Rio (シンガーソングライター)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Rio
出生名 Rio(リオ)
生誕 (1977-02-26) 1977年2月26日(41歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府大阪市
ジャンル ブルースジャズ
ニューミュージック
職業 シンガーソングライター
活動期間 2005年(平成16年)-
公式サイト Rio official web site

Rio(リオ、1977年2月26日 - )は、日本シンガーソングライター大阪府出身。2005年4月、アルバム『Lullabye』でデビューした。

人物[編集]

2005年4月20日にアルバム『Lullabye』でデビュー。ジャズとブルースを基盤に、独特の嗄れヴォイスが特徴のアーティスト[要出典]。デビュー後、数多のライブを経てファーストアルバムを発売。その後シングルカットされた「R”43」は、bayfmパワープレイにピックアップされ、さらに同年ブルースシンガー近藤房之助スターダストレビュー根本要との共演を実現する。

2006年にはフジロックフェスティバルに出演。その後リリースされた2枚目のシングル「娼婦は眠らない」は、PVに現役の娼婦を登場させた事で話題になり、スカイパーフェクTV!等で大きく取り上げられる。同年2枚目のアルバム『空き地がなくなっちゃった』をリリース、同時に詩集『空き地がなくなっちゃった』を発刊した。表紙の挿絵は『ごんぎつね』『手袋を買いに』の黒井健の作である。

2007年、『Rioの‘街路の灯り’』(ラジオ大阪)がスタートした。全国に‘Rioの空き地’を増殖しながら、満を持して3枚目のアルバム『TAXI』をリリースした。新宿FACE(元新宿リキッドルーム)でのワンマンライヴを大成功に収める。『Lullabye』が映画『kamachop』のエンディング曲となる。

2008年、『Rioの‘伝説の空き地’』(東海ラジオ)がスタート、東海地区メインの活動を開始する。地方でも徐々に話題を集めながら、3枚目のシングル「ホタル」をリリースする。「ホタル」は十勝ばんえい競馬のCM曲として起用され、さらに『のりゆきのトークde北海道』(北海道文化放送)のエンディング曲になり、本格的な全国キャンペーンがスタートする。

2009年、ベイエフエム『Rioの‘街路の灯り’』がスタートする。全国のキーステーションで「ホタル」がオンエアされ、『24時間テレビ32〜愛は地球を救う〜』の大トリとして出演する。年末に4枚目のアルバム『HOTARU』をリリースする。

2010年、北海道ツアーを終え、創作活動に入る。この頃から楽曲提供が多くなり、「リケンのノンオイルドレッシング」のCM曲として「HOME」が、「キャベジンコーワゴールド」には「空飛ぶポストマン」。また、NHKドキュメンタリー番組『プレミアム8』で「STAY」が使用された。歌手・和田アキ子からも楽曲オファーがあり『素直じゃないね』を提供、同年10月にリリースされた。

2011年、引き続きライヴ活動に奔走する。ライヴハウスや酒場でのライヴはもちろん、大ホールやグランドキャバレーでのコンサートスタイルに移行。コンサート限定CD『路上』をリリースし、リードナンバーの「路上」がヤマハ発動機のCMで起用される。また、書き下ろし楽曲「この花」が全国オンエアされ(フジテレビ系列)、話題を集めた。

2012年、5枚目のアルバム『ガラクタ』をリリース、全国ライヴと共にアーティストに楽曲提供する。

2013年、荒木とよひさに楽曲3曲を提供、「東京タワーが雨に泣いている」がシングルカットされる。『NHK歌謡コンサート』「作詞家 荒木とよひさの世界」に出演する。

2014年、全国ライヴと共にアーティストに楽曲提供する。

2015年、シングル「Joker」リリース。全国ライブと共にアーティストに楽曲提供。

2016年 全国ライブを重点に活動しながら、映画『CONFLICT~最大の抗争~』主題歌・挿入歌で起用される。

2017年 作詞家・売野雅勇氏の作詞活動35周年記念アルバム『真夏のイノセンス』に2億4千万の瞳でカバー曲参加。ファンクラブ 「club AJITO」 発足。6枚目アルバム『SHOWER』をリリース、全国ライヴと共にアーティストに楽曲提供する。

作品[編集]

シングル[編集]

  • R”43(2005年11月21日)-bayfm、midnight powerplay 推薦曲。
  • 娼婦は眠らない(2006年3月21日)
  • ホタル(2008年11月26日)-UHB北海道文化放送のりゆきのトークDE北海道、エンディング曲。bayfmパワープレイ。十勝ばんえい競馬のCM曲。
  • 路上(2011年)コンサート限定-YAMAHA発電機のCM曲
  • Joker(2015年5月31日)

アルバム[編集]

  • Lullabye(2005年4月20日)
  • 空き地がなくなっちゃった(2006年7月21日)-MBCラジオで月間パワープレイ。
  • TAXI(2007年11月28日)
  • HOTARU(2009年12月2日)
  • ガラクタ(2012年11月18日)
  • SHOWER(2017年12月3日)

タイアップ[編集]

  • 『ホタル』 -CM ばんえい競馬(2009年)
  • 『HOME』 -CM リケン「ノンオイルドレッシング (2010年)
  • 『STAY』 -NHK プレミアム8「伝統芸能の若き獅子たち」/(2010年)
  • 『空飛ぶポストマン』 -CM 興和「キャベジンコーワ」/(2011年)

楽曲提供[編集]

  • 荒木とよひさ
    • 東京タワーが雨に泣いている(2013年6月19日 リリース)
      • 『東京タワーが雨に泣いている』作曲Rio・作詞:荒木とよひさ
  • 和田アキ子
    • 人生はこれから(2010年10月20日 リリース)
      • 『素直じゃないね』作曲・作詞:Rio 編曲:林有三
    • すばらしき人よ(2014年12月3日 リリース)
      • 『孤独なひまわり』作曲Rio ・作詞:田久保真見
  • 佐伯佑佳
    • HappySunday ~君と私と時々幸せ~(2010年8月25日 リリース)
      • 『レオン』作曲:Rio 作詞:佐伯佑佳 編曲:林有三
  • 半海一晃
    • STAY〜ずっとこのまま〜(2004年 新宿 シアタートップス
      • 『All day All night』作曲・編曲:Rio 作詞:半海一晃
      • 『Bed side Blues』作曲・編曲:Rio 作詞:半海一晃
      • 『お散歩が大好き』作曲・編曲:Rio 作詞:半海一晃
      • 『グッタイミング、OK!』作曲・編曲:Rio 作詞:半海一晃
      • 『サボイホテルでミッドナイトネオン』作曲・編曲:Rio 作詞:半海一晃
  • 藤本寛
    • リターン・リターン〜ふりだしに戻る〜(2000年 下北沢 OFF・OFFシアター
      • 『土砂降りのスライド』作曲・編曲:Rio
      • 『窓から西陽』作曲・編曲:Rio
      • 『探検Rag』作曲・編曲:Rio
      • 『異国の出来事』作曲・編曲:Rio
      • 『酒場』作曲・編曲:Rio
      • 『キレちまった』作曲・編曲:Rio
      • 『おんまぁの独り言』作曲・編曲:Rio
    • VERT(2002年 喜多見SHYU)
      • 『月明かりに乾杯』作詞・作曲・編曲:Rio
      • 『月光』作詞・作曲・編曲:Rio

著書[編集]

詩集[編集]

  • 空き地がなくなっちゃった-愛育社-(2006年7月10日)

ラジオ番組(放送終了を含む)[編集]

  • 『Rioの‘街路の灯り’』-(ラジオ大阪
  • 『Rioのサウンド・カーニヴァル』-(FM COCOLO
  • 『Rioの‘伝説の空き地’』-(東海ラジオ
  • 『Rioの‘ホタル☆カリフォルニア’』-(bayfm
  • 『Rioの‘街路の灯り’』-(bayfm)
  • 『Rioの‘嘘つくばカリ’』-(ラヂオつくば

外部リンク[編集]