栃餅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
原料となる栃の実
栃餅(京都府綾部市産)

栃餅(とちもち)は、灰汁抜きした栃の実(トチノキの実)をもち米とともに蒸してからつき、にしたものである。もち米だけの餅よりも黄土色や茶色がかっており、粘りが少ない。

かつては米がほとんど取れない山村では重要な食糧で、21世紀初頭現在では土産物の1つとしても売られている。砂糖を付ける、に絡めるあるいは包む、塩茶漬けにするなどして食べる。

栃の実の灰汁抜きは手間と時間が掛かり、また各地方・家庭で受け継がれているコツなどもあり、未経験者にはやや難しい。実際の所、完璧に灰汁を抜くのは困難であり、栃餅には独特の苦みがある。そのためあらかじめ灰汁抜きされた栃の実も販売されている。

外部リンク[編集]