横浜金港クラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横浜金港クラブ
チーム名(通称) 横浜金港ク
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 クラブチーム
創部 1942年
チーム名の遍歴

  • 横浜蚕糸倶楽部 (1942)
  • 横浜金港クラブ (1946 - )
本拠地自治体

チームカラー 紺色
監督 露木文吾
都市対抗野球大会
出場回数 6回
最近の出場 1950年
最高成績 ベスト8
社会人野球日本選手権大会
出場回数 なし
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 8回
最近の出場 2017年
最高成績 ベスト4

横浜金港クラブ(よこはまきんこうクラブ)は、神奈川県横浜市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟する社会人野球クラブチームである。

クラブチームとしては古豪・強豪の一員であり、関東地区連盟を代表するチームである。

概要・歴史[編集]

1942年、『横浜蚕糸倶楽部』として創部し、オーナーである山口久像が監督に就任し[1]、同年の都市対抗野球に出場した。

その後、戦争のため活動を休止した後、1946年に活動を再開。山口久像が、森鴎外作詞の横浜市歌に「わが横浜は黄金の港」とあるところから引用して、チーム名を『横浜金港クラブ』に改称した。

早稲田大学のエースを筆頭に東京六大学野球のスター選手を集め[1]1948年都市対抗野球では8強に進出するなどしていたが、1950年代以降は企業チーム激戦区となる神奈川県に於いて苦戦を強いられている。

1950年、当チームのエースであった日本石油(後のJXTGエネルギー)社員の吉村英次郎が尽力し日本石油野球部(後のJX-ENEOS野球部)を発足させ、同年に移籍した[1]。同年の都市対抗野球予選の代表決定戦では当チームが日本石油に5-2で勝利している。

1970年都市対抗野球予選で三菱重工横浜(後の三菱日立パワーシステムズ硬式野球部)に5-4で勝利。以来、神奈川県内でのクラブチームは企業チーム戦勝利から遠ざかっている。

1978年クラブ選手権に初出場した。

2011年、クラブ選手権の準々決勝で高塩将樹が大会史上初となるノーヒットノーランを達成するなどし、ベスト4に進出した。

2013年都市対抗野球西関東2次予選で第2代表決定戦に進出し、三菱重工横浜相手に9回2死2ストライクまで1点リードを奪い、63年ぶりの本大会出場に王手をかけたがそこから同点に追いつかれ延長10回サヨナラ負けを喫した。

設立・沿革[編集]

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

主な出身プロ野球選手[編集]

歴代監督[編集]

  • 初代 1942年~1945年 山口久像
  • 第2代 1946年 鈴木茂(法政大)
  • 第3代 1947年~1955年 若原正蔵(早稲田大)
  • 第4代 1956年~1960年 佐野甚作 
  • 第5代 1961年~1977年 田村稔(法政大)
  • 第6代 1978年~1986年 石田宏(横浜市大)
  • 第7代 1986年~1993年 内田裕久(法政大)
  • 第8代 1994年~1996年 今井文英(東京大)
    • 今井監督海外赴任のため助監督が監督代行:1997年 馬場友行(横浜商大高)
  • 第9代 1998年~2003年 頓宮従弘(関東学院大)
  • 第10代 2004年~2005年 相沢卓司(横浜国大)
  • 第11代 2006年~2010年 中村忠裕(横浜商高)
  • 第12代 2011年~2012年 今井寿七郎(東海大)
  • 第13代 2012年~2017年9月 露木慎吾(早稲田大)
  • 第14代 2017年9月~ 露木文吾(青山学院大)

表彰[編集]

  • 神奈川県野球協会ベストナイン特別賞
    • 3回受賞 露木慎吾:1990年、2003年、2007年
    • 2回受賞 高木三憲:1996年、2001年、四日市直:2005年、2006年、平野路尚:2010年、2014年
    • 1回受賞 渥美修一郎:1995年、関沢宏介:2002年、廣瀬雅人:2009年、斎藤佳弘:2012年、菊沢竜佑:2013年、高橋優輔:2015年橋直:2016年人tm
  • 山梨県知事杯 最高殊勲選手賞(細川智:1992年)
  • 都市対抗神奈川県予選 首位打者賞(渥美修一郎:1994年)
  • 神奈川県クラブ対抗トーナメント大会 最優秀選手賞(露木慎吾:2000年)
  • さいたま市長杯 最優秀選手賞(四日市直:2005年、今井寿七郎:2006年、新海亮人:2015年、三橋直人:2016年)
  • 神奈川工科大杯 最優秀選手賞(平野路尚:2010年、目黒翔太:2011年、庄野太朗:2012年)
  • 全日本クラブ野球選手権 特別賞(大会史上初ノーヒットノーラン 高塩将樹:2011年)
  • 中部謙吉杯 最優秀選手賞(澤井純一:2014年、濱優貴:2016年)
  • 足利市長杯 最優秀選手賞(齋藤景介:2016年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 金港クラブの歴史”. 横浜金港クラブ. 2017年2月18日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]