続木敏之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
続木 敏之
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県新居浜市
生年月日 (1958-07-04) 1958年7月4日(60歳)
身長
体重
178 cm
84 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1976年 ドラフト2位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

続木 敏之(つづき としゆき、1958年7月4日 - )は、愛媛県新居浜市出身の元プロ野球選手捕手)で野球指導者。

経歴[編集]

新居浜市立新居浜商業高校では2年の時、捕手、四番打者として1975年第57回全国高等学校野球選手権大会に出場。3年生のエース村上博昭とバッテリーを組み決勝に進出するが、小川淳司を擁する習志野高に9回裏4-5xでサヨナラ負け、準優勝にとどまる[1]。同年秋の三重国体では、決勝で習志野高にまたも9回裏逆転サヨナラ負けを喫し準優勝。村上以外のチームメートに片岡大蔵がいた。1976年夏の甲子園愛媛県予選では決勝で今治西高に敗退。

1976年のドラフト2位で阪神タイガースに入団。上位指名で期待されたが、一度も一軍に出場することなく1983年に現役引退。引退後は阪神に残りブルペン捕手を務めた後、1989年から2013年までブルペンコーチ補佐、トレーニングコーチなどを歴任。2013年は二軍トレーニングコーチを務めていたが、10月5日に球団から翌年の契約を結ばない事が発表された[2]。2014年は韓国プロ野球斗山ベアーズでトレーニングコーチを務め、2015年よりBASEBALL FIRST LEAGUE兵庫ブルーサンダーズの野手コーチに就任。2016年11月4日和歌山ファイティングバーズ監督に転じた山崎章弘の後任として、監督に昇格することが発表された[3]

2017年のシーズン、兵庫はリーグ優勝を達成し、田中耀飛がリーグ史上初となる支配下登録枠でNPBドラフト指名を受けた。シーズン終了後の11月30日に今シーズン限りでの退任・兵庫退団が発表された[4]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 30 (1977年 - 1981年)
  • 60 (1982年 - 1983年)
  • 91 (1984年 - 1988年)
  • 79 (1989年 - 2003年)
  • 90 (2004年 - 2013年)
  • 82 (2014年)
  • 90 (2015年 - 2017年)

脚注[編集]

  1. ^ 「全国高等学校野球選手権大会70年史」朝日新聞社編 1989年
  2. ^ 来季のコーチ契約について阪神球団公式サイト2013年10月5日配信
  3. ^ 続木敏之コーチ、監督就任のお知らせ - 兵庫ブルーサンダーズ(2016年11月4日)
  4. ^ 続木敏之監督退団のお知らせ。 - 兵庫ブルーサンダーズ(2017年11月30日)

関連項目[編集]