決死圏SOS宇宙船

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
決死圏SOS宇宙船
Doppelgänger
監督 ロバート・パリッシュ
脚本 ジェリー・アンダーソン
シルヴィア・アンダーソン
ドナルド・ジェームズ
原案 ジェリー・アンダーソン
シルヴィア・アンダーソン
製作 ジェリー・アンダーソン
シルヴィア・アンダーソン
音楽 バリー・グレイ
撮影 ジョン・リード
編集 レン・ウォルター
公開 イギリスの旗 1969年10月8日
上映時間 102分
製作国 イギリスの旗 イギリス
言語 英語
テンプレートを表示

決死圏SOS宇宙船』(原題: Doppelgänger、米題: Journey to the Far Side of the Sun)は、1969年イギリスジェリー・アンダーソンが作った特撮映画であり、それまでスーパーマリオネーションを用いていたアンダーソンが、初めて人間の俳優を使った(これをライブアクションと呼ぶ)作品である。日本では劇場公開されず、1972年8月6日にNETテレビ日曜洋画劇場」でテレビ放映された。尚、当時の録音台本では『宇宙太陽系大征服』となっている[1]。 また、日曜洋画劇場の公式HPでは『太陽系宇宙大征服』とも書かれているが[2]、この題名が使われた記録はない[3]


ストーリー[編集]

太陽系内、地球の周回軌道上に、太陽を挟んで点対象位置の位置に惑星が存在する事が判明した。調査のためロス大佐は宇宙ロケットで発進したが、目的の惑星に着陸する寸前に墜落して負傷、意識を失う。程なく意識を取り戻した時、自分は地球にいて、上司や妻に何故地球に戻って来たのかを問われる始末。しかしどこかが発進前と違う…ロス大佐は文字を見た途端、異変に気付く。

作品史[編集]

エド・ビショップ(後に『謎の円盤UFO』でストレイカー司令官を演じる)をはじめ「UFO」出演者の多くが端役で出演している他、ミニチェアや衣装、車両等も「UFO」に引き継がれたものが多い。

なお、この「微妙に異なるもう一つの地球は、太陽を挟んで点対象位置にある為、通常は見えない」という基本設定は反地球と呼ばれるもので、SFでは古典的なアイデアの一つである。

原題はドイツ語Doppelgänger で、日本でもドッペルゲンガーとして知られるものであり、作品内容を暗示している。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え(初放送1972年8月6日 NETテレビ日曜洋画劇場』)

スタッフ[編集]

参照[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ DVDブックレットより、「『決死圏SOS宇宙船』と名づけられた日」
  2. ^ 日曜洋画劇場 過去のOA作品”. 2014年3月1日閲覧。
  3. ^ wikiの罪8(DVD担当者のツイート)”. 2014年3月1日閲覧。


外部リンク[編集]