平松礼二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

平松 礼二(ひらまつ れいじ、1941年9月3日 - )は、日本画家。本名、平松邦夫[1]

経歴[編集]

東京都中野区出身。愛知県立旭丘高等学校美術科、愛知大学法経学部卒業。多摩美術大学教授、了徳寺大学学長を歴任。横山操に私淑し、1960年より青龍社展に出品。岩彩コラージュ等、多彩な技法を駆使した21世紀を代表する日本画家のひとりである。2000年から2010年まで「文藝春秋」の表紙画を担当。

映画監督小栗康平と交友があり、映画眠る男』(1996年公開)の制作に参加したこと(絵画を担当)から、1998年群馬県中之条町に「吾妻美学校」を設立[2]。その後、2006年神奈川県湯河原町の町立湯河原美術館に平松礼二館が設置されている。

賞歴[編集]

  • 1979年、第1回中日大賞展大賞
  • 1980年、第2回セントラル日本画大賞展優秀賞
  • 1988年、第1回MOA美術館賞優秀賞
  • 1989年、第10回山種美術館賞展大賞
  • 2000年、MOA美術館岡田茂吉賞大賞
  • 2002年、第35回東海テレビ文化賞
  • 2004年、第57回中日文化賞

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.489
  2. ^ その関係から小渕光平町長が記念美術館建設計画を立てたが、それ以外の関係性が薄かったこともあり市民グループから反発され頓挫している。

外部リンク[編集]