ずんだ餅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
ずんだ餅

ずんだ餅(ずんだもち または づんだもち)は、すりつぶした枝豆を餡に用いる餅菓子で、南東北、特に宮城県を中心にした地域の郷土菓子。他にじんだ(ん)餅ずんだん餅ぬた餅(以上東北地方)、ばんだい餅栃木県)などとも呼ばれる。東北方言では「ずんだもづ」「ぬだもづ」などと発音される。
現在においては「牛たん笹かまずんだ餅」の「三大仙台名物」の一角となっている。

仙台藩伊達藩)領である宮城県を中心に岩手県南部(一関市周辺)、福島県北部(相馬市周辺)及び山形県(米沢市周辺)で「ずんだ餅」もしくは「じんだ餅」の名称で伝わり、それらに接する秋田県南部、および関東地方栃木県北西部などにも似た料理が伝わっている。
材料・製法の似た菓子に大阪泉州河内くるみ餅(あぜ餅)がある。

かつてはお盆お彼岸の時期に米農家などで作られるもので、一部の餅店、団子屋で季節商品化されてはいたが、仙台の(株)黄金食品・仙台藩名物ずんだ餅本舗が「冷凍ずんだ餅」を開発し、郵便局のふるさと小包を利用したお取り寄せ商品として販売を開始して以降、年間を通しても食べられるようになった。

その後追随する食品メーカーが増え、菓匠三全が「ずんだ茶寮」のブランドで仙台駅などでの販売を始めた頃には「仙台名物」の一角として一般にも認識されるようになった。

なお「ずんだ餡」には枝豆を使用するのが一般的だが、一部にエンドウインゲン豆を使用したものも販売されている。風味の違いに注意されたい。

ずんだ餡は餅以外にもパンやケーキ、乳製品などとの親和性が高く、近年和洋問わず様々な「ずんだスイーツ」が各社から発売されている。

名称の由来[編集]

「ずんだ餅」の名称の由来には諸説あり、その中で有力なものに「豆打餅説」と「陣太刀餅説」とがある。他に「甚太餅説」「ぬた餅説」などがある。

豆打餅説については、その製法から採られた「ずだもち(づだもち)」が訛ったものとされ、陣太刀餅説については戦の陣内において太刀で豆を切り刻んだ「じんだちもち」が訛ったものとされる。
いずれの説も決定的な証拠に欠けるものであるが、米農家に伝わってきたという点から「豆打餅説」に分があると思われる。(旧武家の数が少ないという事もあるが)

なおどちらの説においても「伊達政宗公が名付けた」とされる点が共通している。
伊達政宗公が関係する」という点でご都合主義的謳い文句に映るが、主に旧仙台藩領内において伝わってきたという歴史的事実がある以上、否定する証拠が無い。

作り方[編集]

枝豆を茹で、薄皮を剥いて潰し、砂糖食塩を混ぜてできたずんだ餡にまぶす。
一般的にはすり鉢などですり潰すが、包丁フードプロセッサなどで細かく切り刻むものもあり様々である。
餅と共にも水分を多く含むため長くはおけず、餡が乾いてしまうと餅も固くなり、風味が落ちる。
固くなってしまった場合は電子レンジで温めると柔らかくなるが、長く加熱し過ぎると餅が溶けてしまうので注意が必要である。

関連項目[編集]