乳姉妹 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

乳姉妹』(ちきょうだい)は、1903年(明治36年)に発表された菊池幽芳による日本小説であり、同作を原作とし、1909年(明治42年)に吉沢商店が製作・配給したのを始めとして、1938年(昭和13年)に大都映画製作作品まで、全13回映画化された日本のサイレント映画群である[1]

略歴・概要[編集]

小説『月魄』の初出は、菊池幽芳の勤務先が発行する『大阪毎日新聞』、および『東京日日新聞』紙上で、1903年(明治36年)8月24日 - 12月26日に掲載された。翌1904年(明治37年)、春陽堂から単行本が、前篇・後篇の2巻に分巻して刊行されている[2]

菊池本人の回想するところによれば、『己が罪』と同じく評判がよく、新派の劇団が競って演目に上げたとのことである[3]

『己が罪』の20回には及ばないが、13回映画化された。最後に映画化された1936年(昭和11年)、すでに時代はトーキーであったが、大都映画はこれをサイレントで製作・配給した[4]ため、13作すべてがサイレント映画となった。

フィルモグラフィ[編集]

映画化の一覧。

監督 主演 製作 興行
乳姉妹 撮影千葉吉蔵 中野信近 吉沢商店 浅草電気館 1909年
乳姉妹 不明 不明 M・パテー商会 浅草・大勝館 1910年
新乳姉妹 不明 中野信近・藤川岩之助 吉沢商店 浅草・電気館 1910年
乳姉妹 不明 吉沢専属俳優 吉沢商店 浅草・オペラ館 1912年
乳姉妹 田中栄三 藤川三之助五月操 日活向島撮影所 浅草・オペラ館 1918年
乳姉妹 田中栄三 中山歌子新井淳 日活向島撮影所 浅草・三友館 1922年
乳姉妹 池田義臣 栗島すみ子関根達発 松竹蒲田撮影所 浅草・松竹館 1922年
幽芳集 乳姉妹 野村芳亭 岩田祐吉五月信子 松竹下加茂撮影所 浅草・大勝館 1923年
新乳姉妹 島津保次郎 若葉照子筑波雪子 松竹蒲田撮影所 浅草・電気館 1925年
乳姉妹 松本英一 不明 帝国キネマ芦屋撮影所 不明 1927年
乳姉妹 阪田重則 マキノ智子松浦築枝 マキノ・プロダクション御室撮影所 浅草・千代田館 1929年
乳姉妹 野村芳亭 岡田嘉子川崎弘子 松竹蒲田撮影所 浅草・帝国館 1932年
乳姉妹 吉村操 琴糸路佐久間妙子 大都映画 河合キネマ 1936年

1918年版[編集]

乳姉妹
監督 田中栄三
脚本 岩崎春禾
原作 菊池幽芳
製作 日活向島撮影所
出演者 藤川三之助
五月操
撮影 藤原幸三郎
配給 日本の旗 日活
公開 日本の旗 1918年5月17日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

乳姉妹』(ちきょうだい)は、1918年(大正7年)製作・公開、田中栄三監督による日本のサイレント映画女性映画である。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

1922年 日活版[編集]

乳姉妹
監督 田中栄三
脚本 菊池幽芳
原作 菊池幽芳
製作 日活向島撮影所
出演者 中山歌子
新井淳
配給 日本の旗 日活
公開 日本の旗 1922年1月7日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

乳姉妹』(ちきょうだい)は、1922年(大正11年)製作・公開、田中栄三監督による日本のサイレント映画、女性映画である。田中栄三にとって2度目の映画化であるが、女性役を女形で撮った前作とは違い、本作には、女優を起用している。

スタッフ・作品データ・キャスト[編集]

1922年 松竹版[編集]

乳姉妹
監督 池田義臣
脚本 伊藤大輔
原作 菊池幽芳
製作 松竹蒲田撮影所
出演者 栗島すみ子
関根達発
撮影 桑原昴
配給 日本の旗 松竹キネマ
公開 日本の旗 1922年4月1日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

乳姉妹』(ちきょうだい)は、1922年(大正11年)製作・公開、池田義臣監督による日本のサイレント映画、女性映画である。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

1923年版[編集]

幽芳集 乳姉妹
監督 野村芳亭
脚本 小田喬
原作 菊池幽芳
製作 松竹下加茂撮影所
出演者 岩田祐吉
五月信子
撮影 水谷文次郎
配給 日本の旗 松竹キネマ
公開 日本の旗 1923年12月31日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

幽芳集 乳姉妹』(ゆうほうしゅう ちきょうだい)は、1923年(大正12年)製作・公開、野村芳亭監督による日本のサイレント映画、女性映画である。オムニバス映画『幽芳集』の1篇として製作され、野村監督の『幽芳集 己が罪』および池田義信監督の『幽芳集 月魄』とともに3本立てで公開された。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

1925年版[編集]

新乳姉妹
監督 島津保次郎
脚本 野田高梧
原作 菊池幽芳
製作 松竹蒲田撮影所
出演者 若葉照子
筑波雪子
撮影 桑原昴
配給 日本の旗 松竹キネマ
公開 日本の旗 1925年1月13日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

新乳姉妹』(しんちきょうだい)は、1925年(大正14年)製作・公開、島津保次郎監督による日本のサイレント映画、女性映画である。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

1929年版[編集]

乳姉妹
監督 阪田重則
脚本 都村健
原作 菊池幽芳
製作 マキノ・プロダクション御室撮影所
出演者 マキノ智子
松浦築枝
撮影 大森伊八
配給 日本の旗 マキノ・プロダクション
公開 日本の旗 1929年5月31日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

乳姉妹』(ちきょうだい)は、1929年(昭和4年)製作・公開、阪田重則監督による日本のサイレント映画、女性映画である。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

1932年版[編集]

乳姉妹
監督 野村芳亭
脚本 川村花菱
久米芳太郎
原作 菊池幽芳
製作 松竹蒲田撮影所
出演者 岡田嘉子
川崎弘子
撮影 長井信一
配給 日本の旗 松竹キネマ
公開 日本の旗 1932年5月13日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

乳姉妹』(ちきょうだい)は、1932年(昭和7年)製作・公開、野村芳亭監督による日本のサイレント映画、女性映画である。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

1936年版[編集]

乳姉妹
監督 吉村操
脚本 高須二三男
原作 菊池幽芳
製作 大都映画
出演者 琴糸路
佐久間妙子
撮影 松井鴻
配給 日本の旗 大都映画
公開 日本の旗 1936年3月19日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

乳姉妹』(ちきょうだい)は、1936年(昭和11年)製作・公開、吉村操監督による日本のサイレント映画、女性映画である。

スタッフ・作品データ[編集]

キャスト[編集]

ビブリオグラフィ[編集]

国立国会図書館蔵書[2]

[編集]

  1. ^ 菊池幽芳、日本映画データベース、2009年11月27日閲覧。
  2. ^ a b OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2009年11月26日閲覧。
  3. ^ 「私の自叙伝」、『菊池幽芳全集』、菊池幽芳日本図書センター、1997年5月 ISBN 4820581791, 所収。
  4. ^ 乳姉妹、日本映画データベース、2009年11月27日閲覧。

外部リンク[編集]