マーラ・ウィルソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マーラ・ウィルソン
Mara Wilson
Mara Wilson
本名 Mara Elizabeth Wilson
生年月日 (1987-07-24) 1987年7月24日(34歳)
出生地 カリフォルニア州
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 女優
舞台女優
脚本家
声優
作家
ストーリーテラー
ジャンル 映画
舞台
テレビドラマ
活動期間 1993年 - 現在
公式サイト Mara Wilson Writes Stuff
主な作品
ミセス・ダウト
34丁目の奇跡
マチルダ
テンプレートを表示

マーラ・ウィルソンMara Wilson、本名:Mara Elizabeth Wilson1987年7月24日 - )は、アメリカ合衆国女優カリフォルニア州出身。

来歴[編集]

1987年、カリフォルニア州にて5人兄弟の長女として生まれる。(3人の兄と妹が1人)。[1]。TV出演をしていた1番上の兄に刺激を受け、4歳頃から同じエージェントに所属しTVのCMに出演。6歳の頃、ロビン・ウィリアムズ主演のコメディ映画『ミセス・ダウト』のオーディションに合格して映画デビュー。1994年公開の『34丁目の奇蹟』への出演の他、TVドラマにも多く出演して名子役として名を知られるようになる。

映画初主演作となった1996年公開のコメディ映画『マチルダ』で主人公の天才少女マチルダ役を演じ、1997年度ヤングスターアワードの最優秀コメディ部門の女優賞を受賞した。また、同作は同年の2月に日本公開されており、天真爛漫なかわいらしい容姿と豊かな演技力で話題を呼んだ。

2000年公開の「きかんしゃトーマス 魔法の線路」を最後に映画への出演は途絶えており、2012年頃に「舞台に立ったりボイスオーバーの仕事を受ける可能性はある」と前置きした上で、映画俳優として活動する意志がないことを公にした。[2][3]。その後は主に作家としての活動に専念しており、脚本や小説などを執筆している。

2013年、子役デビューから引退までの裏側を綴った自伝本「Where Am I Now? True Stories of Girlhood and Accidental Fame」を出版した。

2015年、15年ぶりに女優業に復帰し、アメリカのコメディドラマ映画「Billie Bob Joe」に出演した。

2016年に自身のツイッターにて、自身の性的志向について言及し「前はだいたいストレートと自認していたけど、最近はバイセクシャル/クィアという分類を受け入れている」[4]と語った。

2017年にファッション雑誌「ELLE」に寄稿し、自身の体験を引き合いに出して「子役たちが性的に搾取されている」として警鐘を鳴らした。 [5]

主な出演作品[編集]

映画作品
舞台
  • ミュージカル「シンデレラ」(2005)
TV映画
  • A Time to Heal (1994)
  • Balloon Farm (1999)
TVドラマ
  • Pear (1996)
  • Melrose Place (1994)
  • Batman Beyond (1999)
インターネット番組
  • The Nostalgia Critic (2012)
  • Nostalgia Chick (2012)
  • Demo Reel (2012)
  • Shut Up and Talk (2012)
  • Missed Connection (2012)

受賞歴[編集]

1997年度ヤングスターアワード最優秀コメディ部門女優賞‐マチルダ(1996) マチルダ役

著書[編集]

  • Where Am I Now? True Stories of Girlhood and Accidental Fame(2013)

備考[編集]

  • 1996年の映画『マチルダ』の撮影中に母親を乳がんで亡くし、作品は母へと捧げられた。
  • 映画デビュー作となった「ミセス・ダウト」で共演したロビン・ウィリアムズが2014年8月15日に死去した際には大きなショックを受けたといい、ブログで弔意を表すると共に心境を綴っている。[6]
  • 「ミセス・ダウト」で家族役で競演した役者たちを続投させての続編制作の話が持ち上がっていることについては否定的であり、出演するつもりは一切ないとの旨をメディアに伝えている。[7]

参照[編集]

  1. ^ Mara Wilson at the Internet Movie Database
  2. ^ Child Star Mara Wilson: Why I Quit Film Acting
  3. ^ Are You Still Acting?”. MaraWilsonWritesStuff.com. 2012年3月19日閲覧。
  4. ^ FRONT ROW 2018年5月6日「35歳以下のLGBT+の海外セレブ35人を大特集」
  5. ^ GURLz 2017年11月16日「ミセス・ダウト」子役マーラ・ウィルソンが、ハリウッドに警鐘! 「子役のカラダについての語らいは性的搾取」
  6. ^ 『『ミセス・ダウト』娘役、ロビンさんをしのぶ』シネマトゥディ2014年14時20分
  7. ^ 『ロビン・ウィリアムズ主演の『ミセス・ダウト』の続編発表に元子役たちからは賛否両論』シネマ・トゥディ2014年4月20日

外部リンク[編集]