御巣鷹山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
御巣鷹山
標高 1,639.38 m
所在地 群馬県多野郡上野村大字楢原
位置 北緯36度0分57.3664秒
東経138度41分15.3314秒
種類 山塊
御巣鷹山の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

御巣鷹山(おすたかやま)は群馬県多野郡上野村にある標高1,639mのである。

地理[編集]

秩父山地の北部、群馬県南部の上野村に位置する。すぐ南側は長野県との県境の山であり、御巣鷹山はその山から群馬県側に突き出た尾根上に位置する。そのため御巣鷹山自体は県境にかかっておらず、標高も県境の山より低いため長野県側から当山を望むことはできない。山頂には「帝釈山」という名称の三等三角点が設置されている。

なお、山梨県都留市富士河口湖町にまたがる三つ峠にも同名の山が存在する。盛本昌広「軍需物資から見た戦国合戦」(2008年、洋泉社)によれば、巣鷹とは鷹狩りに使う鷹の雛のことで、巣鷹を取ってきて鷹狩り用に育成する関係から巣鷹を取る山は大名によって住民の立ち入りを禁止する等の施策がとられていた。

航空事故現場[編集]

1985年8月12日に発生し、御巣鷹山の名を全国的に有名にした日本航空123便墜落事故の際には、多くの報道で「御巣鷹山に墜落」と伝えられていたが、実際に墜落した場所は「高天原山(たかまがはらやま)に属する尾根」であり、御巣鷹山に墜落したというのは誤り(墜落地点:北緯36度0分5.41961秒東経138度41分37.68596秒[1])。

しかし、後に黒沢丈夫上野村村長によって墜落地点は「御巣鷹の尾根」と命名されている。

隣接する山[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 墜落現場の座標は当時の報告書による日本測地系「北緯35度59分54秒東経138度41分49秒」を世界測地系に変換したもの