入来智

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
入来 智
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 宮崎県都城市
生年月日 1967年6月3日(46歳)
身長
体重
178 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1989年 ドラフト6位
初出場 NPB/1990年4月18日
KBO/2003年
CPBL/2004年3月28日
最終出場 NPB/2002年5月15日
KBO/2003年
CPBL/2004年6月20日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

入来 智(いりき さとし、1967年6月3日 - )は、宮崎県都城市[1]出身の元プロ野球選手投手)。

弟の入来祐作も元プロ野球選手で、1999~2000年まで兄弟同時に読売ジャイアンツに在籍していた[1]

経歴[編集]

小学4年から野球を始める[1]鹿児島実高から三菱自動車水島を経て1989年ドラフト6位で近鉄バファローズ入団[1]。同期には野茂英雄や後に在籍した巨人でもチームメイトになった石井浩郎らがいる。主にリリーフとして活躍し、5年間で125試合に登板した。1996年6月、吉本亮との交換トレード広島東洋カープに移籍[1]。ここでは出番が少なく、同年オフに再び吉本亮とのトレードで近鉄に復帰[1]。再びリリーフとして結果を残す。

1999年読売ジャイアンツに移籍、弟・祐作とチームメイトになり球団史上初の現役兄弟選手となった[1]。しかし2000年オフ、巨人を戦力外通告を受ける[1]

2001年東京ヤクルトスワローズに移籍すると、自己最多の10勝をあげリーグ優勝・日本一に貢献。特に前半は8勝をマークするなど同年のオールスターゲームに監督推薦で初出場し、祐作と史上初の兄弟継投を行った[1]。しかし2002年は1勝しか挙げられず、オフにヤクルトから2度目の戦力外通告を受ける[1]

2003年韓国プロ野球斗山ベアーズに入団[1]。韓国プロ野球初の外国人枠登録による日本人投手となった。それまでに韓国プロ野球球団に在籍していた日本人選手は知人の韓国人の協力で在日コリアンと偽って入団した宮城弘明(元ヤクルト)を除き全て在日コリアン(韓国人の血が少しでも入っていれば在日コリアンと認められた)だった。2004年台湾La Newベアーズに移籍。4勝をマークしたが同年限りで現役引退。

その後は宮崎県都城市にて妻の兄が経営する仕出し・手作り弁当屋「かかし亭」に勤務する。2008年1月21日フジテレビで放映された『とくダネ!』の「走れ!三面刑事」というコーナーで山下真司の取材を受けた。野球からは遠ざかっているとのことだが山下との野球対決では現役時と変わらぬ速球を見せた。なお、引退した理由は肩や肘の故障ではなく、7度にわたる太腿の肉離れであることが明らかにされた。その後2008年4月に熱心な仕事ぶりが認められ、宮崎市内にオープン予定の「かかし亭」2号店を任せられることになった(現在は閉店した)。

プレースタイル・人物[編集]

  • 強気のピッチングが持ち味であり、「ケンカ投法」と呼ばれた投球から直球を武器にした投球をした。
  • ヤクルトに移籍した際「僕は、巨人に復讐する為にやってきました! だから他の4球団の投手の方は、僕に巨人攻略法を聞きに来てください」と反巨人を宣言。(それまでは、巨人ファンだった)その怒りのパワーが功を奏し、2001年ヤクルトの優勝に大きく貢献し、オールスターにも初めて選出された。また、日本シリーズで近鉄に勝利し、日本シリーズを含めての全球団から勝利を達成している。さらにヤクルト時代バッテリーを組んだ古田敦也を、「僕にとってまさに運命の人」と発言していた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1990 近鉄 7 1 0 0 0 0 0 0 -- .000 39 7.2 14 2 4 0 1 6 0 0 10 9 10.57 2.35
1991 10 4 4 2 0 4 0 0 -- 1.000 205 51.2 35 3 17 0 3 23 0 0 16 14 2.44 1.01
1992 15 7 1 0 1 4 3 1 -- .571 245 53.1 66 8 19 0 3 38 3 0 41 40 6.75 1.59
1993 26 9 1 1 0 5 5 0 -- .500 340 80.2 68 5 33 2 6 70 0 0 36 30 3.35 1.25
1994 44 4 0 0 0 4 6 1 -- .400 468 107.0 128 12 34 1 2 67 0 0 56 50 4.21 1.51
1995 23 4 0 0 0 0 3 0 -- .000 225 50.2 61 7 14 0 3 43 0 0 30 30 5.33 1.48
1996 広島 6 2 0 0 0 0 3 0 -- .000 80 17.0 20 2 8 0 2 14 1 0 17 10 5.29 1.65
1997 近鉄 6 1 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 50 13.1 14 1 1 0 0 10 0 0 4 4 2.70 1.13
1998 25 1 0 0 0 4 3 0 -- .571 208 47.2 46 2 26 2 2 37 1 2 30 29 5.48 1.51
1999 巨人 22 0 0 0 0 2 1 0 -- .667 104 21.2 24 3 17 1 1 23 1 0 10 10 4.15 1.89
2001 ヤクルト 24 20 1 0 1 10 3 0 -- .769 528 129.1 117 16 32 2 4 80 1 0 42 41 2.85 1.15
2002 6 5 0 0 0 1 3 0 -- .250 117 25.2 33 6 6 0 1 11 1 0 19 19 6.66 1.52
2003 斗山 39 20 5 1 -- 7 11 5 0 .389 676 159.0 155 17 53 3 9 87 2 0 68 66 3.74 1.31
2004 La New 11 11 3 0 0 4 6 0 0 .400 331 77.0 81 6 19 0 7 59 3 0 39 29 3.39 1.30
NPB:12年 214 58 7 3 2 35 30 2 -- .538 2609 605.2 626 67 211 8 28 422 8 2 311 286 4.25 1.38
KBO:1年 39 20 5 1 -- 7 11 5 0 .389 676 159.0 155 17 53 3 9 87 2 0 68 66 3.74 1.31
CPBL:1年 11 11 3 0 0 4 6 0 0 .400 331 77.0 81 6 19 0 7 59 3 0 39 29 3.39 1.30

表彰[編集]

記録[編集]

背番号[編集]

  • 41 (1990年 - 1995年)
  • 40 (1996年)
  • 42 (1997年 - 1998年)
  • 44 (1999年 - 2000年)
  • 28 (2001年 - 2002年)
  • 29 (2003年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、67ページ

外部リンク[編集]