碧志摩メグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
碧志摩 メグ
AOSHIMA MEGU
対象
モチーフ 海女
デザイン MARIBON
指定日 2014年12月9日
指定者 志摩市
性別
身長 158cm
体重 46kg
公式サイト ama-megu.com/
テンプレートを表示

碧志摩 メグ(あおしま メグ)は、三重県志摩市をPRするための海女をモチーフとした萌えキャラクターである[1][2][3][4][5][6][7][8]

日本一の海女を目指す17歳の女の子との設定である[9]

キャラクターボイス(CV)、声優として三重県出身のみかこしこと、小松未可子(こまつみかこ)が務める。

かつては、志摩市が公認した[10][9]キャラクターだったが、諸事情により現在は非公認としている(後述)。元バイクレーサー浜口喜博の妻が代表を務める株式会社マウスビーチがキャラクター制作を行った[11][12]。志摩市には碧志摩メグの公認以前から活動している海女のPRキャラクターしまこさんもいる[13]

概要[編集]

浜口喜博がレーサーとしてのデビュー戦を飾ったのが志摩市の合歓の郷であったことから、志摩市への恩返しとしてキャラクターを手掛けた[12]。浜口喜博の妻である濵口幸子が代表を務める四日市市の企業・マウスビーチが制作し、志摩市が公認した[12]。プロフィールはマウスビーチが志摩市と意見交換しながら設定した[14]

マウスビーチはこれに合わせて、「マリボン事業部」というアニメ制作部門を立ち上げ有限会社MARIBONを設立した[14]。また志摩市の公式ウェブサイトでは、制作の経緯について以下のように記している[15]

三重県出身の元レーサー、現HAMAGUCHIレーシングTEAM監督の浜口喜博さんの呼びかけで、今やクールジャパンとして国策となっている日本の“萌え”文化を通じ、志摩市の観光PR・海女PR・地元愛につなげるべく、志摩市公認海女キャラクターを作成しました

2014年11月1日にキャラクターが公開され、名前の公募が始まった[16]。そしてマウスビーチと志摩市観光戦略室が選考を行い、2014年12月9日に浜口喜博が志摩市役所で発表した[12]アメリカ合衆国メキシコ合衆国など日本国内外から寄せられた2,000件の中から京都府京都市の男性が名付けた「碧志摩メグ」が選ばれた[12]名字の「碧志摩」は志摩市の青い海、名前の「メグ」は海の恵みにちなんでいる[10]。翌12月10日に碧志摩メグの公式サイトが設立された[10]。将来は日本国内のみならず、スペインタイインドネシアへの展開を計画している[9]

2016年2月3日萌えキャラ学会の正会員となった。

批判と市の公認撤回[編集]

現役の海女を含む一部の市民は、キャラクターの描写が性的で女性蔑視に当たり海女の信仰心を踏みにじっているとして、市に公認の撤回や市内に掲示しているポスターやパネルの撤去、碧志摩メグを使用したイベントなどの企画の停止を要求し、309人分の署名を提出[17][18][19][20][21][22]明日少女隊は公認撤回を求める署名運動をChange.orgで展開、7,814人の賛同を得た[23][24]。これに対し、浜口喜博は「批判は一つの意見として受け止めている。地域の活性化、若者の海女への関心を持ってもらうことなどを考えたデザイン」と述べ、志摩市はその時点で公認を外すつもりはないとしていた[17]。また、それと時同じくして、一部市民によるキャラクターの市の公認の維持や、キャラクターのプロモーション企画を支持する活動も行われていた[25]。2015年第3回定例会の9月8日第3号で竹内千尋(無所属、しま)、9月10日の第4号で濵口三代和(無所属、志成会)からの質問もされた[26][27][28][29]。 しかし、2015年11月5日、マリボン事業部側からの申出により志摩市はキャラクターの公認を撤回する旨を発表した[30]。同日、マリボン事業部側は公式サイトにて「本当に全ての海女の方々が反対であるならば企画の停止も考えた」としながらも、2015年9月30日に地元の海女の代表24人との話し合いを通じて7割近くの賛同を得たことからデザインを変更せずに非公認キャラクターとして企画を継続していく旨を発表した。後の2015年10月29日に中日新聞に掲載されたアンケートではデザインについて69.2%が問題ない、志摩市が「公認」したことについて70.1%が問題ないと回答している。[31][32][33]

プロフィール[編集]

身長158cm体重46kg血液型O型の17歳の女の子である[16][34]誕生日7月20日[35]。好物は手こね寿司お菓子[16]、好きな色は赤と白、好きな場所は横山展望台ともやま公園[35]。ボーイフレンドを募集している[34][35]

海女として[編集]

祖母が海女であり、自身も「可愛くておしゃれな海女」を目指している[16]。将来の夢は日本一の海女になることである[9]。頭に水中メガネを付けているが、白の磯頭巾はかぶっていない。手に磯桶を持っている[16]。海女であるが、まださほど潜れない[35][36]。なお、両親はサラリーマンである[35]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 志摩市観光振興計画/志摩市ホームページ
  2. ^ 志摩市観光振興計画(案)
  3. ^ 志摩市観光振興計画(PDF:6.3MB)
  4. ^ 広報しま 平成26年度/志摩市ホームページ
  5. ^ 1月1日号(PDF:11.3MB)
  6. ^ 3月1日号(PDF:13MB)
  7. ^ 志摩の国チャンネルギャラリー/志摩市ホームページ
  8. ^ 平成27年4月16日~30日放送分「志摩の国チャンネル」 - YouTube
  9. ^ a b c d 林一茂 (2014年12月10日). “萌えキャラ名前公募:「碧志摩メグ」に決定 17歳の海女”. 毎日新聞. 2014年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月21日閲覧。
  10. ^ a b c 市公認の萌えキャラ、名前は「碧志摩メグ」 三重・志摩”. 朝日新聞 (2014年12月10日). 2014年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月21日閲覧。
  11. ^ 株式会社マウスビーチ - HAMAGUCHI Racing Team -
  12. ^ a b c d e 丸山崇志 (2014年12月10日). “志摩・海女萌えキャラ 「碧志摩(あおしま)メグ」に名前決定”. 中日新聞. 2014年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月21日閲覧。
  13. ^ 「しまこさん」の活動/志摩市ホームページ
  14. ^ a b 丸山崇志 (2014年10月31日). “海女文化発信へ萌えキャラ 志摩に登場、名前付けてね”. 中部ご当地キャラニュース. 中日新聞. 2014年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月21日閲覧。
  15. ^ 真狩祐志 (2014年11月). “志摩市公認・海女萌えキャラクターが誕生!名前を一般公募します!”. 志摩市. 2014年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月21日閲覧。
  16. ^ a b c d e 三重)海女萌え〜 志摩市のご当地キャラ、名前を募集”. 朝日新聞 (2014年11月1日). 2014年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月21日閲覧。
  17. ^ a b “海女キャラ「女性蔑視」 志摩市に市民「公認撤回を」”. 中日新聞. (2015年8月13日). オリジナルの2015年8月13日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20150813230620/http://www.chunichi.co.jp/s/article/2015081390143152.html 2015年8月14日閲覧。 
  18. ^ 「萌えキャラは海女を侮辱」三重・志摩市に公認撤回要求 朝日新聞 2015年8月17日
  19. ^ 萌えキャラ:「碧志摩メグ」 市民「海女文化を傷つけた」 志摩市「公認外さない」 /三重 - 毎日新聞
  20. ^ 碧志摩メグに対する反対意見書要約(反対署名の当初からの発起人の方が4月に市に送ったもの): tentama
  21. ^ 碧志摩メグに対する反対意見書(反対署名の当初からの発起人が4月に市に送ったもの)への市側の回答書要約: tentama
  22. ^ 碧志摩メグについての改善参考提案: tentama
  23. ^ キャンペーン · 志摩市公認萌えキャラクター「碧志摩メグ」の公認撤回を求める署名活動 · Change.org
  24. ^ 明日少女隊 - 三重県志摩市公認萌えキャラクター「碧志摩メグ」の公認撤回を求める署名運動 まとめ
  25. ^ “三重県志摩市の萌えキャラの公認撤回を求めた署名は、表現手法に対する無理解と差別にもとづく偏見だと署名活動開始”. ねとらぼ. (2015年8月29日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1508/29/news033.html 2015年8月30日閲覧。 
  26. ^ 平成27年第3回定例会(第3号 9月 8日)
  27. ^ 平成27年第3回定例会(第4号 9月10日)
  28. ^ 議会だより/志摩市ホームページ
  29. ^ •2015.11 第44号(PDF:5.7MB)
  30. ^ 色っぽ過ぎる海女キャラ「碧志摩メグ」公認を撤回…海女さん309人署名 作者申し出 三重県志摩市 産経新聞 2015年11月5日
  31. ^ 中日新聞 2015年10月29日 25面、2015年10月23日~2015年10月26日実施 中日プラス会員927人の回答
  32. ^ 碧志摩メグさんはTwitterを使っています: "今日の中日新聞 三重版にメグが登場してたに!^ ^ https://t.co/51nc3ZF9C9"
  33. ^ 公認撤回を申出『碧志摩メグ』についてプレスリリース 碧志摩メグ公式サイト 2015年11月5日
  34. ^ a b 三重県志摩市に『海女萌えキャラクター』誕生-名前とボーイフレンド募集してるぞ!”. おたくま経済新聞 (2014年11月11日). 2014年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月21日閲覧。
  35. ^ a b c d e 志摩市公認の「海女」萌えキャラのレベルが高い”. Jタウンネット三重県. J-CAST (2014年11月10日). 2014年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月21日閲覧。
  36. ^ 志摩市公認の海女萌えキャラ誕生 実はさほど潜れない”. ねとらぼ. ITmedia (2014年11月13日). 2014年12月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]