電波相互乗り入れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

電波相互乗り入れ(でんぱそうごのりいれ)とは、関東広域圏、近畿広域圏、中京広域圏以外の複数の府県に跨る民放テレビ局放送対象地域を指す(NHK総合テレビジョンに関しては各府県ともに県域放送である)。

現在、山陰地方鳥取県島根県)、岡高地区(通称。岡山県香川県)が該当する。一部通称などとして「準広域」という記述がある場合もあるが、正式にはこれらのエリアも「2つの県を放送対象地域とする県域放送」のエリアである。

山陰地方のケース[編集]

ここでは、相互乗り入れと不可分である山陰地方のラジオ放送を含めた放送事情についても記述する。ただし、コミュニティ放送については触れない。

山陰地方の放送局[編集]

略称・愛称
社名
テレビ ラジオ 所在地 備考
ID 系列 鳥取県開局 島根県開局 種別 系列 鳥取県開局 島根県開局
鳥取県の放送局
NKT
日本海テレビジョン放送
1 NNNNNS 1959年3月3日
JOJX-(D)TV
鳥取 1→鳥取 38
乗り入れ
松江 30→41
鳥取市 FMとアナログテレビの鳥取親局は厳密には湯梨浜町に所在。
NHK鳥取放送局 3 総合 1959年3月3日
JOLG-(D)TV
鳥取 3→鳥取 29
AM R1 1936年12月14日
JOLG
鳥取 1368kHz
FM FM 1969年3月1日
JOLG-FM
鳥取 85.8MHz
2 Eテレ 1962年12月28日
JOLC-(D)TV
鳥取 4→鳥取 20
AM R2 1950年4月25日
JOLC
鳥取 1125kHz
NHK米子支局 3 総合 1970年
(旧)米子 42→(廃止)

1998年11月26日
米子 32→26
AM R1 1954年10月24日
JOLQ(廃止)
米子 963kHz
米子市 テレビの米子中継局は厳密には松江市に所在(旧米子中継局は米子市に所在)。
2 Eテレ 2006年10月1日
米子 (デジタル新局)→20
AM R2 1957年12月20日
JOLZ(廃止)
米子 1521kHz
BSS
山陰放送
6 JNN 乗り入れ
鳥取 22→31
1959年12月15日
JOHF-(D)TV
松江 10→45
AM JRN
NRN
クロスネット
1954年3月1日
JOHF
米子 900kHz
AM開局当時はRSBラジオ山陰。
島根県の放送局
NHK松江放送局 3 総合 1959年10月28日
JOTK-(D)TV
松江 6→21
AM R1 1931年12月21日
JOTK
松江 1296kHz
松江市 AMの松江親局は厳密には出雲市に所在。
FM FM 1969年3月1日
JOTK-FM
松江 84.5MHz
2 Eテレ 1962年12月28日
JOTB-(D)TV
松江 12→19
AM R2 1946年9月1日
JOTB
松江 1593kHz
TSK
山陰中央テレビジョン放送
8 FNNFNS 乗り入れ
鳥取 24→36
1970年4月1日
JOMI-(D)TV
松江 34→43
開局当時は島根放送、通称「テレビしまね」。
V-air
エフエム山陰
FM JFN 1986年10月1日
JOVU-FM
松江 77.4MHz
外国語放送放送大学以外で対象放送区域が複数都道府県にまたがる唯一のFM局。
※テレビの物理chは各県基幹局のもの。アナログ→デジタル。
※開局日の下はコールサイン(無き場合は基幹中継局)、親局(基幹中継局)所在地・物理ch・周波数。テレビはアナログの開始日、デジタルは2006年10月1日全局一斉開始。
※民放の演奏所は全社が本社に置く。

沿革[編集]

乗り入れの経緯とその後[編集]

鳥取・島根の山陰両県は元々結びつきが強く、特に県都・鳥取市から遠く離れ、別個の経済圏を形成していた鳥取県西部の中心・米子市とその周辺は、島根の県都・松江市とは距離も近く、隔てる山もほとんど無い地理上、米子と松江は、そのどちらかに送信所を立てれば相互に電波が届く典型的スピルオーバー地帯であった。

1954年(昭和29年)3月1日、米子市のRSBラジオ山陰(現:BSS山陰放送)が、山陰両県における最初の民間放送局としてAM放送を開始した。RSBは、その地理を活かし、放送開始時点で既に山陰両県をカバーすることが出来た。その経緯から、RSB→BSSは両県の放送局で唯一県都以外に本社と演奏所を置いている[1]。島根県域局のNHK松江局の放送エリアが、鳥取県西部にまで及んでいるのもこのためである。

1959年3月3日、鳥取県最初の民放テレビ局・NKT日本海テレビジョン放送が鳥取市で開局し、鳥取県内での放送を開始した。RSBもテレビ兼営化を目指すものの、テレビ放送黎明期には「東名阪など大都市圏以外の各都道府県では、1県につき民放テレビ局は1局」という原則が立ちはだかった。RSBとNKTの間で水面下の合併交渉が行われるも決裂、同年12月15日、RSBは島根県向けにテレビ放送を開始。その結果、「本社は鳥取県、ラジオは両県広域、テレビは島根県のみ」[2]という「ねじれ現象」が発生、ラジオの電波を松江に届けやすい米子に本社を置いたのが、テレビでは仇となった形になった。

鳥取県西部ではRSB→BSS(およびNHK松江)が視聴可能ではあったが、あくまで区域外受信とされたため、本社所在地たる鳥取県へのエリア拡大を希望し続けたRSB→BSSであるが、NKTが反対し続けたため実現せず、その間に全国各県で2局目以降の民放テレビ局が開局するようになってからも、BSSはねじれ現象に苦しみ続けた。

そんな中、1970年4月1日、島根県2局目のテレビ局として松江市に本社を置くTSK“テレビしまね”こと島根放送(現:山陰中央テレビジョン放送)が開局、2県合わせても当時で人口140万人に満たない地域に3つの民放テレビ局が出来たことにより、鳥取・島根のそれぞれの県単位でこれ以上民放テレビ局を設立させるのは経営的に困難とみなされ、そしてBSSが長年抱え続けた「ねじれ現象」の解消の必要性が考慮され、旧郵政省(現:総務省)は、民放テレビ局についても鳥取・島根両県を単一放送区域にすることを認可する方針に転じた。

1972年9月22日、BSS・NKT・TSKの民放テレビ3局による鳥取・島根相互乗り入れ放送が開始され、BSSは鳥取県向けのテレビ放送を開始、ねじれ現象を解消した。当時日本国内で民放テレビ局を3局以上視聴できた地域は、東名阪地区北海道宮城県広島県福岡県くらいであり、山陰地方の単一放送区域化は先進的な試みであった。

民放テレビ局の相互乗り入れ開始から14年後の1986年10月1日、両県唯一の民間FM放送局・V-airエフエム山陰が松江市に開局。V-airもまた両県をエリアとしたため、「テレビ・AM・FM全局が、NHKは県域、民放は準広域(厳密には2県域)」という全国唯一の構図が成立した(FMの場合、V-airと放送大学以外でエリアが複数都道府県にまたがる放送局はすべて外国語放送である)。

乗り入れ直後は、テレビ朝日系列の同じワイドショー番組がNKT・BSS両局で同時放送または時差放送されたことがあった。また乗り入れ後、NKTとTSKの間で腸捻転が発生するも、読売フジサンケイ間でお互いの資本を交換したことにより、ネットチェンジに発展することなく腸捻転は解消された。

なお、テレビ朝日を幹事局とする民間放送教育協会には、2018年現在、NKTが鳥取県扱い、BSSが島根県扱いで加盟している。

更に民放の相互乗り入れは、米子市内各地に小規模中継局を設置していたNHK鳥取にも影響を及ぼし、中継局の集約化などから、松江市内の送信所に同居する形で米子中継局を設置した。本州初の域外中継局である。

岡高地区のケース[編集]

脚注[編集]

  1. ^ BSSと同じTBS系列では、他にチューリップテレビテレビユー山形が県都以外に本社を置くが、社とも県都に所在する放送センターに演奏所を設置している。中国地方では山口県山口放送[テレビ:日テレ系、ラジオ:JRN&NRN]も県都山口市ではなく周南市に本社と演奏所を置いている。
  2. ^ 「ラジオ2県1波、テレビ1県1波」は、今日の長崎放送京都放送と同じ体系(その逆が、山陽放送と西日本放送)だが、RSB→BSSはその通り本社所在地とテレビの放送対象地域が異なっている決定的な相違点がある。

関連項目[編集]