エルネスト・オシュデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エドゥアール・マネ『エルネスト・オシュデとその娘マーサ』1876年、ブエノスアイレス国立美術館英語版

エルネスト・オシュデErnest Hoschedé, 1837年12月18日 - 1891年3月19日)は、フランスパリで百貨店を経営していた実業家[1]。美術コレクターであったが、1877年に破産し印象派の絵画コレクションを失っている。1878年よりオシュデ家はクロード・モネと共同生活をする。エルネスト・オシュデの死の翌年、妻のアリス・オシュデ英語版はクロード・モネと結婚している。

人物[編集]

パリのデパートを経営する実業家であり、美術評論家、美術蒐集家。印象派の後援者としても知られ、クロード・モネエドガー・ドガカミーユ・ピサロアルフレッド・シスレーの作品を購入し集めていた。

妻はベルギー出身のアリス(1844年 - 1911年)。エルネストは、パリの南モンジュロンにアリスが相続していたロッタンブール城を所有し、友人を招いては狩りや宴を催していた[2]

経営難により1877年に倒産。絵画コレクションは1878年にオークションにかけられてしまう。オシュデはクロード・モネときわめて公私共に密接に関わっており、破産した翌年の1878年にはモネと共同生活を営んでいる。家族ぐるみの付き合いだが、妻アリスをめぐってオシュデとモネの関係は次第に悪化していく。オシュデの死後、妻を亡くしていたモネは、アリスと再婚した。

なお、オシュデの娘ブランシュ(1865年 - 1947年)とモネの息子ジャン(1867年 - 1914年)も結婚している[3]

出典[編集]

  1. ^ Street Singer”. Museum of Fine Arts, Boston. 2017年11月23日閲覧。
  2. ^ 「モネ風景を見る眼」展図録(2013: 27)
  3. ^ 「モネ風景を見る眼」展図録(2013: 27)

参考文献[編集]