フーガス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
フランスパンのフーガス
フーガスに様々な材料を載せても売られている。

フーガスフランス語: Fougasse=フガッス)は、通常フランスプロヴァンス地方に関連するパンで、小麦に似たパターンにしているのが特徴であるが[1]、他の地域でも多少違う形でも見られる。

歴史と語源[編集]

古代ローマでは、パニス・フォキウス(panis focacius)は炉床の灰で焼かれた平たいフラットブレッドであった(ラテン語でフォクスfocusは炉床の意味)[2]。これが後に、イタリアフォカッチャ、スペインのホガザ(hogaza)、フランス・プロヴァンス地方のフーガス(元々はfogatza)になったと言われる。このプロヴァンス版には、オリーブチーズニンニクアンチョビなど、トマト以外が追加されている場合が多い。

フランス料理[編集]

パンが平たいので、これを折りたたんで作ったポケットの中にチーズと小さな角張ったベーコンの切れを入れてフランス版カルツォーネを作る行われている。他のバリエーションには、ドライフルーツロックフォール・チーズナッツオリーブシェーブルチーズ(山羊のチーズ)を加えることもある。

脚注[編集]

参照項目[編集]

外部リンク[編集]