藤原幸三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ふじわら こうざぶろう
藤原 幸三郎
生年月日 不詳年
没年月日 不詳年
職業 撮影技師編集技師現像技師
ジャンル サイレント映画ドキュメンタリー映画
主な作品
日露戦争活動大写真
カチューシャ

藤原 幸三郎(ふじわら こうざぶろう、生没年不詳)は、日本の撮影技師編集技師現像技師である。大正時代日活向島撮影所で技師長を務め、独立して藤原商会(現在のフジワラプロダクションズ)を設立した[1][2]

人物・来歴[編集]

生年生地不明。

1904年(明治37年)、日露戦争にカメラ機材を携えて従軍し、吉沢商店が製作した『日露戦争活動写真[1]が、東京・神田錦輝館で開いた日本活動写真会で上映された[3]

1913年(大正2年)10月、日活向島撮影所の設立に参加する。レフ・トルストイの原作を桝本清が脚色、細山喜代松が監督した『カチューシャ』の撮影・編集・現像に携わる。同作は、1914年(大正3年)10月に公開され、大ヒットとなった。当時の同撮影所では、撮影技師を「技手」と呼び、撮影のみならず、現像や編集までのポストプロダクション業務までを行っていた[4]。監督・脚本をはじめ、技手等のクレジットが行われるようになるのは、1918年(大正7年)の『生ける屍』以降のことで[5]、藤原が撮影した作品の全貌はわからない。

1921年(大正10年)、当時の皇太子(のちの昭和天皇)によるイギリスフランスベルギーオランダイタリアのヨーロッパ5か国歴訪に取材し、全23巻ものの長尺のドキュメンタリー映画『皇太子殿下御渡欧記録映画』を製作[1]、帰国後に、藤原商会を設立して独立した[1]。東京・青山に現像場を開設、教育映画記録映画等の映画製作を行った[1]

藤原商会は、1945年(昭和20年)6月に強制疎開により現像場を閉じるが、藤原がどの時点まで活動していたかは、不明である。

おもなフィルモグラフィ[編集]

特筆以外は日本映画データベースを参照[6]

吉沢商店[編集]

日活向島撮影所[編集]

  • 『皇太子殿下御渡欧記録映画』、1921年

藤原商会[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f 会社概要フジワラプロダクションズ、2009年12月14日閲覧。
  2. ^ 『日本教育映画発達史』、田中純一郎蝸牛社、1979年、p.54.
  3. ^ 日露戦争活動写真日本映画データベース、2009年12月14日閲覧。
  4. ^ 『日本映画史発掘』、田中純一郎、冬樹社、1980年、p.128-132.
  5. ^ 『日本映画発達史 1 活動写真時代』、田中純一郎、中公文庫、1975年11月25日 ISBN 4122002850、p.274-279.
  6. ^ 藤原幸三郎、日本映画データベース、2009年12月14日閲覧。

外部リンク[編集]