睡蓮 (モネ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『睡蓮』
: Les Nymphéas
睡蓮
作者 クロード・モネ
製作年 1920年-1926年
種類 キャンバス油彩
寸法 219 cm × 602 cm (86 in × 237 in)
所蔵 オランジュリー美術館フランスパリ

睡蓮』 (すいれん、フランス語: Les Nymphéas)は、フランスの画家クロード・モネが、水生植物睡蓮を題材に描いた一連の絵画の総称。モネの代表作の一つである。

多数制作されており、2018年にも、行方不明になっていた作品『睡蓮 柳の反映』(松方コレクションの一部)が仏ルーブル美術館で再発見されて、修復中であることが公表されている[1]

ギャラリー[編集]

「睡蓮」大装飾画[編集]

モネが最晩年に制作した「睡蓮」大装飾画は、テュイルリー公園内のオランジュリー美術館に収められている。

第1室
Claude Monet - The Water Lilies - Setting Sun - Google Art Project.jpg 『日没』200 × 600 cm。
Claude Monet - The Water Lilies - The Clouds - Google Art Project.jpg 『雲』200 × 1,275 cm。
Claude Monet - The Water Lilies - Green Reflections - Google Art Project.jpg 『緑の反映』200 × 850 cm。
Claude Monet - The Water Lilies - Morning - Google Art Project.jpg 『朝』200 × 1,275 cm。
第2室
Claude Monet - The Water Lilies - Tree Reflections - Google Art Project.jpg 『樹木の反映』200 × 850 cm。
『朝の柳』200 × 1,275 cm。
Claude Monet - The Water Lilies - The Two Willows - Google Art Project.jpg 『2本の柳』200 × 1,700 cm。
Claude Monet - The Water Lilies - Clear Morning with Willows - Google Art Project.jpg 『柳のある明るい朝』200 × 1275 cm。

市場の評価[編集]

睡蓮の作品自体200点以上もあるため、個々の作品の市場評価は様々である。2014年5月に米国ニューヨークオークションに出品された作品は、2,400万ドル(手数料込み2,700万ドル)の値で落札された[4]

「モネの庭」と「モネの池」[編集]

作品が描かれた池があるモネの家はフランス北部ジヴェルニーに保存されている。高知県北川村はフランス側財団の許可と協力を得て睡蓮の池を再現し、2000年4月19日に「北川村モネの庭マルモッタン公園」を開設した。

また、岐阜県関市板取にある根道神社参道脇の池が、植えられた睡蓮によりモネの絵画のように見えることから「モネの池」と呼ばれるようになり、観光地化している[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ モネ 幻の「睡蓮」発見/ルーブル 半分欠損、修復中『読売新聞』朝刊2018年2月27日(社会面)
  2. ^ Water LiliesMuseum of Fine Arts, Boston
  3. ^ Water LiliesMuseum of Fine Arts, Boston
  4. ^ “中国人がモネの名画「睡蓮」を2700万ドルで落札、日本のバイヤーも注目―中国メディア”. レコードチャイナ (レコードチャイナ). (2014年5月10日). http://topics.jp.msn.com/world/china/article.aspx?articleid=4343166 2014年5月10日閲覧。 
  5. ^ モネの池岐阜県観光連盟・ぎふの旅(2018年3月17日閲覧)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]