菊池幽芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
菊池 幽芳
きくち ゆうほう
誕生 菊池 清 きくち きよし
1870年12月18日
明治3年10月27日
日本の旗 日本 常陸国水戸藩長者町
(現在の茨城県水戸市
死没 (1947-07-21) 1947年7月21日(76歳没)
日本の旗 日本 兵庫県武庫郡本山村
(現在の同県神戸市東灘区
墓地 光台寺(茨城県水戸市)
職業 小説家新聞記者実業家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1891年 - 1947年
ジャンル 家庭小説
代表作己が罪
乳姉妹
デビュー作鴬宿梅
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

菊池 幽芳(きくち ゆうほう、明治3年10月27日グレゴリオ暦 1870年12月18日) - 1947年7月21日[1])は、日本の小説家である。本名は菊池 清(きくち きよし)である[1]大阪毎日新聞社取締役を歴任した[1]

人物・来歴[編集]

常陸国水戸長者町(現在の茨城県水戸市)に生まれる[1]。弟に英文学者の戸沢正保がいる[1]

1888年(明治21年)茨城県尋常中学校(現在の茨城県立水戸第一高等学校)を卒業[1][2]、同県北相馬郡取手(現在の同県取手市)の取手高等小学校[3](現在の取手市立取手小学校)の教師となる[2]

21歳を迎える1891年(明治24年)小学校を退職、大阪毎日新聞社に入社する[1]。同年、宇田川文海丸岡九華らと大阪文藝会を興し[2]、文芸雑誌『大阪文藝』を創刊する。翌1892年(明治25年)、『大阪文藝』誌上に、小説『鴬宿梅』を発表してデビューする。

1897年(明治30年)、同社の文芸部主任に就任する[2]。自らの勤務先である『大阪毎日新聞』に、1899年 - 1900年(明治32年 - 同33年)に『己が罪』を連載して、名声を得る[1][2]。1903年(明治36年)には同紙に『乳姉妹』を連載した[1]。「家庭小説」というジャンルを確立[1]、第一人者となる[2]

社会部長、学芸部長、副主幹を歴任[2]、1924年(大正13年)には、同社の取締役に就任した[1][2]。1926年(大正15年)には同職を辞職、相談役に就任した[2]

1947年(昭和22年)7月21日脳溢血のため[4]兵庫県武庫郡本山村(現在の同県神戸市東灘区)の自宅で[2]死去した[1]。満76歳没。

ビブリオグラフィ[編集]

国立国会図書館蔵書[5]

  • 『明治富豪譚』、大阪毎日新聞社、1892年9月
  • 『春日野若子』、駸々堂、1893年7月
  • 『無言の誓』、駸々堂、1894年6月
  • 『大探険』、手記亜蘭、駸々堂、1897年2月
  • 『新聞売子』、駸々堂、1900年9月
  • 己が罪』、春陽堂、1900年 - 1901年
  • 『澪標』、駸々堂、1901年2月
  • 『白百合』、駸々堂、1901年 - 1902年
  • 『若き妻』、春陽堂、1902年
  • 『日本海周遊記』、春陽堂、1903年7月
  • 『二人女王』、ハツガード(ヘンリー・ライダー・ハガード)、春陽堂、1903年5月
  • 乳姉妹』、春陽堂、1904年1月
  • 『二人娘』、駸々堂、1904年1月
  • 『夏子』、春陽堂、1905年 - 1906年
  • 『売花娘』、隆文館、1906年2月
  • 『妙な男』、金尾文淵堂、1905年 - 1906年
  • 『筆子』、隆文館、1906年 - 1907年
  • 月魄』、金尾文淵堂、1908年
  • 『琉球と為朝』、文録堂、1908年5月
  • 『家なき児』、エクトル・マロー(エクトール・アンリ・マロ)、春陽堂、1912年
  • 『百合子』、金尾文淵堂、1913年
  • 『春日野若子』、大正文庫第16編、駸々堂書店、1913年
  • 『秘中の秘』前・後編、金尾文淵堂、1913年
  • 『二人娘』、大正文庫第19編、駸々堂書店、1914年
  • 『無言の誓』、大正文庫第20編、駸々堂、1914年
  • 『誘惑』、春陽堂、1914年
  • 『百合子画集』、共著鏑木清方、金尾文淵堂、1914年
  • 『小ゆき』前・中・後・続編、金尾文淵堂、1915年
  • 『幽芳集』、大正名著文庫第18編、至誠堂書店、1915年
  • 『お夏文代』中・後編、春陽堂、1916年 - 1917年
  • 毒草 - お品の巻・疑獄の巻・お仙の巻』、至誠堂書店、1916年 - 1917年
  • 『朝鮮金剛山探勝記』、洛陽堂、1918年
  • 『女の生命』前・後編、玄文社、1919年
  • 『須磨子』、東京社、1919年
  • 『己が罪』、春陽堂、1920年
  • 白蓮紅蓮』上・下、大阪毎日新聞社、1922年
  • 彼女の運命』、大阪毎日新聞社、1923年
  • 『幽芳全集』第1巻 - 第15巻、国民図書、1924年 - 1925年
  • 『小夜子』前・後編、大阪毎日新聞社、1926年
  • 『妖美人物語』、大日本雄弁会講談社、1928年
  • 『世界大衆文学全集』第2巻、改造社、1928年
  • 『現代長篇小説全集』第5巻、新潮社、1929年
  • 『現代日本文學全集』第54篇、改造社、1931年9月
  • 『明治大正文学全集』第18・27・36・45-46・54・56・59巻、1927年 - 1932年
  • 『菊池幽芳全集』第1-4巻、改造社、1933年
  • 『大悲劇名作全集』第3巻、中央公論社、1934年
  • 『古稀記念幽芳歌集』、創元社、1939年
  • 『秘中の秘』6版、大洋社出版部、1939年
  • 『月魄』、大洋社出版部、1939年
  • 『家なき児』、マロー(エクトール・アンリ・マロ)、改造社、1939年
  • 『幽芳歌集』、創元社、1939年6月
  • 『己が罪』、名作小説文庫 2、昌平社、1948年

フィルモグラフィ[編集]

小説の映画化一覧。特筆以外はすべて原作。

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 菊池幽芳、『講談社 日本人名大辞典』、講談社 / 『百科事典マイペディア』、日立システムアンドサービスコトバンク、2009年11月25日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 菊池幽芳兵庫文学館、2009年11月26日閲覧。
  3. ^ 菊池幽芳 年譜、兵庫文学館、2009年11月26日閲覧。
  4. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)115頁
  5. ^ OPAC NDL 検索結果、国立国会図書館、2009年11月25日閲覧。

外部リンク[編集]