenstein(フランケンシュタインの兵士たち))は、2013年制作のオランダアメリカ合衆国チェコ合作のアクションホラー映画R-15指定

フランケンシュタインの末裔のマッドサイエンティストが創り出した、死体に様々な機械を合体させた不死身の兵士が大暴れする恐怖をファウンド・フッテージの手法で描いた作品。

CMディレクターとして活躍する一方で、『フー・アム・アイ?』、『ブラックブック』などにスタッフとして参加した経歴を持つオランダ出身の新鋭、リチャード・ラーフォーストの初監督映画作品である。

ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、『ホビット』シリーズに参加したロジェ・サミュエルズが特殊効果を担当している。

あらすじ[編集]

1945年第二次世界大戦末期の東部戦線。ある密命を受けたソ連軍の偵察部隊がカメラを携えた記録係を伴い、ナチス・ドイツの占領地域へと向かう。やがて一行は、古びた教会で謎の大虐殺が行われた現場に遭遇、さらにその地下で不気味な施設を発見する。

なんとそこは、禁断の実験に取り憑かれたフランケンシュタインの末裔であるナチスのマッドサイエンティスト、ヴィクター・フランケンシュタイン博士が最終兵器として死体と機械を合体させ、不死身の“武器人間”を製造している秘密工場であった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ヴィクター・フランケンシュタイン カレル・ローデン 肝付兼太
セルゲイ ジョシュア・ザッセ 木村昴
ノビコフ ロバート・グウィリム たてかべ和也
ディミトリ アレクサンダー・マーキュリー 松本保典
サシャ ルーク・ニューベリー 小原乃梨子
イヴァン ホン・ピン・タン 西村太佑
ヴァシリ アンドレイ・ザヤッツ 関智一
アレクセイ マーク・スティーヴンソン 前田一世
エヴァ クリスティーナ・カタリーナ 大原めぐみ

日本公開まで[編集]

日本版予告編CMのナレーション大山のぶ代が担当、かつて担当していた『ドラえもん』風のナレーションがネット上で話題となった[1][2]。その声に応えて、日本語吹き替えは『ドラえもん (1979年版)』と『ドラえもん (2005年版)』で主要キャラを演じた声優が務めている。

本来関連性はないが、日本では『ムカデ人間』に続く“人間シリーズ”として宣伝されている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]