我等の地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Maamme(フィンランド語)
Vårt land(スウェーデン語)
和訳例:我等の地

国歌の対象
 フィンランド

採用時期 1867年
試聴
テンプレートを表示

我等の地(われらのち、フィンランド語: Maammeスウェーデン語: Vårt land)はフィンランド国歌。楽曲がエストニアの国歌と同じである。

また、フィンランドにおいては第二の国歌としてジャン・シベリウス作曲のフィンランディアが知られている。

歌詞は詩人のユーハン・ルードヴィーク・ルーネベリにより、スウェーデン語で書かれた。ルーネベリの詞にパーシウス (Frederik Pacius) が曲をつけ、1848年5月13日に開かれた学生たちの春の祝典で初めて演奏された。

1863年に公用語がフィンランド語になると、パーヴォ・カヤンデルがフィンランド語に翻訳し、広く国民にも知られることとなる。フィンランド語バージョンはスウェーデン語版と意味はほとんど同じであるが、カヤンデルの訳にはフィンランドを意味する「Suomi(スオミ)」といった単語が用いられており、スウェーデン語版と意味が全く同じというわけではない。

1919年にこの曲は公式な国歌として制定された。国歌として歌われるのは1番と最後の11番の歌詞のみであり、基本的には他の番は歌わない。


歌詞[編集]

後半四行は繰り返す。

フィンランド語版

1.
Oi maamme, Suomi, synnyinmaa!
Soi sana kultainen!
Ei laaksoa, ei kukkulaa,
ei vettä rantaa rakkaampaa
kuin kotimaa tää pohjoinen.
Maa kallis isien.

2.
Sun kukoistukses kuorestaan
kerrankin puhkeaa;
viel' lempemme saa nousemaan
sun toivos, riemus loistossaan,
ja kerran laulus, synnyinmaa
korkeemman kaiun saa.

日本語訳(フィンランド語版を参照)

1.
おお我らの国、フィンランドよ、故郷の地よ!
その黄金の名を響かせよう!
谷も、丘も、
湖も浜辺も、愛されはしないだろう
この北の祖国のようには
我らの高貴な父祖の地のようには

2.
君の繁栄が殻を破り
いつしかは花咲かす
我らの愛でさらに高まる
この煌めき、希望、喜び
祖国よ、我らは愛国の歌を
高らかに歌わん!


スウェーデン語版

1.
Vårt land, vårt land, vårt fosterland,
ljud högt, o dyra ord!
Ej lyfts en höjd mot himlens rand,
ej sänks en dal, ej sköljs en strand,
mer älskad än vår bygd i nord,
än våra fäders jord!

2.
Din blomning , sluten än i knopp,
Skall mogna ur sitt tvång;
Se, ur vår kärlek skall gå opp
Ditt ljus, din glans, din fröjd, ditt hopp.
Och högre klinga skall en gång
Vår fosterländska sång.

日本語訳(スウェーデン語版を参照)

1.
我らの国、我らの国、故郷の地よ!
高貴なる言葉よ、響けや高らかに
空まで届く程の山々も
底深き谷間も、波打つ浜も
この北の祖国よりは愛されないだろう
我らの父祖の地よりは

2.
未だ芽を閉じている君の花は
その絆より実を結ぶ
見よ、私たちの愛でさらに高まる
君の光、輝き、喜び、希望が
そして、より高らかに響かせよう
私たちの愛国の歌を


外部リンク[編集]