星川淳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ほしかわ じゅん
星川 淳
生誕 (1952-03-31) 1952年3月31日(71歳)
日本の旗 日本東京都
出身校 武蔵中学校・高等学校(卒業)
九州芸術工科大学芸術工学部環境設計学科(中退)
ワールドカレッジ・ウェスト(中退)
職業 作家、翻訳家、環境活動家
テンプレートを表示

星川 淳(ほしかわ じゅん、1952年3月31日 - )は、日本作家翻訳家である。グリーンピース・ジャパン事務局長も務めた[1]

東京都出身。甥(妹の子供)に俳優のいしだ壱成がいる。

経歴・人物[編集]

武蔵中学校・高等学校を経て[2]1971年九州芸術工科大学芸術工学部環境設計学科を中退後[3]インドアメリカ合衆国に居住。1982年に、妻子とともに鹿児島県屋久島へ移住した[4]2001年に発生したアメリカ同時多発テロ事件後には、音楽家の坂本龍一らと『非戦』(幻冬舎)を発表した。

作家としては持続可能な暮らし・政策に関する論考やエッセイ、先史モンゴロイドの民族移動をテーマにした小説、翻訳家としてはジェームズ・ラブロックガイア理論トランスパーソナル心理学ディープエコロジー、環太平洋地域の先住民文化伝承に関わるものなど、「精神世界」関連書の翻訳を手がけている。

バグワン・シュリ・ラジニーシ(オショウ 和尚 OSHO)の翻訳書(めるくまーる社)を多数手がけた。その際の訳者名は、ラジニーシから受けたスワミ・プレム・プラブッダというサニヤス・ネーム(法名)を使っている。2020年処女作である「存在の詩」Osho(バグワン・シュリ・ラジニーシ)著 星川淳訳)が新装復刊[5]された。

2005年より2010年11月までグリーンピース・ジャパンの事務局長を務める。原発とプルトニウム再処理問題、遺伝子組み換え問題、原生林保護問題、調査捕鯨問題などに取り組んだ。

日本による対韓輸出優遇撤廃に反対する、<声明>「韓国は「敵」なのか」呼びかけ人の1人[6]

著書[編集]

単著[編集]

訳書[編集]

共著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ グリーンピースジャパン代表 星川淳さん”. デジパ株式会社. 2023年7月30日閲覧。
  2. ^ プロフィール - 星川淳 INNERNET WORKS”. hoshikawajun.jp. 2023年7月24日閲覧。
  3. ^ 星川淳 (ほしかわ じゅん)氏の放送動画(1件) - VIDEO NEWS”. VIDEO NEWS ニュース専門ネット局 ビデオニュース・ドットコム. 2023年7月24日閲覧。
  4. ^ 星川淳の「屋久島インナーネット・ワーク」
  5. ^ 『存在の詩 TANTRA THE SUPREME UNDERSTANDING』新装復刊 Osho(バグワン・シュリ・ラジニーシ 2020年 めるくまーる社
  6. ^ 韓国は「敵」なのか呼びかけ人

外部リンク[編集]