グラブ・ジャムン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
グラブ・ジャムン

グラブ・ジャムン英語: Gulab Jamun)はインド菓子。非常に甘いのが特徴である[1]

概要[編集]

コア1kgに対し、小麦粉100g砂糖水2kgを混ぜ、直径3cmほどの球状に成形する[1]揚げ、最後に砂糖水に漬ける[1]

西アジアには、コアなどの乳製品を使わず小麦粉だけで作る同様の菓子がある[1]

語源[編集]

"Gulab"はローズウォーターで香りをつけた甘いシロップのことで、ペルシア語gol(花)とāb(水)に由来する。"Jamun"または"Jaman"はフトモモ科ムラサキフトモモ英語版ヒンディー語版(マラバープラム・ブラックプラムとも)の果実で[2]、形や大きさが近いために喩えとして使われている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 平田(2011: 68)
  2. ^ Banerjee, A.; Dasgupta, N.; De, B. (5 2005). “In vitro study of antioxidant activity of Syzygium cumini fruit”. Food Chemistry 90 (4): 727-733. 

参考文献[編集]

  • 平田昌弘「ユーラシア大陸の乳加工技術と乳製品 : 第7回 南アジア-インドの都市部・農村部の事例2 : 乳菓」『New Food Industry』第53巻第7号、食品資材研究会、2011年、 65-73頁、 NAID 120005590051

関連項目[編集]