サヴァラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サヴァラン

サヴァラン (savarin) は、フランス焼き菓子

概要[編集]

ブリオッシュを切って紅茶味のシロップを染み込ませて冷やし、ラム酒キルシュをかけて生クリーム果物で飾りつけたもの、またはブリオッシュ生地を直径18 - 23センチメートルのドーナツ形の型に入れて発酵させてから焼き、キルシュ風味のシロップをしみ込ませたものである。

円形のサヴァランは、シロップをしみ込ませた後、上に熱したアンズジャムを刷毛で塗り、スライスアーモンド、果物やハーブの砂糖漬けマラスキーノ・チェリーアンゼリカなど)、イチゴラズベリーで飾る。中央の穴にはクレーム・シャンティイカスタード系のクリーム(フランジパーヌクレーム・サントノールなど)、または果物を詰める。中央に果物を詰める場合は、サヴァランの上部の飾りも果物にし、サヴァランの周りにも果物を盛りつける。

サヴァランに詰める果物には、次のようなものが適している。

元々はサントノーレの生みの親ともいわれるパティシエ、オーギュスト・ジュリアンの考案による菓子であり、「ババ」と呼ばれていたが、フランスの有名な食通、ブリア=サヴァランにちなみ改名された。しかし、フランスやベルギーの洋菓子店などでは、ババ・オ・ロム (baba au rhum) というのが一般的であり、これはポーランドスタニスワフ・レシチニスキクグロフにラム酒をかけて食したことから生まれた、アリ・ババという菓子に由来する[1]

バリエーション[編集]

サヴァラン・シャンティイ (savarin chantilly)
クレーム・シャンティイを詰めたサヴァラン。
プティ・サヴァラン (petit savarin)
直径5.5 - 10センチメートルの小型のサヴァラン。中央の詰め物はしないこともある。中央に詰めものをしたプティ・サヴァランをデザート皿にのせて供する予定がない場合は、薄く焼いた円形のサブレにアンズジャムを溶いて刷毛で塗り、その上にサヴァランをのせることが多い。

出典[編集]

  1. ^ 大森由紀子『フランス菓子図鑑 お菓子の名前と由来』14頁、世界文化社 ISBN 978-4-418-13219-5

参考文献[編集]

  •  Child, Julia, Louisette Bertholle, and Simone Beck. Mastering the Art of French Cooking, v.1. Knopf, New York, 2000.