プリンセスケーキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プリンセスケーキ
PrincessCake.jpg
緑色の小さなプリンセスケーキ
プリンセスケーキの概要
別名 プリンセストルタ、グロントルタ
種類 ケーキ
発祥地 スウェーデン
考案者 イェニー・オーケルストレム
主な材料 スポンジケーキホイップクリーム、ペイストリークリーム、マルチパン粉糖
ウィキメディア・コモンズ
テンプレートを表示
手作りのプリンセスケーキ

プリンセスケーキ英語: princess cake)、プリンセストルタスウェーデン語: prinsesstårta)は、ふわふわしたスポンジケーキカスタードクリームの層を交互に重ね、厚いドーム状のホイップクリームをのせ、薄く伸ばしたマルチパンを全体にかぶせてなめらかな丸い形に仕上げた伝統的なスウェーデンケーキである。プリンセスケーキの元のレシピには、一般に信じられている物とは裏腹に、ラズベリージャムは含まれていなかった。もしラズベリージャムが入っていたら、プリンセスケーキは伝統的にオペラケーキであると見なされ、ピンク色のマルチパンで覆われる(フランスコーヒー味のオペラケーキとは別のケーキである)。[1] 外側にかぶせるマルチパンは通常緑色であり、粉糖をまぶして、しばしばピンクのマルチパンのバラので装飾される。最初に出版されたレシピは、1930年代ヴェステルイェートランド公カール王子の娘たちの家政学教師だったイェニー・オーケルストレムによって著された『Prinsessornas Kokbok』(『王女様たちの料理書』)という料理本に初めて登場した。このケーキは当初、単にグレン・トルタ(grön tårta、緑色のケーキ)と呼ばれていたが、後にプリンセストルタ(プリンセスケーキ)と呼ばれるようになった。これは、カール王子の3人の娘、マルガレータ王女マッタ王女アストリッド王女が特にこのケーキを好んだからだと言われている[2]

バリエーション[編集]

マルチパンには緑色以外にも様々な色の物があり、青いマルチパンを用いたものはプリンストルタ(prinstårta、プリンスケーキ)、ピンクや赤のマルチパンを用いたものはオペラトルタ(operatårta)と呼ばれる。

脚注[編集]

  1. ^ Royal Dilemma: Why is the Princess Cake Green?” (2008年11月12日). 2013年12月19日閲覧。
  2. ^ Traditionsenlig tårtfrossa - Prinsessyra bäddar för prinsesstårtans vecka”. Cisionwire (2009年9月17日). 2010年10月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年12月19日閲覧。

関連項目[編集]