セイント 天国野郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

セイント 天国野郎』(セイント てんごくやろう、原題:The Saint)は、1962年から1969年までイギリス・ITCで制作され、ITVで放送されたテレビドラマ。全6シーズン、118回。

レスリー・チャータリスの冒険小説のテレビドラマ化[1]。主演はロジャー・ムーア

オープニング・ナレーションは、「東にスパイあれば飛んで行って国際陰謀を裁き、西に正体不明の怪獣出れば鮮やかな科学捜査でねじ伏せる。警察なんかてんでお呼びじゃない。でも美人だったら大歓迎。粋でスマートで腕力はめっぽう強く、事件の現場に残す天使のいたずら書き。だから人呼んで天国野郎。それが現代のヒーロー、サイモン・テンプラーだ。」

日本では、カラー版が1965年2月15日から10月11日まで日本テレビで放映された(全30回)。その後、モノクロ版を毎日放送が「ヨーロッパ秘密命令」のタイトルで放映した。

あらすじ[編集]

善人からは盗まず、悪をくじく活躍を見せ、犯行現場には指紋一つ残さない代わりに、12人の使徒の落書きを残すため、通称“セイント”=聖者と呼ばれる神出鬼没の大怪盗サイモン・テンプラーが世界を股にかけて活躍する。

キャスト[編集]

主演のロジャー・ムーア(左)。

続編・リメイク[編集]

1978年から1979年まで、続編『テンプラーの華麗な冒険』(Return of the Saint)が制作された(全24回、日本でのテレビ放映はテレビ東京)。ただし、主演はロジャー・ムーアではなく、イアン・オギルビーがつとめた。

1997年には、フィリップ・ノイス監督、ヴァル・キルマー主演でリメイク映画『セイント』が制作された。

2017年には、サイモン・ウェスト監督、エリザ・ドゥシュク等が出演、ロジャー・ムーアが関わるリメイク作品『ザ・セイント』も制作された。

脚注[編集]

  1. ^ Leslie Charteris Dies; Mystery Writer Was 85”. The New York Times (1993年4月18日). 2015年10月9日閲覧。

外部リンク[編集]