宇田川文海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宇田川 文海(うだがわ ぶんかい、嘉永元年2月24日1848年3月28日) - 昭和5年(1930年1月6日)は小説家新聞記者。別名に鳥山棄三・鳥山捨三(どちらも「とりやま すてぞう」)。鳥山は母の旧姓。号は金蘭(きんらん)・除々庵(じょじょあん)。江戸本郷の道具屋伊勢屋市兵衛の三男。

著作[編集]

  • 『士族の商業』
  • 『勤王佐幕巷説二葉松』
  • 『大阪繁昌誌』(長谷川金次郎との共著)

出典・参考文献[編集]

外部リンク[編集]