スーパーガール (架空の人物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スーパーガール(Supergirl)は、DCコミックスが出版するアメリカン・コミックスに登場する架空の人物。

スーパーガール
SDCC13 - Supergirl (9345259749).jpg
スーパーガールのコスプレ
出版の情報
出版者 DCコミックス
初登場 Superman #123(1958年8月)
クリエイター オットー・ビンダー
アル・プラスティーノ
作中の情報
本名 カーラ・ゾー=エル
種族 クリプトン人
所属チーム ジャスティス・リーグ
ティーン・タイタンズ
パートナー スーパーマン
スーパーボーイ
バーバラ・ゴードン
ワンダーガール
著名な別名 リンダ・リー・ダンバース
リンダ・ラング
カーラ・ダンバース
能力 高い耐久力と怪力とスピード
飛行能力
透視能力
ヒートビジョン
スーパーブレス

概要[編集]

1958年8月の『スーパーマン』#123においてジミー・オルセン (Jimmy Olsenがお土産に持ち帰った魔法のトーテムによってスーパーガールを作り出している[1]

1959年5月の『Action Comics』#252でカーラ・ゾー=エルとしてのスーパーガールが初登場した[2]。オットー・ビンダーとアル・プラスティーノによって創造された。

人物[編集]

本名はカーラ・ゾー=エル (Kara Zor-El)。クリプトンの崩壊を生き残ったスーパーマンの従妹。

クリプトン崩壊後、宇宙を漂うドーム都市として生き残ったアルゴシティで生まれ育った。そのアルゴシティが隕石群にぶつかり、地下のクリプトナイトが露出して市民が全滅の危機に陥った時、両親の計らいで従兄・スーパーマンのいる地球へと小型ロケットで脱出した。

当初は孤児リンダ・リーとして暮らしつつスーパーガールとして活動するが、後にダンバース夫妻に引き取られ、リンダ・リー・ダンバースを名乗る。実の両親は、アルゴシティ崩壊後異次元空間に逃れ地球に来ても実体化できずにいたが、優秀な電気技師であるリンダの養父ダンバースの協力で実体を取り戻すことができた。やがて、二組の両親に愛されつつ大学を卒業したリンダは高校のカウンセラーとして働きながら、スーパーガールとしての活動を続けていく。

ストリーキー(Streaky the Supercat)という名前の猫を飼っている[3]

その他のスーパーガール[編集]

「アース1」のカーラ・ゾー=エル以外のスーパーガール。

パワーガール (Power Girl)
『All Star Comics』#58[4]で初登場。別世界「アース2 (Earth-Two」のスーパーガール。
立場は、スーパーガールとほとんど一緒で、こちらもスーパーマン(「アース2」のスーパーマン)のいとこという設定で、本名もカーラ・ゾー=エル。
JLAの初代議長で、アトランティスの魔術師エイリオンの孫。
マトリックス (Supergirl (Matrix))
『Superman(vol. 2)』#16で初登場。異次元世界で悪のクリプトン人に対抗するために作られた人造生命体。

脚注[編集]

  1. ^ Superman #123
  2. ^ スーパーガール キャラクター”. 2017年閲覧。...
  3. ^ DC Super-Pets Character Encyclopedia”. 2013年7月1日閲覧。
  4. ^ All Star Comics #58

外部リンク[編集]