マザーズ・デイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マザーズ・デイ
Mother's Day
監督 ゲイリー・マーシャル
脚本 アヤ・コッコフ・ロマンド
マット・ウォーカー
トム・ハインズ
原案 リリー・ホランダー
マット・ウォーカー
トム・ハインズ
ゲイリー・マーシャル
製作 マイク・カーツ
ウェイン・ライス
ダニエル・ダイアモンド
ブラント・アンダーセン
ハワード・バート
マーク・ディザル
製作総指揮 ケヴィン・フレイクス
アンカー・ルングタ
マシュー・フーパー
ジャレッド・D・アンダーウッド
ダニー・マンデル
ロジャー・メイ
フレッド・グリム
ビル・ヘブナー
スコット・リプスキー
レオン・コーコス
デボラ・E・ショーズ
ウィリアム・ビンドレイ
出演者 ジェニファー・アニストン
ケイト・ハドソン
ジュリア・ロバーツ
音楽 ジョン・デブニー
撮影 チャールズ・ミンスキー
編集 ブルース・グリーン
ロバート・マリナ
配給 アメリカ合衆国の旗 オープン・ロード・フィルムズ
日本の旗 ツイン
公開 アメリカ合衆国の旗 2016年4月29日
日本の旗 2017年1月31日
上映時間 118分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $32,492,859[2]
テンプレートを表示

マザーズ・デイ』(原題:Mother's Day)は、2016年制作のアメリカ合衆国の映画

それぞれ複雑な事情を抱えた人々が母の日を迎えるさまを描いた作品で、ゲイリー・マーシャル監督の遺作となった[3]

あらすじ[編集]

離婚した元夫が自分より若いモデルと再婚したことを知ってショックを隠せない二児の母サンディ、両親の猛反対を押し切って国際結婚・出産したジェシー、16歳の時に極秘出産した娘からの突然の連絡をきっかけに、断ち切った自分の過去と向き合おうとする通販番組のカリスマ女社長ミランダなど、それぞれ複雑な事情を抱えた人々が母の日を迎えるさまを描く。

キャスト[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]