白くま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白くま
Kagoshima shirokuma.jpg

白くまの概要
フルコース デザート
発祥地 日本の旗 日本
地域 鹿児島県鹿児島市
考案者 不明(諸説あり)
主な材料
加糖練乳
テンプレートを表示
白くま(天文館むじゃき)

白くま(しろくま)は、鹿児島県鹿児島市発祥の氷菓またはアイスクリーム類。

かき氷の上に加糖練乳をかけて缶詰などの果物を盛り付け、その上に小豆を載せたものである。鹿児島市が発祥の地で、市内の多くの喫茶店や飲食店で提供されている。持ち帰り用にカップに入れて販売されるほか、カップ入り氷菓やバー状のアイスミルクなどの工場製品も製造されている。名称の「白くま」は由来が諸説ある。

鹿児島市ではかき氷の代表として昭和前期から親しまれ、近年は観光ガイド本やABCテレビ探偵!ナイトスクープ』、北海道テレビ水曜どうでしょう』、テレビ東京元祖!でぶや』などの番組で取り上げられて全国的に知名度が高く、県外でも製造販売されている。

名前の由来[編集]

白くまの由来は諸説あるが、商標権などが問題視されておらず詳細は明らかでない。

  • 19321933年ごろ、鹿児島市西田本通りの綿屋が夏の副業として販売していたかき氷の新商品として作られた、練乳をかけたかき氷の名称に練乳の缶に貼られていたラベルに描かれたシロクマの絵を借用した、という説があり、鹿児島県セイカ食品が採用している[1][2]
  • 1947年に、鹿児島市の喫茶店「むじゃき」創始者の久保武がミルクシロップをかけたかき氷を考案し、豪贅に見えるようにみつ豆の材料の三色寒天、サイコロ状に切り落とした羊羹、あずき豆、缶詰フルーツ干しブドウなどを色鮮やか盛り付けて好評を得た。これの干しぶどうが目に見えて白熊に似ていることから「白くま」と命名したという説[3]があり、主にむじゃきが主張しており、時期や店名の限定なしで丸永製菓が採用している[4]

販売店[編集]

天文館むじゃき白くま

代表的なメーカー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 鹿児島の菓子類・その他 - シロクマの話”. 鹿児島県 (2013年2月1日). 2016年7月12日閲覧。
  2. ^ a b 商品紹介/南国白くま”. セイカ食品株式会社. 2013年7月7日閲覧。
  3. ^ 白熊の歴史”. 天文館むじゃき. 2013年7月7日閲覧。
  4. ^ a b しろくまシリーズ”. 丸永製菓株式会社. 2014年9月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月7日閲覧。
  5. ^ 『いちごがおいしい白くま』発売”. ロイヤル食品株式会社. 2013年12月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月7日閲覧。
  6. ^ 商品紹介 スティックタイプ”. 林一二株式会社. 2013年7月7日閲覧。

外部リンク[編集]