ジョニー・アップルシード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Image from Howe's Historical Collection

ジョニー・アップルシードJohnny Appleseed1774年9月26日-1845年3月18日。本名ジョン・チャップマン John Chapman)は、アメリカ合衆国初期の開拓者の1人であり、実在した人物である。西部開拓期の伝説的人物の1人として、現在もさまざまな逸話や伝説で語り継がれている。

マサチューセッツ州レミンスターに生まれた彼は、成人するとリンゴの種を携えて西部の開拓地一帯(当時の西部なので、現在のアメリカ東部から中西部に当たる)を回り、エマヌエル・スヴェーデンボリの著書を手に新エルサレム教会英語版の教えを説きながら、オハイオ州インディアナ州にリンゴの種を植えて回ったという[1]

ヘンリー・ハウ英語版の著作物には、以下のようなエピソードが記されている。

  • コーヒー豆用の麻袋外套として着用していた。
  • 壊れた鉄製の粥鍋を帽子代わりにしていた。
  • 裸足で町を歩き巡った。

彼は質素で親しみやすい人柄と行為によって多くの人に慕われ、死後も開拓者精神を代表する人物として数多くの逸話や伝説が残っており、現在も小説等の題材に取り上げられ、親しまれている。

1948年に公開されたディズニー製作のオムニバス・アニメ映画『メロディ・タイム』の1編に「リンゴ作りのジョニー (The old settler Johnny Appleseed and Johnny's angel)」があり、ジョニー・アップルシードを主題としている。この映画ではスヴェーデンボリの著書ではなく、単に聖書としている。また、「ジョニー・アップルシードの伝説」が広まるにつれ、ジョニーの歩いたエリアはペンシルベニア州オハイオ州インディアナ州イリノイ州ケンタッキー州と拡がっていった。

アメリカ合衆国では、ジョニー・アップルシードの忌日として広まった3月11日誕生日9月26日は「ジョニー・アップルシードの日」として記念日となっている。

ギャラリー[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 「JOHNNY APPLESEED: A VOICE IN THE WILDERNESS」 WILLIAM ELLERY JONES、2000年、ISBN 978-0877853046

外部リンク[編集]