日本美術家連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一般社団法人日本美術家連盟(にほんびじゅつかれんめい、Japan Artists Association, Inc.)とは、日本国内における美術家の全国組織。

沿革[編集]

趣旨[編集]

絵画版画彫刻の分野における専門美術家の協力組織で、日本の美術界の健全な発展、美術の普及、国際交流、および美術家の職能擁護を趣旨とする。

会員[編集]

正会員(日本画洋画版画彫刻の4部に分属)、名誉会員、外国人会員、賛助会員および準会員(物故した正会員の配偶者)。

2009年7月31日現在で、正会員5,348名(日本画部348名、洋画部3,999名、版画部365名、彫刻部636名)、外国人会員26名、準会員751名。

おもな事業[編集]

1.美術諸資料の収集および調査研究
2.制作材料の改善に関する調査
3.美術著作権の調査研究
4.講演会、研究会、講習会、映写会および展覧会等の開催
5.国際展、国際コンテスト等への参加斡旋
6.国際美術連盟(IAA)加盟団体としての国際協力
7.研究資料その他の出版物の刊行
8.美術家の福利厚生
9.美術家会館の管理運営の事業
10.その他

国際交流[編集]

昭和28年、ユネスコの諮問機関である国際美術連盟(International Association of Art.略称IAA)の創立に参画、日本委員会を設立、以来同連盟の執行委員国として活躍。
平成2年、IAAアジア・太平洋地域委員会設立。

外部リンク[編集]

一般社団法人日本美術家連盟