JABA東京スポニチ大会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

JABA東京スポニチ大会(JABAとうきょうスポニチたいかい)は、日本野球連盟の関東地区連盟が主催する社会人野球の大会である。社会人野球日本選手権大会の選考対象大会の1つである。

毎年3月に行なわれるため、社会人野球シーズンの幕開けを告げる大会となっている。

概要[編集]

毎年3月に行なわれる地区連盟主催大会の1つであり、16チームが予選リーグ戦・決勝トーナメント戦の併用で優勝を争う。

2007年から社会人野球日本選手権大会の選考対象大会の1つとなり、優勝チームは同大会出場が決まる。かつては、トーナメント戦を採用していたが、2010年から日本選手権選考対象大会の試合形式を統一することとなり、予選リーグ・決勝トーナメント併用となった。

他の地区連盟主催大会は地名をつけて単に「○○大会」と呼ばれるが、この大会は協賛であるスポーツニッポン新聞社の名前をつけて「東京スポニチ大会」又は「スポニチ大会」と呼ばれる。一方、他の新聞においては単に「東京大会」と呼ばれることが多い。なお、主催新聞のスポニチは、社会人の2大ビッグタイトルである「都市対抗野球大会」・「社会人野球日本選手権大会」と並ぶ「社会人野球三冠大会」と紹介する場合がある。

出場チーム数・試合形式[編集]

従来は前述の通り、社会人野球シーズンの幕開けを華々しく飾る大会として、地区連盟主催大会では最多の32チーム(1995年は第50回を記念して36チームが出場)がトーナメント方式で優勝を争っていたが、2002年日本野球連盟の、「(企業チーム減少の現状に鑑み)地区連盟主催大会の出場チームは24以下とする」との方針から24チームとなり、さらに2007年には22チームに減少した。

ところが、日本野球連盟がこの方針を一部大会について緩和する方針を示したことから2008年には29チームに戻った。しかし、2010年から日本選手権選考対象大会の試合形式を統一することとなり、チーム数は16チームに減少され、大会も予選リーグ・決勝トーナメント併用となった。

開催球場[編集]

近年多く使用されている球場は下記の3球場。

この他、2013年にはさいたま市岩槻川通公園野球場2014年には上尾市民球場が会場として使用されている。

過去に使用されていた球場

歴代優勝チーム[編集]

年度(回) 優勝チーム 決勝戦スコア 準優勝チーム 備考
1946年(第1回) いすゞ自動車 -
1947年(第2回) 横浜金港クラブ -
1948年(第3回) 愛知産業 -
1949年(第4回) 小口製作所 -
1950年(第5回) 全藤倉 -
1951年(第6回) 日本生命 -
1952年(第7回) 八幡製鐵 -
1953年(第8回) 大昭和製紙 -
1954年(第9回) 全鐘紡 -
1955年(第10回) 日本生命 -
1956年(第11回) 鹿児島鉄道管理局 -
1957年(第12回) 鐘化カネカロン -
1958年(第13回) 日本鋼管 -
1959年(第14回) 日本生命 -
1960年(第15回) 日本鋼管 -
1961年(第16回) 日本石油 -
1962年(第17回) 日本石油 -
1963年(第18回) 東芝 -
1964年(第19回) いすゞ自動車 -
1965年(第20回) 日立製作所 -
1966年(第21回) 日本石油 -
1967年(第22回) 日本鉱業日立 -
1968年(第23回) 日本生命 -
1969年(第24回) 河合楽器 -
1970年(第25回) 日本通運 -
1971年(第26回) 日本生命 -
1972年(第27回) 三協精機 -
1973年(第28回) 熊谷組 -
1974年(第29回) 東芝 -
1975年(第30回) 熊谷組 -
1976年(第31回) 電電東京 -
1977年(第32回) 東芝 -
1978年(第33回) 大昭和製紙 -
1979年(第34回) 東芝 -
1980年(第35回) 熊谷組 -
1981年(第36回) 東芝 -
1982年(第37回) 日本石油 -
1983年(第38回) 東芝 -
1984年(第39回) プリンスホテル -
1985年(第40回) 日本鋼管 -
1986年(第41回) 熊谷組 -
1987年(第42回) 日本通運 -
1988年(第43回) 日本石油 -
1989年(第44回) プリンスホテル -
1990年(第45回) 熊谷組 -
1991年(第46回) 日本石油 -
1992年(第47回) NTT東海 -
1993年(第48回) 日立製作所 -
1994年(第49回) 日本石油 -
1995年(第50回) 日本石油 -
1996年(第51回) 東芝 -
1997年(第52回) 日本生命 -
1998年(第53回) 日本通運 -
1999年(第54回) 東芝 -
2000年(第55回) 日産自動車 -
2001年(第56回) JR東日本 -
2002年(第57回) 日産自動車 -
2003年(第58回) 東芝 8-4 日立製作所
2004年(第59回) 東芝 4-2 三菱ふそう川崎
2005年(第60回) JR東日本 6-2 シダックス
2006年(第61回) 日産自動車 8-7 シダックス
2007年(第62回) JR九州 9-0 ホンダ鈴鹿 同年度から、優勝チームに日本選手権への出場権が与えられる。
2008年(第63回) 新日本石油ENEOS 5-3 JR東日本
2009年(第64回) 新日本石油ENEOS 4-2 三菱重工横浜
2010年(第65回 富士重工業 4-1 新日本石油ENEOS
2011年(第66回) JX-ENEOS
NTT西日本
[1]
- 東北地方太平洋沖地震東日本大震災)の影響で、
8月に開催する予定だった同年度の都市対抗野球
秋に延期となったため、日本選手権の開催は見送りとなった。
2012年(第67回 JFE東日本 3-2 日本通運
2013年(第68回 Honda 5-3 JX-ENEOS
2014年(第69回 JFE東日本 8-0 日本製紙石巻 決勝戦は7回コールド。
2015年(第70回 富士重工業 1-0 Honda
2016年(第71回 日本新薬 3-1 新日鐵住金かずさマジック
2017年(第72回 トヨタ自動車 6-1 Honda
2018年(第73回 Honda 4-3 Honda熊本

注釈[編集]

  1. ^ 3月11日の決勝戦1回途中に東北地方太平洋沖地震が発生しノーゲームとなり、3月18日に再試合を行なう予定であったが、地震に伴う東日本大震災を考慮し中止となり両チームが優勝となった。

文献[編集]

関連項目[編集]