マルゲリータ・ディ・サヴォイア=ジェノヴァ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マルゲリータ
Margherita
サヴォイア=ジェノヴァ家
Regina-margherita.jpg
称号 イタリア王妃
全名 Margherita Maria Teresa Giovanna
マルゲリータ・マリーア・テレーザ・ジョヴァンナ
出生 (1851-11-20) 1851年11月20日
Flag of Kingdom of Sardinia (1848).svg サルデーニャ王国トリノトリノ王宮、パラッツォ・キアブレーゼ
死去 (1926-01-04) 1926年1月4日(満74歳没)
イタリア王国の旗 イタリア王国ボルディゲーラ
埋葬 イタリア王国の旗 イタリア王国ローマパンテオン
配偶者 ウンベルト1世
子女 ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世
父親 フェルディナンド・ディ・サヴォイア=ジェノヴァ
母親 エリザベッタ・ディ・サッソニア
テンプレートを表示

マルゲリータ・マリーア・テレーザ・ジョヴァンナ・ディ・サヴォイア=ジェノヴァイタリア語: Margherita Maria Teresa Giovanna di Savoia-Genova,1851年11月20日 - 1926年1月4日)は、サヴォイア家王族サヴォイア=ジェノヴァ家出身で、本家にあたるサヴォイア=カリニャーノ家の当主であるイタリア王ウンベルト1世と結婚(従兄妹婚)してイタリア王妃となった。兄弟には父の爵位を継いだ第2代ジェノヴァ公トンマーゾがいる。

生涯[編集]

1851年11月20日サヴォイア=ジェノヴァ家の初代当主ジェノヴァ公フェルディナンドと、ザクセン王女エリーザベト・フォン・ザクセン(エリザベッタ)の長女として、サルデーニャ王国の首都トリノに生まれた。

マルゲリータの叔父ヴィットーリオ・エマヌエーレ2世はサヴォイア家の当主としてサルデーニャ・ピエモンテ王の地位にあったが、リソルジメントを経てイタリア王に即位した。叔父の跡継ぎである従兄弟のピエモンテ公ウンベルト1世は当初テシェン公女マティルデ・フォン・エスターライヒと婚約していたが、マティルデが急死して結婚は延期になってしまった。王太子の結婚を急ぐ叔父エマヌエーレ2世はサヴォイア家同士での近親婚に踏み切り、長男ウンベルトと姪マルゲリータを婚約させた。

1868年4月21日、従兄弟ウンベルトとの結婚式が行われ、彼女の称号はジェノヴァ公女からピエモンテ公妃となった。翌年には長男が生まれてヴィットーリオ・エマヌエーレと名付けられ、祖父からはナポリ公の爵位が与えられた。マルゲリータが病弱であった事などから、ナポリ公ヴィットーリオは夫妻の間に唯一生まれた子となった。

1878年1月9日、叔父の死に伴い夫ウンベルト1世がイタリア王を継承し、マルゲリータもイタリア王妃となった。王妃として芸術文化の支援や慈善活動に熱意を注ぎ、庶民から広く敬愛された。食生活でも貴族より庶民の食事であるピザを好み、中でも王妃が気に入っていたレシピは「マルゲリータ・ピッツァ」として知られている。ピザが広く愛好されている日本でも「ピザの記念日」は、王妃マルゲリータの誕生日に由来する11月20日とされている。

1900年7月29日、ウンベルト1世が無政府主義者のガエタノ・ブレーシによって暗殺され、長男であるナポリ公ヴィットーリオはイタリア王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世として即位、マルゲリータは王太后となった。夫を失う悲劇を味わったものの、その翌年には息子エマヌエーレ3世とモンテネグロ王女エレナ・デル・モンテネグロとの間に長女イオランダ・マルゲリータ・ディ・サヴォイアが生まれ、初孫を授かった。

1926年、ボルディゲーラ(現在のイタリア共和国リグーリア州インペリア県)で病没し、夫が眠るローマパンテオンに埋葬された。

子女[編集]

1868年4月21日、従弟のイタリア王ウンベルト1世と結婚し、1子をもうけた。

関連項目[編集]