一人二役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

一人二役(ひとりふたやく)(英語:Double Role)とは、役において一人が二つの役を果たすこと。三役を兼ねれば一人三役、四役なら一人四役となる。

この役を現実での役職として見た場合はこれを兼職と呼ぶことができる。

役を演劇における配役として見た場合、舞台ドラマ映画などの同一作品で1人の俳優が2つの役を演じることを指す。

実写では一人二役の登場人物が同時に登場することができないという制限があるが、ドラマ・映画においては合成光学合成)を用いることでその問題がある程度解決される。

演劇等の場合[編集]

演劇、舞台、ドラマなどに於いては、同一人物が2つ(あるいはそれ以上)の役として登場するのをこう呼ぶ。その場合、役の上での人物の容姿は、その人物の容姿によって決まるから、同じ容姿の人物が2人以上出現することとなる。当然それは自然なものとならない。

もちろん、人手が足りないなどのやむを得ない理由で、目立たない役を同一人物でこなす例もある。しかし、積極的に、むしろ、不自然であることをわきまえた上で、それを意図した配役であることもある。たとえば、バレエの『白鳥の湖』では、王子が恋した白鳥の王女オデットになりすまして、悪魔の娘オディールが王子を誘惑するが、この2人は往々にして一人二役で演じられる。両者は性格的にも大きく異なっており、その舞踏もはっきりと違ったスタイルで振り付けされるので、それをどう演じ分けるかが見物となる。

アニメにおける例[編集]

アニメにおいては実写の映像を必要としないため、一人の声優が複数のキャラクターを演じ分けることが珍しくない。

著名な例を挙げると『ドラゴンボールZ』では野沢雅子主人公孫悟空とその息子孫悟飯孫悟天のほかに悟空の父親で悟飯・悟天の祖父バーダックの四役、田中真弓クリリンヤジロベーの二役を演じた。後者は全くの他人であるが、声がそっくりであることが劇中で言及されていた。

クレジットは作品・回にもよるが、最も主要なキャラクターのみが表記される場合もあれば全ての役が表記されることもある。

トリックとしての例[編集]

また推理小説・推理ドラマなどにおけるトリックとして見た場合、一人の人間が二人の人間を装うことを一人二役と呼ぶ場合もある。この分野ではよく取り上げられるトリックの一つである。横溝正史は、推理小説の三大トリックの一つに挙げている。

たとえば、真犯人が、架空の犯人像を作り上げる例、過去に関わりのある人物が別人物として現れる例などがある。犯人と被害者が同一人物という例もある。たとえばシャーロック・ホームズシリーズの『唇のねじれた男』では、失踪した人物が消えた現場に怪しい人物がいたという事件で、実は失踪したのではなく、変装して失踪に見せかけたものであることが示される。

登場人物の関係[編集]

演じている二人の登場人物の関係は様々である。兄弟(特に双子)・親子などといった肉親の場合も多いが、単なるそっくりさんということもある。

SF特撮作品ではクローンやコピー体・擬態のほか、パラレルワールドといったケースも存在する。

関連項目[編集]