ムカデ人間

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ムカデ人間
The Human Centipede (First Sequence)
監督 トム・シックス
脚本 トム・シックス
製作 トム・シックス
イローナ・シックス
出演者 ディーター・ラーザー
アシュリー・C・ウィリアムズ
アシュリン・イェニー
北村昭博
音楽 パトリック・サベージ
オレグ・スピーズ
撮影 グーフ・デ・コニング
編集 トム・シックス
製作会社 シックス・エンターテインメント
配給 トランスフォーマー
公開 イギリスの旗2009年8月30日[1]
アメリカ合衆国の旗 2010年4月28日
日本の旗 2011年7月2日
上映時間 90分[2]
製作国 オランダの旗 オランダ
言語 英語
ドイツ語
日本語
製作費 €1.5 million
次作 ムカデ人間2
テンプレートを表示

ムカデ人間』(むかでにんげん、原題:The Human Centipede (First Sequence))とは、2010年に公開されたトム・シックス監督作のホラー映画

英文字のタイトル通り、3作の1作目でもあるが、続編の『ムカデ人間2』、最終作の『ムカデ人間3』とは、世界観が別々になっている。

ストーリー[編集]

かつてシャム双生児の分離手術の名医であったドイツ人、ヨーゼフ・ハイター博士には、これまで自身が行ってきた分離手術とは反対に、人間の口と肛門を繋げて「ムカデ人間」を創造したいという密かな願望があった。

ある日、旅行中のアメリカ人女性リンジーとジェニーが車で移動中にタイヤがパンクし、ハイター博士の家に救助を求めてくる。ハイター博士は願望を実現すべく、何も知らない二人を快く迎え入れ、自身が捕らえていた日本人のカツローを加えたムカデ人間の製作に乗り出す。

登場人物[編集]

ヨーゼフ・ハイター博士
演 - ディーター・ラーザー、日本語吹替え - 若本規夫[3]
リンジー
演 - アシュリー・C・ウィリアムズ、日本語吹替え - 辰巳知里
ジェニー
演 - アシュリン・イェニー、日本語吹替え - 戸田亜紀子
カツロー
演 - 北村昭博 日本語吹替え - 三宅健太
クランツ刑事
演 - アンドリュー・レオポルド、日本語吹替え - 石川和之
フェラー刑事
演 - ピーター・ブランケンシュタイン、日本語吹替え - 平川大輔
エイミー
演 - ローズマリー・アナベラ 日本語吹替え - 森永麻衣子
日本版予告編ナレーション
声 - 若本規夫

日本公開まで[編集]

あまりにも奇想天外で下劣すぎる内容であるため、当初日本ではDVDのみ発売予定であった。しかしネット上で話題を呼び、予想外に人気が上がってしまい、日本でも劇場公開することが決定した。

ハイター博士の吹き替えを担当している若本規夫は当初は予告編のナレーションのみを務める予定だったが、好評を呼びハイター博士そのものの吹き替えを担当することとなった。

その他[編集]

カツロー役の北村昭博はロサンゼルス在住の日本人で、既に決まっていた「先頭部」の役者が来られなくなった為、代役としてオーディションを受けて採用された。

脚本には台詞が無く、監督の要望で北村が台詞を考えた。またこの映画の出演がきっかけでHEROESのファイナル・シーズンに出演することになった[4]。日本語吹き替え版では、北村が声優の起用を希望したため三宅健太が担当している(HEROESでも北沢力が吹き替えている)。

ヨーゼフ・ハイター博士の名前は、実在したナチス・ドイツマッドサイエンティストフェター博士、リヒター博士、ヨーゼフ・メンゲレに由来するものである[5]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Brendon Connelly (2009年7月3日). “2009 Frightfest Films Unveiled, New Images and Details”. Slashfilm. Slashfilm. 2015年9月23日閲覧。
  2. ^ 神戸・元町映画館に「等身大ムカデ人間」登場 つながって写真撮影キネプレ
  3. ^ Facebook公式ページ 1月21日
  4. ^ 個性的な新しい日本人像を構築したい〜『ムカデ人間』"先頭部" 北村昭博インタビュー
  5. ^ 映画|ムカデ人間|The Human Centipede (First Sequence) :: ホラー ...

外部リンク[編集]