W/ダブル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
W/ダブル
The Stepfather
The Stepfather logo.jpg
監督 ジョセフ・ルーベン
脚本 ドナルド・E・ウェストレイク
原案 ドナルド・E・ウェストレイク
キャロリン・レフコート
ブライアン・ガーフィールド
製作 ジェイ・ベンソン
出演者 テリー・オクィン
音楽 パトリック・モラーツ
撮影 ジョン・W・リンドレー
編集 ジョージ・バワーズ
製作会社 ITC Productions[1]
配給 アメリカ合衆国の旗 New Century Vista Film Company[1]
日本の旗 東映クラシック
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年1月23日
日本の旗 1988年12月3日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $2,488,740[2]
次作 ステップファーザー2/危険な絆
テンプレートを表示

W/ダブル』(原題:The Stepfather)は、1987年制作のアメリカ合衆国スリラー映画

自分の夢見る理想の家族像を掲げ、それが破綻をきたした途端に一家を皆殺しにする殺戮を繰り返す殺人鬼を描いたサイコスリラー映画。原題の意味は「継父」。

ジョン・リスト事件をモチーフに[3]ドナルド・E・ウェストレイクブライアン・ガーフィールドが原案、ウェストレイクが脚本を執筆、ジョセフ・ルーベン監督。主演のテリー・オクィンの出世作。シリーズ化されて全3作が制作され、2009年にはリメイクされた(『ステップファーザー 殺人鬼の棲む家』)。

日本でのDVDタイトルは『W/ダブル ステップファーザー』。

あらすじ[編集]

ある朝、ある町のとある一軒の家。中で1人の男が身支度をしている。リビングルームにはその家の家族の血まみれの死体が転がっていた。男は身支度を済ませると、その家を出た。

1年後、別の町。シングルマザーのスーザンとステファニー母娘の家に、不動産会社に務めるジェリー・ブレイクという男がステップファーザー(継父)としてやってきた。スーザンは優しい彼を信頼していたが、ステファニーは彼になじめず、不信感を抱いていた。

そんなある日、ステファニーはふとしたことからジェリーに不審を抱く。一方、ジェリーは自分の身辺をかぎ回り、素性に気づいた者たちを口封じに次々と殺していく。

そしてステファニーは、ついにジェリーの恐るべき素性を知る。彼は理想の家族を求め、もし一家の中にその彼の理想に反する者がいれば、家族を皆殺しにするという殺戮を繰り返す狂気の殺人鬼だったのだ。

そしてステファニーの反抗をきっかけに、スーザンとステファニーにもついにジェリーの魔の手が迫ってきた。しかし、2人は果敢に反撃し、ジェリーを返り討ちにするのだった。

キャスト[編集]

評価[編集]

続編・リメイク[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]