ザ・ベイ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・ベイ
The Bay
監督 バリー・レヴィンソン
脚本 マイケル・ウォラック
原案 バリー・レヴィンソン
マイケル・ウォラック
製作 バリー・レヴィンソン
ジェイソン・ブラム
スティーヴン・シュナイダー
オーレン・ペリ
製作総指揮 ブライアン・カヴァナー=ジョーンズ
ジェイソン・ソスノフ
コリン・ストラウス
グレッグ・ストラウス
出演者 ウィル・ロジャース
クリステン・コノリー
ケッテル・ドナヒュー英語版
フランク・ディール英語版
スティーヴン・クンケン
クリストファー・デナム英語版
ナンシー・アルカ
音楽 マーセロ・ザーヴォス
撮影 ジョシュ・ナスバム
編集 アーロン・ヤネス
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲートロードサイド・アトラクションズ
日本の旗 パルコ/ハピネット
公開 カナダの旗 2012年9月13日
トロント国際映画祭
アメリカ合衆国の旗 2012年11月2日
日本の旗 2014年5月31日
上映時間 84分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $30,668[1]
テンプレートを表示

ザ・ベイ』(The Bay)は、2012年アメリカ合衆国で制作されたホラー映画。小さな港町に疫病が拡がっていく恐怖を、バリー・レヴィンソン監督がファウンド・フッテージ形式で描いている。

ストーリー[編集]

政府によって隠蔽されていたとある映像。そこにはメリーランド州チェサピーク湾沿いにある小さな港町クラリッジでの、2009年独立記念日の様子が映し出されていた。最初はお祭りムードに沸く市民だったが、突然次々と体調不良を訴え病院に搬送される。原因は湾内に潜んでいた寄生虫ウオノエ)によるものだと判明するが時すでに遅く、感染は次々と広がっていきついには町全体が感染者で溢れかえってしまう。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
アレックス ウィル・ロジャース 半田裕典
ステファニー クリステン・コノリー 大津愛理
ドナ ケッテル・ドナヒュー英語版 渋谷はるか
ストックマン町長 フランク・ディール英語版 岡哲也
エイブラムス医師 スティーヴン・クンケン 郷田ほづみ
サム クリストファー・デナム英語版 浅科准平
ジャクライン ナンシー・アルカ 合田絵利

参考文献[編集]

  1. ^ The Bay” (英語). Box Office Mojo. 2014年10月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]