日本大学国際関係学部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

日本大学国際関係学部(にほんだいがくこくさいかんけいがくぶ)は、日本大学における国際関係学部である。静岡県三島市文教町にある。

概要[編集]

1978年静岡県三島市に日本で初めて国際関係学部が創設された[1]

30周年記念コンセプトフレーズを学生の中から募集し、『ここは小さな地球 ここから見えるは確かな未来』が決定した。

「ここは小さな地球」とは、国際関係学部の特色として異文化交流を直接行える場所としてのイメージを比喩的に表現し、「ここから見えるは確かな未来」とは、ここで多くのことを学び、自主創造し、理想の未来を手に入れるという希望を表現したもの。

  • 国際関係学科・国際文化学科・国際交流学科・国際ビジネス情報学科→国際総合政策学科・国際教養学科と4学科を2学科制に変遷している。

歴史[編集]

  • 1889年(明治22年) ― 10月に日本法律学校創立。創立者 山田顕義伯
  • 1903年(明治36年) ― 日本大学と改称。
  • 1920年(大正9年) ― 大学令による大学設立認可。
  • 1946年(昭和21年) ― 6月に大学予科(文科および理科甲類の一部のみ)を三島校舎に開設。
  • 1949年(昭和24年) ― 4月に新学制発足に伴い、三島予科は三島教養部となる。
  • 1955年(昭和30年) ― 4月に岩手医科大学の委託を受け、同大学進学課程の一般教育を三島にて開始。
  • 1958年(昭和33年) ― 1月に法学部・文理学部・経済学部・商学部・理工学部の各学部の一般教育を一ヵ年に限り(従来は理工を除く二ヵ年)文理学部(世田谷校舎と三島校舎)で実施。
  • 1958年(昭和33年) ― 4月に三島教養部は文理学部の三島校舎となる。
  • 1963年(昭和38年) ― 4月に三島生活科学研究所設置(現・国際関係学部生活科学研究所)。

昭和40年代 - 63年

  • 1966年 (昭和41年) ― 3月に岩手医科大学の進学課程設置に伴い、委託教育終了。
  • 1979年(昭和54年) ― 4月に国際関係学部開設。
  • 1979年(昭和54年) ― 10月に国際関係学部図書館が国連寄託図書館に指定。
  • 1980年(昭和55年) ― 7月に国際関係学部国際関係研究所設置。
  • 1983年(昭和58年) ― 4月に大学院国際関係研究科修士課程設置。
  • 1985年(昭和60年) ― 11月に国際関係学部図書館がEC資料センターに認可。
  • 1985年(昭和60年) ― 12月に国際関係学部国際関係学科・国際文化学科:定員変更(平成4年までの期間を付した臨時定員変更)
  • 1988年(昭和63年) ― 3月に文理学部(三島)廃止。
  • 1988年(昭和63年) ― 4月に法学部三島校舎設置。

平成 -

  • 1992年(平成 4年) ― 3月に法学部三島校舎廃止。
  • 1992年(平成 4年) ― 4月に国際関係学部国際関係学科、国際文化学科の定員変更(平成11年度まで)。
  • 1996年(平成 8年) ― 4月に大学院国際関係研究科博士後期課程設置。
  • 1999年(平成11年) ― 4月に国際関係学部国際交流学科、国際ビジネス情報学科増設。
  • 2009年(平成21年) ― 国際関係学部創設30周年
  • 2011年(平成23年) ― 国際関係学部の学科を国際総合政策学科、国際教養学科に改編

学科・コース[編集]

大学院(国際関係研究科)[編集]

関係者[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 佐藤三武朗. “学部長あいさつ”. 日本大学国際関係学部. 2011年8月20日閲覧。

外部リンク[編集]