椎野新

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
椎野 新
福岡ソフトバンクホークス #34
Shiino34.jpg
2018年6月6日 ウエスタンリーグ
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 新潟県胎内市
生年月日 (1995-10-10) 1995年10月10日(24歳)
身長
体重
196 cm
88 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2017年 ドラフト4位
初出場 2018年5月27日
年俸 800万円(2019年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

椎野 新(しいの あらた、1995年10月10日 - )は、新潟県胎内市出身[2]プロ野球選手投手)。右投右打。福岡ソフトバンクホークス所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

黒川サンダースで野球を始め、胎内市立黒川中学校では軟式野球部に所属した[2]新潟県立村上桜ヶ丘高等学校では2年春から公式戦に登板。2年秋の3回戦・新潟県立長岡大手高等学校戦で初先発を果たし、10奪三振1失点の好投で初完投勝利を収める。3年春から主戦を務め、春の県大会では38.2回8失点で10年ぶりの優勝をもたらした[3]。初戦の新潟県立巻総合高等学校戦で18三振を奪う完封勝利を挙げる。準決勝の日本文理高校戦では142km/hを計測し、8回を3失点に抑えた。大会通算では51奪三振を記録した。北信越大会初戦の遊学館高等学校戦では、6回を投げて被安打12の内容で、1対8で敗退した[4]

3年生夏の全国高等学校野球選手権新潟大会でも決勝まで進出(日本文理に5対7で敗戦)[5]。準々決勝で新潟明訓高等学校を被安打2・18奪三振で完封するなど[6]、4試合29.2回で34奪三振という結果を残した。

国士舘大学に進み、2年生の秋には対立正大学1回戦で被安打5、7奪三振で2失点初完投勝利を挙げ、チームは入替戦2回戦で東都大学リーグ2部残留を決めた[2]

3年生の春には全カードで1回戦の先発を務める。3年生の秋に2番手投手となり、チームは12季ぶりとなるリーグ2部優勝を達成した。このシーズンは12試合(先発6、プレーオフ含む)64.1回に登板、4勝(2完投2完封)を挙げている。立正大学との優勝決定戦では被安打3、10奪三振2四死球の内容で、2対0の完封勝利を挙げる。続く入替戦全2試合にも登板したが、専修大学に2連敗を喫して1部昇格を逃した。

大学時代は公式戦で237イニングに登板して一度も故障を経験しなかった[7]。大学での通算成績は53試合に登板して11勝(3完投2完封)21敗、267.2回、防御率1.85。

また、1年生の8月に行われた読売ジャイアンツとの交流戦では、3対5の7回裏二死1、2塁から4番手で起用され、和田恋から空振り三振を奪い無失点に抑えている。

2017年10月26日に行われたプロ野球ドラフト会議にて、福岡ソフトバンクホークスからドラフト四巡目指名され[7]、11月17日、入団交渉を行い、契約金4,500万円、年俸800万円(金額は推定)で契約合意に達し[8]、12月7日、福岡市内のホテルで入団発表会見が行われた[9]

背番号34

プロ入り後[編集]

2018年5月27日に福岡ヤフオク!ドームで行われた対東北楽天ゴールデンイーグルス戦に3番手として登板。2回を投げ、被安打2、1奪三振で2失点であった[10]

ポストシーズンでは、10月19日に出場選手登録されると、同日の埼玉西武ライオンズとのクライマックスシリーズファイナルステージ第3戦の8回裏から登板。1失点するものの、2イニングで3奪三振をマークした[11]。チームが日本シリーズに進出すると、日本シリーズのロースターにも残ったが、シリーズでの登板は無かった。

シーズンオフの11月19日、契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸800万円(金額は推定)でサインした[12]。11月25日から台湾で開催された2018アジアウインターベースボールリーグにおいて、NPBウエスタン選抜に選出され、4試合に先発登板した[13]

2019年5月10日に一軍昇格し[14]、同日の対千葉ロッテマリーンズ戦において当季初登板を迎える[15]。6月5日に行われたセ・パ交流戦、対中日ドラゴンズ戦において、6回から2番手で登板し、リリーフ投手としてプロ初勝利を飾る[16]。以降、中継ぎ投手陣の一角を占め、36試合に登板し、5勝2敗6ホールド、防御率3.13の成績を残す。

ポストシーズンでは、読売ジャイアンツとの日本シリーズにおいて、第4戦からベンチ入りするが出場機会はなかった[17]

選手としての特徴[編集]

2軍ではプロ入り後の最速152km/hを計測[15]

制球力に優れ、幼少の頃に雪合戦で培ったと述べている[7]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2018 ソフトバンク 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 8 2.0 2 1 0 0 0 1 0 0 2 2 9.00 1.00
2019 36 1 0 0 0 5 2 0 6 .714 206 46.0 37 5 31 2 2 49 2 0 20 16 3.13 1.48
通算:2年 37 1 0 0 0 5 2 0 6 .714 214 48.0 39 6 31 2 2 50 2 0 22 18 3.38 1.46
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



投手












2018 ソフトバンク 1 0 0 0 0 ----
2019 36 2 6 0 0 1.000
通算 37 2 6 0 0 1.000
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録

背番号[編集]

  • 34 (2018年 - )

登場曲[編集]

  • 「その日は必ず来る」 DREAMS COME TRUE (2018年)
  • 「Wicked Wonderland」 Martin Tungevaag (2018年)
  • 「もったいないとらんど」 きゃりーぱみゅぱみゅ (2019年 - )
  • 「キミに100パーセント」きゃりーぱみゅぱみゅ (2019年 - )

[18]

代表歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ソフトバンク - 契約更改 - プロ野球. 日刊スポーツ. 2018年12月13日閲覧。
  2. ^ a b c “越後のダル”国士舘大・椎野5年越しの大願成就を”. 日刊スポーツ (2017年10月24日). 2018年4月6日閲覧。
  3. ^ 春季新潟大会(2013年) 村上桜ケ丘―新発田中央(決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2013年5月14日). 2019年4月6日閲覧。
  4. ^ 春季北信越大会(2013年) 遊学館―村上桜ケ丘(2回戦)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2013年6月2日). 2019年4月6日閲覧。
  5. ^ 第95回全国高校野球選手権新潟大会 日本文理―村上桜ケ丘(決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2013年7月25日). 2019年4月6日閲覧。
  6. ^ 村上桜ケ丘―新潟明訓(準々決勝)”. 朝日新聞デジタル バーチャル高校野球 (2013年7月21日). 2019年4月6日閲覧。
  7. ^ a b c “ホークスドラ4の195センチ右腕・椎野、制球力は新潟での雪合戦のおかげ!?”. Full-Count. (2017年12月7日). https://full-count.jp/2017/12/07/post96850/ 2018年5月27日閲覧。 
  8. ^ ソフトバンクのドラ4国士舘大・椎野新が入団合意”. 日刊スポーツ (2017年11月17日). 2018年4月6日閲覧。
  9. ^ 2017/12/07(木) 選手 新入団会見レポ。1位吉住投手「夢は最多勝」”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト (2017年12月7日). 2019年4月6日閲覧。
  10. ^ ソフトバンク4位椎野、プロ初登板で被弾も手応え”. 日刊スポーツ (2018年5月27日). 2019年2月21日閲覧。
  11. ^ ソフトバンク椎野CSデビュー「自分の投球できた」”. 日刊スポーツ (2018年10月19日). 2019年2月21日閲覧。
  12. ^ ソフトバンク椎野は現状維持「常時150キロを」”. 日刊スポーツ (2018年11月13日). 2018年4月6日閲覧。
  13. ^ TEAM 日職西軍 球員成績 投手成績”. 亞洲冬季棒球聯盟公式サイト(繁体中文). 2019年4月6日閲覧。
  14. ^ “広島九里登録、ソフトバンク上林ら抹消/10日公示”. 日刊スポーツ (株式会社日刊スポーツ新聞社). (2019年5月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201905100000485.html 2019年12月1日閲覧。 
  15. ^ a b “ソフトバンク椎野2回0封「スピードこだわりたい」”. 日刊スポーツ (株式会社日刊スポーツ新聞社). (2019年5月10日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201905100001358.html 2019年12月1日閲覧。 
  16. ^ “ソフトバンク196cm右腕椎野がプロ初勝利”. 日刊スポーツ (株式会社日刊スポーツ新聞社). (2019年6月6日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201906060000112.html 2019年12月1日閲覧。 
  17. ^ “【SMBC日本シリーズ】 読売ジャイアンツ vs 福岡ソフトバンクホークス 第4戦”. NPB.jp (日本野球機構). http://npb.jp/scores/2019/1023/g-h-04/roster.html 2019年12月1日閲覧。 
  18. ^ チーム情報 球場使用曲一覧”. 福岡ソフトバンクホークスオフィシャルサイト. 2019年4月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]