小田嶋正邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
小田嶋 正邦
YG-Masakuni-Odajima.jpg
現役時代の小田嶋(2009年)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県相模原市
生年月日 (1979-04-12) 1979年4月12日(39歳)
身長
体重
184 cm
89 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手捕手
プロ入り 2001年 ドラフト3巡目
初出場 2002年10月2日
最終出場 2010年8月10日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

小田嶋 正邦(おだじま まさくに、1979年4月12日 - )は、神奈川県相模原市出身の元プロ野球選手。現在は読売ジャイアンツブルペン捕手を務めている。

旧姓は郡田(こおりだ)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

相模原シニアから進学した東海大山形高校1年生の1995年第77回全国選手権出場を果たす。卒業後は東海大学へ進学。上級生になるまでは打撃を生かして一塁手、指名打者で出場した。4年時に全日本大学野球選手権で優勝。首都大学リーグ通算71試合出場、272打数83安打、打率.305、5本塁打、61打点。1999年春季リーグ首位打者。ベストナイン4回(捕手、一塁手、指名打者)。2001年には日米大学野球代表選手に選出された。

同年のドラフト会議横浜ベイスターズから3巡目で指名を受けて入団。

横浜時代[編集]

ルーキーイヤーの2002年は4試合に出場し、プロ初ヒットを放った。

2003年7月18日巨人戦で、11回裏に鴨志田貴司から球団史上初の代打サヨナラ満塁本塁打を放つ。これを機に、当時の山下大輔監督が小田嶋の代打起用にこだわるようになった。現役引退時にはこの本塁打がプロでの一番の思い出だったと語っている。

2006年に持ち前の長打力を生かす為、内野手に転向。一軍では打率.205と苦しむも3本のホームランを放つなど長打力を見せた。オフに仁志敏久との交換トレード読売ジャイアンツへ移籍。

巨人時代[編集]

2007年は開幕一軍入りを果たした。巨人では再び捕手としての守備練習を行い、2010年6月6日の対楽天イーグルス戦では代打起用の後、一軍戦では5年ぶりに捕手として出場した。

2008年は二軍で59試合に出場して188打数54安打で打率.287、11本塁打、40打点を記録。

2009年は二軍で79試合に出場して220打数74安打で打率.336、14本塁打、35打点と安定した成績を残したが、一軍では甘い球を打てず、ボール球で凡退というケースが目立ち、力を発揮できなかった。

2010年は14試合に出場。オフの11月4日に現役引退を発表[1]、同日、任意引退選手公示。同時にブルペン捕手へ転身。

人物[編集]

横浜時代のあだ名は「オダジーニ」、バッティングフォームがロベルト・ペタジーニ(元ヤクルト・巨人・ソフトバンク)の力強いバッティングに似ていたことから捩って呼ばれていた。

2006年夏に小田嶋専用の応援歌が制作されたが、巨人へ移籍したため3ヶ月間しか使用されず、球場では3回しか流れなかった。この応援歌は2017年度より宮﨑敏郎の応援歌に流用される(但しキーが2つ低い変ホ長調である)。

ボールを芯でとらえた際の飛距離は素晴らしく、横浜時代は小田嶋が打撃練習をする際、当時のチームメイトの多村仁志が必ず見学していたという。

大学の同期に平野恵一がおり、1年下の久保裕也(巨人時代も同僚)、小林正人とはバッテリーを組んだ。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2002 横浜 4 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
2003 26 40 38 4 9 0 0 2 15 5 0 0 1 0 1 0 0 14 1 .237 .256 .395 .651
2004 42 54 51 3 11 2 0 0 13 1 0 0 0 0 1 0 2 24 0 .216 .259 .255 .514
2005 7 9 8 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 0 .125 .222 .125 .347
2006 26 51 44 3 9 1 0 3 19 6 0 0 2 1 3 0 1 16 1 .205 .265 .432 .697
2007 巨人 16 25 21 0 4 1 0 0 5 1 0 0 0 0 4 1 0 6 0 .190 .320 .238 .558
2008 4 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .000 .000 .000 .000
2009 10 21 21 1 4 0 0 1 7 3 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .190 .333 .190 .524
2010 14 15 14 0 3 0 0 0 3 1 0 0 0 0 1 0 0 5 0 .214 .267 .214 .481
通算:9年 149 222 204 12 41 4 0 6 63 17 0 0 3 1 11 1 3 73 3 .201 .251 .309 .560

年度別守備成績[編集]

年度 一塁 捕手
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 捕逸 守備率 企図数 許盗塁 盗塁刺 阻止率
2002 2 2 0 0 0 1.000 -
2003 - 13 48 1 0 0 0 1.000 3 3 0 .000
2004 2 2 0 0 1 1.000 17 47 6 0 2 1 1.000 6 3 3 .500
2006 10 58 3 2 4 .968 -
2007 9 49 1 0 5 1.000 -
2008 2 6 0 0 1 1.000 -
2009 5 32 1 1 3 .971 -
2010 3 10 1 0 3 1.000 2 1 0 0 0 0 1.000 -
通算 30 149 5 3 14 .981 30 95 7 0 2 1 1.000 9 6 3 .333

記録[編集]

背番号[編集]

  • 26 (2002年 - 2006年)
  • 45 (2007年 - 2010年)
  • 213 (2011年 - )

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]