いちご大福

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いちご大福

いちご大福(いちごだいふく)は、昭和後期に考案された和菓子で、大福餅のうちとともにイチゴ果実が包み込まれたもの。見出し語の書き方以外に、イチゴ大福苺だいふくなどいくつかの表記がある。

特徴[編集]

餡については、赤い小豆餡を使う地域と白餡を使う地域に大別される。また、餡を使わずに苺のみを入れるものや、苺と生クリームを入れるものなどがあり、多様性に富む。生鮮食品であるイチゴ果実を使用するため、冬から春にかけての季節限定商品として売り出されることが多い。イチゴから次第に水気が出て餡が水っぽくなったり、水気が餅から漏れ出したりしやすいことから、比較的日持ちが短い。

歴史[編集]

比較的近年に登場したにも関わらず、発祥を巡っては様々な説が存在し、全国各地で多くの店が元祖であることを表明しているが、いずれも定かではない。

「元祖」を名乗る和菓子屋は、東京都新宿区住吉町「大角玉屋」(商品名は「いちご豆大福」[1])、東京都板橋区「一不二」、群馬県前橋市「金内屋」、三重県津市「とらや本家」、三重県伊賀市「欣榮堂」、滋賀県大津市「松田常盤堂」など多数存在するが、昭和後期になって登場した新しい商品であることは間違いない。

いちご大福の製造法の特許を保有しているのは「大角玉屋」[1]。また「一不二」は実用新案登録164058号を取得している。

1987年のTBS「ザ・ベストテン」で、司会の黒柳徹子が番組中に「近頃いちご大福って物が登場したんですが」と話題にして、正月のこたつセットで歌い終わった歌手達に振る舞っている。

果物などを使った大福としては、他にも、栗大福(と大福)、ぶどう大福、オレンジ大福、ピーチ大福(と大福)、メロン大福、ブルーベリー大福、柿大福、トマト大福などがあり、栗大福以外はいちご大福以降に出たバリエーションである。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b いちご大福”. (公式ウェブサイト). 大角玉屋 (2007年). 2012年4月5日閲覧。

関連項目[編集]