鈴木泉三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
鈴木 泉三郎
生誕 1893年5月10日
東京市赤坂区青山
(現在の東京都港区青山
死没 1924年10月6日 (満31歳没)
神奈川県中郡大磯町小千畳口
(現在の神奈川県中郡大磯町大磯)
出身校 旧制 四谷第二小学校 卒業
旧制 大倉商業学校 卒業
国民英学会 卒業
職業

劇作家編集者


配偶者 あり

鈴木 泉三郎(すずき せんざぶろう、1893年5月10日 - 1924年10月6日)は、日本の劇作家編集者である。豊島屋主人(としまやしゅじん)、伊豆 巳三郎(いず みさぶろう)などの筆名ももつ。

人物・来歴[編集]

1893年(明治26年)5月10日東京市赤坂区青山地区(現在の東京都港区北青山南青山)に生まれる[1]四谷区左門町(現在の新宿区左門町)にあった旧制・四谷第二小学校(現新宿区立四谷第六小学校)を卒業後、四谷銀行に入社、その傍ら、当時、同市同区葵町3丁目(現在の港区虎ノ門2丁目)にあった旧制・大倉商業学校(現在の東京経済大学)夜間部に通い、卒業する[1]。が同市神田区錦町3丁目(現在の千代田区神田錦町)にあった国民英学会に進む。

作家の水野葉舟に入門し、1913年(大正2年)、20歳のときに三越呉服店(現在の三越)の募集した懸賞脚本に入選[1]松居松葉(のちの松居松翁)に認められ、松居の推薦で岡村柿紅に入門する。1914年(大正3年)、共同火災保険(現在のあいおいニッセイ同和損害保険の前身のひとつ)に入社している。

1916年(大正5年)、23歳のころ、岡村柿紅の勧めで、共同火災保険を退職、化粧品メーカー伊東胡蝶園が経営する出版社「玄文社」に入社、岡村が主筆をつとめる雑誌『新演芸』の編集に携わる[1]。その傍ら、戯曲『八幡屋の娘』、『ラシャメンの父』、『美しき白痴の死』等を発表した。1919年(大正8年)、結婚する。1922年(大正11年)春から病み、臥床につく。『次郎吉懺悔』が、1923年(大正12年)2月、六代目尾上菊五郎が上演し、好評となる[1]。同年9月1日の関東大震災で首都は壊滅、玄文社は解散した[1]

1924年(大正13年)10月6日、病気療養中の仮住まいであった神奈川県中郡大磯町小千畳口(現在の同町大磯)で死去した[1]。満31歳没。逝去に先立つ同年8月、『演劇新潮』(文藝春秋社)に発表した『生きてゐる小平次』が絶筆となったが、これが代表作とされ、近代戯曲史上の名作とされる[1]。作品は、虚無的で無気味な雰囲気をたたえつつも、人間の真髄を描き出しているものが多いとされる[1]。戯曲を原作に映画化が行なわれたが、『八幡屋の娘』を除けば、すべて没後であった。

ビブリオグラフィ[編集]

  • 俳優評伝『左団次の巻』(「豊島屋主人」名義、玄文社、1918年)
  • 鈴木泉三郎戯曲集『ラシヤメンの父』 (玄文社、1920年5月)
  • 劇作家協會編『現代戲曲大觀』 (新潮社、1922年)
  • 現代脚本叢書 第11編『次郎吉懺悔 外四篇』 (新潮社、1923年)
  • 読物文芸叢書 第10篇『お伝地獄』 (春陽堂、1925年) - 以降没後出版
  • 鈴木泉三郎戯曲全集 (プラトン社、1925年)
  • 現代戯曲全集 第19巻『郡虎彦・鈴木泉三郎』 (国民図書、1928年)
  • 火あぶり (プラトン社、1928年2月)
  • 現代日本文学全集 92『現代戯曲集』 (筑摩書房、1958年) - 秋田雨雀ほか
  • 名作歌舞伎全集:第20巻、第25巻『新歌舞伎集』 (東京創元新社、1969年)

フィルモグラフィ[編集]

関連事項[編集]

参考文献[編集]

  • 鈴木泉三郎『鈴木泉三郎戯曲集』、プラトン社、1925年
  • 大山功『近代日本戯曲史』、第2巻 大正篇、近代日本戯曲史刊行会、1969年

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i コトバンクサイト内の記事「鈴木泉三郎」の記述を参照。