ファウンド・フッテージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ファウンド・フッテージ英語found footage)は、映画(やテレビ番組)のジャンルの1つで、モキュメンタリーの一種。撮影者が行方不明などになったため、埋もれていた映像という設定のフィクション作品。撮影者と無関係な者の手に渡り、そのまま公開されることになったという設定でもある。第三者によって発見された (found) 未編集の映像 (footage) なので、ファウンド・フッテージと呼ばれる。ホラー作品が多い。

なお「ファウンド・フッテージ」という語は元々別の意味で使われていた(ファウンド・フッテージ (映像技法)を参照)。しかし、現在ではもっぱら、このような話法を持った疑似ドキュメンタリーに使われている。たとえば、『バラエティ』誌は2012年の『グレイヴ・エンカウンターズ2』について言及する時、「偽のファウンド・フッテージ映画(faux found-footage film)」という表現を用いた。映画学者デヴィッド・ボードウェル英語版は混乱を避けるため、こういった語り口に仕掛けのある映画を「discovered footage」と呼びたいと言っている[1]

概要[編集]

このジャンルは、1980年のイタリア映画『食人族』まで溯ることができる。同作品は、焼却を命じられたドキュメンタリー映画の撮影フィルムが流出したという設定で公開された。日本では1983年に劇場公開され、この年の洋画配給収入で9位となるヒットとなった。

1999年には『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』が公開され、6万ドルの低予算で製作されたインディペンデント映画ながら全米興行収入1億4053万ドル、全世界興行収入2億4863万ドルの大ヒットとなった。

『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』の成功により、ファウンド・フッテージの手法が広く知られた。低予算でも製作できることから次第に量産されるようになり、1つのジャンルとして確立された。

主な作品[編集]

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Bordwell, David (2012年11月13日). “Return to Paranormalcy”. davidbordwell.net. 2020年1月31日閲覧。

関連項目[編集]

  • モキュメンタリー - 映画などのジャンル。ドキュメンタリー風に表現されたフィクション作品をさす。

外部リンク[編集]